石本加奈の酒場ポテサラ巡り【13】

「米と葡萄 信玄酒店」の「柚子胡椒と山椒のポテサラ」

公開日

ライター石本加奈

カメラマン石本加奈

石本加奈

お酒大好き、酒場でみんなで飲むのも好きだけど、ひとり飲みもこよなく愛する社会人大学院生。
好きなお酒はワイン(特に自然派ワイン)、日本酒、ビール。
インスタID jopparine

  • LINE

柚子胡椒と山椒がアクセント

今年の5月で7周年を迎えた平尾の「米と葡萄 信玄酒店」。豊富なラインナップの日本酒と自然派ワインに、上陽牛や上陽豚など八女の食材を使用した料理をはじめ、お酒にぴったりな料理を楽しむことができます。

「信玄酒店」の「柚子胡椒と山椒のポテサラ」(680円)は、見た目はシンプル。ところが食べてみるととても個性的! 柚子胡椒と山椒がしっかりピリッと効いていて、具材は炒めたタマネギの他、刻んだコルニッションにケッパーとなかなか個性的です。食感はとても滑らかで、フワッとしているのも珍しい。
合わせるお酒は、日本酒はもちろん、自然派の白ワインもおすすめ。すっきりとしたドイツのシャルドネを合わせてみたところ、これがもう相性が抜群でした!
追加でオーダーした「大人の鯵フライ」(1180円)もこれまたお酒が進む一品で、生ビール、白ワイン、日本酒を3杯を飲んで充実な夜でした。

店舗名

米と葡萄 信玄酒店

ジャンル

  • 居酒屋

住所

福岡市中央区平尾1-12-21

電話番号

092-985-9744

営業時間

17:00〜入店25:00

定休日

月曜

席数

  • カウンター8席
  • テーブル20席

個室

2〜20名

メニュー

柚子胡椒と山椒のポテサラ680円、八女上陽豚のロースト1800円、八女上陽牛のロースト3000円、ごま鯖〜信玄の特製胡麻だれ〜980円、アボカドと鴨の焼き浸し900円、大きいマカロニサラダ480円、らんらんらん1300円、塩鯖と明太子の土鍋飯2000円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)