あんこ大好きコピーライターのヤミツキあんこ【第3回】

食べれば気分も運気もアガる!? 和と洋のマリアージュが楽しめる「博多運盛」の「運盛ようかん」

公開日

ライター亀井玲奈

カメラマン亀井玲奈

博多運盛

亀井玲奈

白米よりもおはぎを食べる日のほうが多い、あんこ大好きコピーライター。日本あんこ協会あんバサダー。広告制作に携わる傍ら、福岡を中心に全国のあんこのお菓子を食べ歩きながらあんコラムを執筆中。
Instagram:everyday_ankovsky

  • LINE

甘いものが大好きで、中でもあんこはダントツ1位!というコピーライターの亀井玲奈さん。あんこの話をし始めると止まりません。そんな亀井さんに、何度もリピート買いしているヤミツキ度の高いあんこのお菓子を4回に渡って教えていただきました。

「博多運盛」の「運盛ようかん」(各800円)

ワイン通の知人から、「ワインとドライフルーツ入りの羊羹って、けっこう合うんだよね」と聞いて以来、そのマリアージュが気になって仕方がなかった私。密かに全国のいろいろな羊羹を買い求めてはチェックする中でたどり着いたのが、地元福岡の「博多運盛」の「運盛ようかん」です。

博多運盛

正直に言うと、子どもの頃は小豆がしっかり感じられる“つぶあん派”で、つぶつぶがない羊羹の美味しさが分かるようになったのはここ数年のこと。羊羹の魅力に開眼してからは、今までの分を取り戻すかのようにせっせと羊羹を食べています。

手に持ったときのずっしりとした重みと、切り分ける刃に吸い付くようなみっちり感、季節を映し込んだ断面の美しさに見惚れながらいただく、上品で濃厚な甘さ……。シーズン毎に限定品を嬉々として食べる私の姿を見て、なんと今年のお誕生日には、友人が羊羹1棹をプレゼントしてくれました(笑)。

博多運盛

そんな中で出逢った「博多運盛」の「運盛ようかん」は、ちょっと個性的なお品。私のイチ押しは、黒餡にたっぷりとダークチョコレートを練り込んだ「黒」です。一口めから濃厚なダークチョコレートの味と香りがぐっと迫ってきて、いわゆる“ドライフルーツ入りの羊羹”とは全く違う代物。ダークチョコレートのほんのりとした苦みと、黒餡のしっかりした甘さが感じられて、和とも洋とも言い難い複雑な味わいが楽しめます。

博多運盛

しっかりしたボルドーの赤ワインや、深煎りの珈琲にも負けない個性を持っているので、昼と夜、アルコールの有無など、どちらの席でもいける頼もしい存在です。

博多運盛

こちらの「運盛ようかん」、白餡にホワイトチョコレートを練り込んだ「白」も人気。乳白色のやさしい色合いの中にオレンジ・アーモンド・レモン・レーズン・パインなどのドライフルーツやナッツが贅沢に散りばめられた様は、断面マニアじゃなくてもかなりときめきます……。

博多運盛

柑橘の爽やかな味と香り、さらにホワイトチョコレートと白餡のまったりとした甘さが楽しめる、見た目以上にインパクトのあるお味で、フレーバーの効いた紅茶とも相性抜群です。

そして、お味や見た目以外にも、私がこの「運盛ようかん」を推す理由は、商品への並々ならぬこだわりにぐっときたからなんです。

「博多運盛」のお菓子は、“「ん」のつく名前の野菜を食べて「運」を盛る”という昔ながらの縁起担ぎ「運盛り」がテーマで、看板商品の「うんどら」にはさむ餡も、「ぎんなん」「にんじん」「いんげん」「れんこん」……と、すべて「ん」のつく食材を使用しています。

博多運盛

さらにこのこだわりは、羊羹に使われる素材にも活かされていて、ジンジャー・マロン・マンゴー・ピーカンナッツ・いよかん・レモン・オレンジ……と全て「ん」がつく食材で統一されているんです!

博多運盛

「ん」のつく食材を探すだけでも大変ですし、お菓子づくりに使えるかどうかや、ほかの材料との組み合わせやバランスも難しいはず。看板商品だけならいざ知らず、他の商品にもしっかりこだわり抜くその姿勢に、「美味しい縁起菓子をお届けしたい」という強い想いを感じました。

博多運盛

その想いは、お菓子だけでなく、「博多運盛」のさまざまな場所に散りばめられています。
例えば、お店の内壁やパッケージには、「長寿吉兆」の象徴とされ、金運上昇にも良いとされる亀甲模様があしらわれ、贈答用には「運が重なる」お重箱や「運やご縁を結ぶ」水引などもお願いできます。

博多運盛

店舗より提供

そして、「うんどら」のちょっと変わった形のパッケージにも理由が。こちらのパッケージは、「うんどら」4個入りをご購入の際、ご希望のお客様へ無料サービスでお付けしているもので、「真四角ではなく、横から見ると台形になっているんです。転ばない、たためない、つぶれないということから、開店祝いとしても喜ばれています」と店長の前島洋子さんから教えていただきました。

博多運盛

可愛くて縁起がよく、しかも美味しい「博多運盛」のお菓子は、界隈の秘書の方々からも、お客様へのお土産品として人気なのだとか。
「お土産にいただいたものが美味しくて、と買いに来てくださるお客様もいらっしゃいます。親子で買いに来られる方や、男性のリピーターの方も実は多いんですよ」と前島さん。

博多運盛

甘いものを食べるとなんだか元気がでるけれど、縁起物の「博多運盛」のお菓子なら、さらに運気まで上がりそう! 大切な人へのお土産にはもちろん、頑張る自分をちょっと労わりたいときにもオススメです。

\ この記事をシェア /

店舗名

博多運盛

ジャンル

  • スイーツ

住所

福岡市博多区上川端町12-31 小河ビル1F

電話番号

092-282-0017

営業時間

10:30〜18:30 

定休日

日祝日

メニュー

うんどら(4個入り)648円、(8個入り)1,404円、麩のよかラスク(和三盆・博多生しょうゆ・林檎シナモン・黒胡椒チーズ)各778円、いつのよも1,404円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月