宝石級の魚介に惣菜も。最新鋭の鮮魚店が白金に!

公開日

最終更新日

ライター森絵里花

カメラマン森絵里花

博多トロバコ

白金

博多トロバコ

  • LINE

鮮魚店と聞いてイメージするのは、市場や商店街にある昔ながらの魚屋さん。ザルの上に魚が並び、長靴を履いて防水の前掛けをした店主が迎えてくれる、なんて姿を思い浮かべますが……。

博多トロバコ

昨年12月10日、白金に誕生した鮮魚店「博多トロバコ」は、そんな私の想像とまったく違っていました。外観も内観もスタイリッシュです。

博多トロバコ

店を手掛けるのは、飲食店専門で魚を卸す鮮魚卸「株式会社g-life(ジーライフ)」(博多区吉塚)。高級寿司店や日本料理店、星付きフレンチ店など、プロ御用達の魚を気軽に購入できる店というわけです。

笑顔で迎えてくれたのは、料理長の外尾憲一郎さん。鮮魚店に料理長?と不思議に思ったのもつかの間、魚介が並ぶショーケースの上には、「おまかせお造り盛り合わせ1人前2,160円……」「本日の旬魚」といったお品書きが。

博多トロバコ

そう、ここでは購入した鮮魚を捌いてもらえるだけでなく、その場でおかませの刺し盛りも作ってもらえます。美味しい食べ方を教えてもらったり、贈答用の魚も注文できますよ。

寿司店のネタケースをイメージしたというショーケースは圧巻。長浜鮮魚市場をはじめ、全国各地の漁師からも仕入れる魚介が、宝石のように輝いています。

京都・丹後半島の「間人(たいざ)漁港」で水揚げされる高級ブランドガニ「間人ガニ」は、東京・豊洲市場でもなかなかお目にかかれない代物。
水揚げ後の処理技術が高く日本随一の品質と謳われる、津軽海峡・戸井の活〆鮪もドドン。さらには、熟成させた本アラや寒サワラ、下処理を施した白子、子持ちの牡丹海老から白えび、信州サーモンなんて珍しいものまで!

博多トロバコ

「大切なのは、鮮度の良さだけではないんです。活魚以外は、漁獲して、市場に届いて、鮮魚店が仕入れ店頭に出すまでに、血抜きや氷締め・神経締めといった下処理をいかに適切に施しているかで質はぐんと変わりますし、熟成させた方がうまい魚もある。うちの強みは、それを見極めた仕入れと魚への仕立てです」。

そう話す外尾料理長は16歳からこの道に入り、料亭や寿司店でも腕を振るってきた和食歴40年の大ベテラン。実は「株式会社g-life」の代表・樋口佳是さんも元々は和食の料理人で、2人はかつて市場で良い魚を奪い合うライバルだったのだとか。

博多トロバコ

樋口代表は、“いつか自分の店を開く時のために”との思いで2009年に「株式会社g-life」を設立。料理人目線の目利き、魚の仕立てでプロの心を掴み、今では福岡や関東をはじめとした飲食店100軒以上に魚を卸しているそう。そしてコロナ禍が一つの転機となり、長年温めていた小売店開業の計画を本格始動することに。

「これまでとは違う新業態をやりたい。鮮魚の小売と飲食店展開への第一歩を踏み出したい」。そんな樋口代表の思いに賛同し、外尾料理長は2年前から「株式会社g-life」に入社して共に準備を進めてきたのだとか。

博多トロバコ

空間の設えやそろえる魚介だけでなく、私が“これまでの鮮魚店と違う”と感じたのは、オススメの逸品「海鮮丼上」(2,160円・写真上)。嬉しいことにネタとご飯が別盛りなんです(写真はネタのみ)。車海老にウニ、銀彩が美しい太刀魚に、皮目を炙ったサワラやヤイトガツオなど、高級寿司店に負けない質と内容に目を見張ります。

博多トロバコ

その他、1本を5等分して竹皮に包んで販売する「鯖一本寿司」(980円)も、外尾料理長の腕が光る逸品。絶妙な塩梅で酢締めされた、艷やかで厚みのある鯖が見事です。

博多トロバコ

また、ショーケースの前には煮物やフライといった、仕入れによる魚で作る惣菜のコーナーもあります。宮崎のブランドシロサバフグ「金ふぐ」のフライやタラの味噌漬けなど、日替わりで2種類の魚を盛る贅沢な「のり弁」(1,200円)もおすすめです。

博多トロバコ
博多トロバコ

入口正面には、「博多トロバコ」自家製の「牡蠣オイル」をはじめとした加工品や調味料などの販売コーナーも。宮崎県島野浦島で漁師が作る「濃厚鯛ほぐし」や、グローサリー「&LOCALS」の商品も数点取り扱っています。

店舗の左奥にはオープンキッチンに面したカウンター席があり、「いずれは出来たての料理をその場で味わえるようにしたい」とのこと。楽しみは尽きません。

“日々の魚と特別な魚”に出会える「博多トロバコ」で買い物すれば、おうちご飯をもっと豊かに、グレードアップできそうですね。

店舗名

博多トロバコ

ジャンル

  • 食物販店
  • 惣菜・弁当
  • 生鮮

住所

福岡市中央区白金2-15-18

電話番号

092-791-8918

営業時間

11:00〜19:00

定休日

水曜、第2、4木曜

メニュー

おまかせお造り盛り合わせ1人前2,160円、2人前4,320円、3人前6,480円 、牡蠣オイル850円、煮魚名人(煮魚用調味料)760円、濃厚鯛ほぐし・醤油1,510円、塩1,620円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)