福岡の至宝と呼びたい老舗飲食店【4】

博多ならではの「戦国焼鳥」を代表する老舗焼鳥屋

公開日

最終更新日

ライター江月義憲

カメラマン江月義憲

川端

天下の焼鳥 信秀本店

  • LINE

独自の焼鳥文化を持つ福岡の中でも、強烈な存在感を放っているのが「戦国焼鳥」と呼ばれるジャンルの焼鳥店。その店名も、「信長」「家康」といえば日本人なら知らぬ人はいない「三英傑」の二人だが、「信秀」と聞いて一瞬「誰?」と思う人も多いではないだろか。筆者のような日本史好きにとっては思わずニヤリとするネーミングで、実は信長の父親が信秀。「信長より大きな存在になりたい」という、創業者・安岡英雄さんの思いが込めれた屋号なのだ。前身は安岡さんが昭和39年(1964年)に川端で創業した屋台「信長」で、その後実店舗を構えて博多座横に移転してから約30年になる。

信秀外観

店を訪れたのは、おりしも博多祇園山笠の真っ最中。下川端町周辺では水法被、長法被をまとった男衆が闊歩し、開店間もない店内にも祭の熱気が漲っているようだった。
カウンターに着き、とりあえず好みの焼鳥を注文すると、間もなく出てくるのが皿に盛られた生キャベツだ。諸説はあるが、このキャベツと酢ダレのサービスを最初に始めたのが「信秀」といわれている。安岡さんが若い頃、「大阪の鉄板焼屋でソースをかけたキャベツが出てきたのがヒントになった」という。それが客の間で評判となってまわりの焼鳥屋に広まり、いつしか博多のスタンダードになったというわけだ。

信秀焼鳥1

カウンター前のネタケースに整然と並べられたネタを見ただけで、丁寧に仕込みされていることがすぐに分かる。焼鳥は1本130円からで、串に刺されたネタは小さからず、大きからず。程よいサイズに切り分けられた具材を塩かタレで味付けし、焼き上がった順番にキャベツの上に乗せてくれる。
写真は左から鳥ミンチボール、オクラのバラ巻、豚バラ、ニラとシソのバラ巻といった定番の串ものと巻きもの。アツアツの焼鳥にかぶりつく→生ビールで流し込む→酢ダレをかけた生キャベツを囓るというルーチンを繰り返して、あっという間に完食。これぞ、博多の焼鳥屋の正しい作法だ。キャベツがなくなれば、もちろんすぐに継ぎ足してくれる。

信秀焼鳥2

間髪入れずに、残りの串が続けてキャベツの上に着陣。お次はミニトマトのバラ巻、鳥皮、鳥のモモ肉といったラインアップだ。今でこそトマトの巻きものは珍しくないが、実は30年ほど前に安岡さんが考案したものだという。他にも豚足を串焼きにアレンジした「美人串」(280円)などのオリジナルメニューもあり、開店当時は10種類そこそこだった串ものが今では40種類を超える充実ぶりで、この店から博多の定番となったメニューも多い。

信秀床漬

焼鳥をひと通り食べた後は、箸休め的に「自家製床漬」(440円)でひと休み……。と、これがまた酒に合うもので、箸休めにはなっても、グラスが空くことはないのであった。

信秀手羽先

ぜひとも外せない「ピリ辛手羽先」(600円)は、程よい辛味がクセになる美味しさで、さらに酒のグラスが進むこと請けあいだ。お腹に余裕があれば、おにぎりや4種類のお茶漬けで〆るのも良し。まさに博多の焼鳥屋の王道を楽しむことができる。

信秀天守

創業者の大将・安岡英雄さんも健在でまだまだお元気だが、現在は二代目の英治さんが店を切り盛りしている。福岡出身のタレントや来福した著名人をはじめ、店の壁には今までに訪れた数え切れない程多くの客の写真がビッシリと張られている。キャベツと酢ダレ発祥の店として、福岡の食文化の歴史の中で決して忘れられることのない焼鳥屋だ。

信秀店内
信秀店内2
信秀メニュー

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

天下の焼鳥 信秀本店

ジャンル

  • 焼鳥

住所

福岡市博多区下川端町8-8

電話番号

092-281-4340

営業時間

16:30〜OS22:30

定休日

月曜

席数

  • カウンター21席
  • テーブル12席
  • 掘りごたつ10席
  • 座敷60席

個室

なし

メニュー

豚きも130円、鳥皮150円、豚バラ220円、鳥ミンチボール190円、地鶏串焼260円、オクラのバラ巻260円、オクラのバラ巻260円、ニラとシソのバラ巻290円、ミニトマトバラ巻290円、自家製床漬440円、ピリ辛手羽先600円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)