福岡の王道ドライブルート・糸島で食べるべきラーメン5選

公開日

最終更新日

ライター上村 敏行

カメラマン上村敏行

穂と花トムヤムクンラーメン

糸島

塩そば おしのちいたま/炎や/ITO DESSIN/ラーメン しまそば/鯛らーめん 穂と花

上村敏行

1976年鹿児島市生まれ。株式会社J.9代表取締役。2002年、福岡でライター業を開始。同年九州ウォーカーでの連載「バリうまっ!九州ラーメン最強列伝」を機にラーメンライターとして活躍。各媒体で数々のラーメンページを担当し、これまで1万杯以上完食。取材したラーメン店は3000軒を超える。ラーメン界の店主たちとも親交が深く、久留米とんこつラーメン発祥80周年祭、福岡ラーメンショー広報、ソフトバンクホークスラーメン祭はじめ食イベント監修、NEXCO西日本グルメコンテストなど審査員も務める。ラーメンライターとしての活躍はイギリス・ガーディアン紙、ドイツのテレビZDFでも紹介された。「九州の豚骨こそ最強!」を掲げる「RAMEN WONK KYUSHU(ラーメンワンク九州)」主宰https://rwk-j9.com

  • LINE

糸島は今、ラーメンも熱いんです!

福岡近郊で大自然を満喫できる、言わずもがなの大人気エリアですから、今夏訪れる予定の方も多いでしょう。
ランチスポットで真っ先に挙がるのは、やはりお洒落なビーチカフェなど、糸島らしい店なんだろうと思います。
しかしながら、
“ラーメン”を選択肢に加えるのも絶対にアリ!
そう前のめりで言いたいほど、糸島はラーメンも実力派揃い、そして動きが活発なんです。

古より根付く豚骨に最新の塩&醤油ラーメン、さらにはご当地感ばっちりの鯛ラーメン。
ジャンルも多彩になり、糸島のラーメンもますます楽しくなってきました。今回は、毎週末現地をふらついている僕的にオススメの“今食べるべき糸島のラーメン5選”をご紹介。

海遊び、山遊びの行き帰りにサクッと立ち寄れてパワーを充填できる。
それも“糸島でラーメン!”をプッシュする理由です。

塩そば おしのちいたま(糸島市前原)

糸島ブランドを牽引する「またいちの塩」が屋号を逆に読む名の塩そば専門店を昨年10月、前原駅近くに開きました。「糸島はラーメンもおもしろい!」と、印象づけるきっかけになった店だと思います。長〜い揚げゴボウが丼の上に橋のように架かり、その他の具は別皿で添える洗練されたビジュアル。何と言っても、塩を知り尽くしたプロですから塩味(えんみ)の表現の仕方が見事なんですよね。

おしのちいたまラーメン2

スープは動物系、節系、野菜をたぎらせすぎないように炊いた清湯。卓上には「えび塩」「たる底塩」「金ごま塩」と味の変化を楽しむ3種の塩が用意されています。あくまで塩が主役なので「えび塩」もエビ感は控えめ、他の塩と同様に繊細な塩の甘み、丸みを感じるような塩梅に仕上げられています。もちろんそのままでも美味しい塩ラーメンとして完成されているわけで、そこに塩を追加しても強いしょっぱさを感じさせず、食後も心地よい余韻が広がるように緻密な計算で作られているんですね。

おしのちいたま塩

僕が昨年のオープン前に試食させていただいた時に店主の平川秀一さんは、この塩のチョイス、提供の仕方を最後まで試行錯誤を重ねてらっしゃいました。最終的には、既存の塩にラーメン専用で開発したものも合わせた3種に。そして、レンゲで少しずつ溶かしながら食べるという現在のスタイルに行き着きました。

店内は、牧野伊三夫さんが描いた巨大なアートが印象的ですが、僕的にもう一つ見ていただきたいポイントがあります。
それはズバリ、麺釜。
オープンキッチンの中にドスンと据えられている珍しい銅製の麺茹で釜。熱伝導が良いだけでなく、使い込むごとに味が出て馴染んでいきます。
平川さんいわく、注文から4ヶ月かかった特注品だとか。
このタイプの釜を使っているところをぼくは他に知りません。

おしのちいたま麺釜

また今春より、裏庭に「おしのちいたま 麦酒庭(ビアガーデン)」も登場しました。
昼と趣向を変えた「夜鳴きそば」(1000円)も楽しめます。

おしのちいたま外観

炎や(周船寺)

「安全食堂」「ラーメン力」「風靡」「なおちゃんラーメン」など、福岡西エリアから糸島にかけては豚骨ラーメンの名店も枚挙にいとまがありません。その“糸島豚骨部門”で、最近特に注目しているのが「炎や」です。
元は鶏の焼肉を掲げていたのですが、今年6月に“ホルモン焼とラーメン”へとメニューをリニューアルしました。
業態的には昼も営業する居酒屋でラーメンはあくまで2番手メニューになるのですが、これが専門店顔負けのすばらしい味わいです。

炎やラーメン

それもそのはず同店は「ラーメン処 西谷家」の姉妹店なんですね。
「西谷家」といえば、どろりとしたポタージュ系の高濃度豚骨で有名です。
それよりはあっさりとしていて(それでも“濃厚”の部類です)、どちらかというともう一つの系列店「銅鑼(どら)」に近い味わいですね。

豚の頭とゲンコツに背脂も浮かべながら強火で炊き込んだ「豚骨ラーメン」(600円)はガツン!としていて文句なしにうまい。
麺は、他系列と同じく自家製麺を使っています。

炎や チャンポン

そしてラーメンと同じ豚骨スープでつくった「チャンポン」もぜひ食べてもらいたいですね。
糸島のチャンポンはどちらかというと食堂系のシンプルなものが多いのですが、「炎や」の「海鮮チャンポン」は、エビ、ゲソ、アサリなど具もよりにぎやかで、何よりベースのスープが濃いのでパンチ大!
広々とした小上がり席も備えているので子供連れのファミリーにもオススメしたい店です。

ITO DESSIN(糸島市志摩桜井)

5月28日、櫻井神社近くにオープンした注目店です。
築130年を超える古民家を改装した店構え、よく手入れされた庭を抜けるアプローチも特別感があります。店主の山崎宏太郎さんは、二見ヶ浦の「パームビーチ」で長年料理長を務め、「焼とりの八兵衛」でも腕を磨いてきました。サーフィンが趣味だったこともあり、修業時代に福岡市から糸島へ移住。自宅にも近いこの場所を独立開業の舞台に選びました。

ITODESSIN外観

「なぜにラーメンを?」 との問いに山崎さんはこう答えます。
「確かに僕の料理人のキャリアはイタリアンなど洋食が主ですが、元から無類のラーメン好きなんです。『パームビーチ』時代はまかないでラーメンを作っていましたし、『八兵衛』でも締めのメニューで白湯ラーメンを出していたので経験はありました。慣れ親しんだ糸島で自分の店を出すとなった時、ご近所さんも観光の方も共に気軽に来ていただけるとの観点で行き着いたのがラーメン。店の改装を進めながら“自分ならではのラーメンは何か”を研究しました」。

ITODESSIN 博多地鶏白湯麺

入口の看板にも掲げている「糸島創作らぁ麺」とは、山崎さん自身のイタリアンの経験を随所に散りばめたラーメンです。5種のチーズを使用した「SIOファルマッジらぁ麺」(1000円)のほか、よりシンプルな「淡麗SIOらぁ麺」(1000円)、写真の「博多地鶏白湯麺」(1000円)など、すべてのメニューにドライトマトが添えられていて、セットはごはんかバゲットが選べます。ベースとなるスープは、宮崎地頭鶏の丸鶏や糸島豚、はかた地どりなどを贅沢に使用。

そして、何と言っても、チャーシューがうまいですね。
糸島豚の肩ロース肉を厚めに切った低温調理のレアチャーシュー。
より肉肉しい感じを楽しむには、スープの熱が入る前にかぶりつくのがおすすめです。

僕は3度訪問したのですが、未食となっているのが「糸島醤油の極上らぁ麺」(1200円)。
「カノオ醤油」「ミツル醤油」「北伊醤油」という糸島の3つの醤油をブレンドしたラーメンダレを使っているそう。次回試してみたいと思います。

ラーメンしまそば(糸島市小富士)

糸島ブームの火付け役とも言えるビーチカフェ「サンセット」の姉妹店としてオープンし、今年5月で1周年を迎えました。塩と醤油ラーメンがメニューの柱で、さらには白湯ラーメン、不定期で提供する創作麺もあり飽きのこないメニュー構成。僕自身糸島で最もヘビロテしているラーメン店です。

スープは鶏ガラの動物系と、多彩な乾物を使用した魚介系を別取りして合わせる“ダブルスープ”。ちなみに、同じ寸胴にそれぞれの素材を合わせて入れて炊く手法は“一本炊き”と呼びます。一般的にダブルスープは魚介の繊細な風味をより立てる狙い、一本炊きは豚骨魚介など“力強さ”を出したい場合に用いられます。

しまそば醤油あじ玉

同店のダブルスープは16種の素材を使い、下処理から含め、完成までに丸3日かけて丁寧に仕込まれています。塩ラーメンは佐賀県・加唐島の天然塩、写真の「醤油のり玉」(820円)には地元糸島の「カノオ醤油」「北伊醤油」をブレンドして使用。
ジャンルは淡麗系ですが、物足りなさを感じさせないコクと旨味。見た目の印象よりもしっかりとした味付けになっています。糸島産のラー麦と全粒粉で作る自家製中細ストレートとの相性もいいですね。
また、具材では白玉団子がおもしろいです。初見ではウズラの卵に見えるんですが、これがプニッ、モチッの楽しい食感。中には豚ひき肉が詰まっています。

しまそばチャーシュー丼

さらには、厳選したお米を使ったごはんもうまいですね。
肉が覆うチャーシュー丼(480円)。これが鉄板のサイドメニューです。

鯛らーめん 穂と花(糸島市高田)

糸島で約45年営業する「一力寿司」の鮨職人、西原良史さんが考案した「鯛らーめん」。寿司店と同じ建物で屋号を変えた「鯛らーめん 穂と花」で楽しむことができます。約4年前のデビュー以来、主役の鯛だけでなく麺も糸島産ラー麦100%へ、具材、調味料も含めてより「メイイドイン糸島」へとブラッシュアップしてきました。

ハーブソルトで程よく締め、ふんわりと仕上げた鯛ハム。
松(松の実)、竹(メンマ)、梅(煎り酒のカエシ)も盛り込んだ、めでたすぎるラーメン。
さらには、スープが力強い“鯛白湯”であることもポイントです。

穂と花鯛らーめん

「鯛のラーメン」というと、お吸い物のような澄んだスープを連想するかもしれませんが、同店のものは白湯(白濁系)。動物系素材を使わずに濃度を上げるため、とにかく大量の鯛のアラが使われています。魚由来のパンチ、飲みやすさを兼ね備えたスープですね。

穂と花トムヤムタイラーメン

また、バリエーションの一つである「トムヤムタイラーメン」(1000円)も個人的におすすめです。遊び心のある西原さんが“鯛”と“タイ”をかけて作ったもので、スープをスパイシーなトムヤム風味に。鯛ハムの代わりにエビが盛り付けてられています。鯛の味わい、風味がより立っているのは定番のラーメンの方ですが、“鯛らーめんの変化球”としてはかなり完成された一杯ですね。

同店は来春のリニューアルオープンに向け、今秋より工事に入ります。
ですので「鯛らーめん」が食べられるのは8月いっぱいまでの予定です。
今夏急いで食べに行ってください。

店舗名

塩そば おしのちいたま

ジャンル

  • ラーメン

住所

福岡県糸島市前原西1-6-22

電話番号

092-330-8732

営業時間

11:00〜16:00/17:00〜20:00(ビアガーデン17:00〜20:00※夏季延長の予定あり、土日祝15:00〜)、LO各30分前

定休日

木曜

席数

  • カウンター14席
  • テーブル24席
  • 小上がり8席

個室

8名

メニュー

塩そば1300円、追加の具各200 円、今日のあて500円、糸島ビール600円、夜鳴きそば1000円

店舗名

炎や(えんや)

ジャンル

  • ラーメン

住所

福岡市西区周船寺3-19-11

電話番号

092-983-7817

営業時間

11:00〜21:00

定休日

不定

席数

  • カウンター4席
  • テーブル24席
  • 小上がり16席

メニュー

豚骨ラーメン(600円)、チャーシュー麺(870円)、鳥ラーメン(600円)ホルモンラーメン(980円)、海鮮チャンポン(800円)

店舗名

ITO DESSIN(イトデッサン)

ジャンル

  • ラーメン

住所

福岡県糸島市志摩桜井5478

電話番号

092-332-9690

営業時間

11:30〜15:30/18:30〜22:00(夜の営業は金・土・日曜・祝日のみ)

定休日

なし

席数

  • カウンター6席
  • テーブル12席
  • 座敷4席

メニュー

淡麗SIOらぁ麺1000円、SIOフォルマッジらぁ麺1000円、糸島醤油の極上らぁ麺1200円、博多地鶏白湯麺1000円

店舗名

ラーメン しまそば

ジャンル

  • ラーメン

住所

福岡県糸島市志摩小富士899

電話番号

なし

営業時間

11:00〜15:00

定休日

水曜

席数

  • カウンター6席
  • テーブル8席

メニュー

塩720円、塩のり玉820円、醤油720円、醤油のり玉820円、白湯720円、白湯のり玉820円

店舗名

鯛らーめん 穂と花

ジャンル

  • ラーメン

住所

福岡県糸島市高田5-20-8

電話番号

092-323-2015

営業時間

12:00〜14:30(LO14:00)

定休日

土・日曜※営業する場合もあり。要問合わせ

席数

  • カウンター4席
  • テーブル8席
  • 座敷12席

メニュー

鯛らーめん花1000円、鯛つけめん穂1100円、トムヤムタイラーメン1000円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)