不動産の銀行 大央《福岡食文化応援日記》

全国ブレイク直前! 博多を代表する非豚骨ラーメンの新鋭といえばココ

公開日

最終更新日

ライター中野 智恵

カメラマン岡浩之

大名

元祖トマトラーメン333三味大名店

  • x
  • LINE
UMARABI 新規会員登録はこちらから

2015年のオープン以来、福岡県下に7店、東京に12店、神奈川に2店、関西に2店(※2023年2月時点。福岡以外はデリバリー店)を展開するなど、昇竜の勢いで成長を続ける「元祖トマトラーメン333三味」(以下:「333三味」)。デリバリーサイト「出前館」では、福岡県のラーメンジャンルで13ヵ月連続1位を記録、21年4月には100万社以上が対象の「アジア太平洋地区急成長企業世界ランキング」で飲食業でアジア1位・日本1位(世界全法人78位・国内15位)となるなど、海外からも熱い注目を浴びています。まさに、豚骨一強だった福岡に、新風を巻き起こしている“博多の新名物”と言っても過言ではありません。また、大学生まで使える学割や、育児支援割引など、ユニークな販売戦略も「333三味」ならではです。

割引だけではない。野菜をたっぷりと使ったヘルシー&デリシャスなラーメンが女性たちのハートをしっかりゲット!

学割なら330円、育児支援割引なら家族全員が1杯390円(5人以上ならシメのチーズリゾットも1杯無料)、デリバリーなら送料無料で333円など、値上げ値上げの時代に信じられないような低価格でトマトラーメンを提供し続けている「333三味」。
しかし、博多の女子たちはいくら安くても、美味しくなければ絶対にリピートしません。やはり人気の理由はトマトラーメンの美味しさです。
長年かけて開発したスープは鶏ガラをベースに10種類以上の香味野菜を使用。そこに3種類のブランドトマトをブレンドし、今までの“トマトラーメン=酸っぱい”というイメージを覆すほどマイルドで旨味たっぷり! 甘みと酸味のバランスが抜群です。

麺は博多らしい中細麺。トマトのとろみが残るスープがよく絡みます。
また、トッピングもボイルした豚肉、セロリ、トマト、ほうれん草と彩りも鮮やか。ラードは使わずオリーブオイルのみとヘルシーなのも、女性には嬉しいポイントです。

ラーメンを食べた後、スープを丼の1/4くらい残しておけば、〆のチーズリゾット(300円)を作ってくれます。イタリアの高級粉チーズ「グラナ・パダーノ」がたっぷりと使われた熱々のリゾットは至福の味わい〜。お腹いっぱいになっていても、ついオーダーしてしまうリゾットです。

スープは各店で丁寧につくられています。「毎日仕込んでいるので、トマトのフレッシュな味わいを楽しめると思います。うちのスープは野菜たっぷりの“健美ラーメン”です」と店長の野口雄次さん。
さらに、もうひとつの看板ラーメンが「味噌辛麺」(720円)です。こちらは特製味噌を使ったピリ辛味で、ミンチやもやしをオン。辛さも5段階から選べます。このラーメンの後のリゾットはふわっふわの卵入りです。「元祖トマトラーメン」と「味噌辛麺」、毎回どちらにするか迷います。ちなみにトッピングはすべてプラス料金で増量可能。個人的にはセロリ増量(100円)がお気に入りです。

ラーメンだけにあらず!夜はもちろん、昼飲みにも使えるメニューがある

ラーメンだけではなく、“飲み”にも使えるのが「333三味」の強さ。厳選した国産もつがたっぷり入った「元祖トマトチーズもつ鍋」(1人前1,100円)はデリバリーでも大人気! これ、関東や関西でもオーダーが殺到しているそうです。写真は2人前ですが、1人前からオーダーできます。ラーメンだけではなく、もつ鍋も24時間味わえるってなかなかありません。また、餃子(写真のチーズ餃子は330円)や「とろとろ豚ナンコツ」(480円)、「生ハムサラダ」(430円)などのアテメニューも。さらに、なーんと14時から22時のハッピーアワーなら、生ビールやチャミスル、ワインなど、すべてのドリンクの飲み放題も1時間500円と破格です。

ワクワクする企画を矢継ぎ早に送り出し、三世代で楽しめる店へ

こんな嬉しすぎる企画を続々と送り出しているのがオーナーの宮下将司さん(写真左)です。2015年の開業時に大名エリアの電柱広告をジャックしたのもこの方です。以降、学割、育児支援カード(テレビ局が配布している「はじめて箱」に入っています)、テイクアウト、各種メディアでの割引、送料無料のデリバリーでトマトラーメン330円、冷凍トマトラーメンの開発など、次から次へと新企画を送り出してきました。さらに、新しいお店がオープンする時は1日333杯限定でラーメンを無料にする大胆ぶり。どの店も連日行列ができていました。

「うちのラーメンは原価がかかるので経営的には大変ですよ(笑)。でも、目指しているのは親子三世代に渡って通ってもらえる店。学生さんには「333三味」の味で青春時代を過ごしてもらい、大人になっても久しぶりにあの味を!と思い出してもらえるようになれたら嬉しいですね。一杯は安くしていますが、何度も来てくださるリピーターの方に支えられています!」と宮下さん。

「全国1000店舗!を目標に、年内に100店舗の展開を考えています。現在、大手食品メーカーと冷凍食品の開発も進めています。うまくいけば、年内にはスーパーでうちの冷凍ラーメンの販売ができるよになるかもしれません」と広報担当の内山翔太さん(写真右)。

非豚骨系を代表する博多ラーメンとして世界に飛躍!という日も遠くなさそうな「333三味」。24時間営業でいつでも訪れることができるのもありがたい限り。
まずは原点である大名本店で、目からウロコの美味しさに出会ってみてはいかがでしょう。

この記事は不動産の銀行 株式会社大央の提供でお届けしました。

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

元祖トマトラーメンと辛めん 333 三味 大名店(店舗写真

ジャンル

  • ラーメン

住所

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1丁目11−27 イルモンド大名TWO 1F 三味(333) 天神大名本店

電話番号

092-739-3335

営業時間

24時間

定休日

なし

席数

  • テーブル60席

個室

なし

メニュー

元祖トマトラーメン680円、シメのチーズリゾット300円、味噌辛麺720円、トマトもつ鍋1人前1100円、日本一のトマトスライス330円、ローストビーフ500円、炭火もも焼き500円、とろとろ豚軟骨480円

喫煙について

禁煙
  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
UMARABI 新規会員登録

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • ワンタップでUMAGAにアクセス!
  • メルマガ会員募集