豚バラ、野菜巻き……博多の王道焼鳥【5】

どストレートな超王道! 中洲脇にある看板のない焼鳥屋

公開日

最終更新日

ライター鹿毛望

カメラマン鹿毛望

中洲・川端

やきとり酒場 池屋

  • LINE

川端通商店街と博多川の間にあるビルに入った「やきとり酒場 池屋」は、知る人ぞ知る看板のないお店。ちょっと勇気を出して「ローズマンション川端」の2階へ上がってみました。

店舗より提供

思い切って扉を開けると、平日にもかかわらずカウンターも奥のテーブル席もお客さんで賑わい熱気ムンムン。60年代〜70年代の懐かしい歌謡曲が流れる中、ネタケースには美しく整えられた串が並べられ、「これは良店!」と期待が高まります。

店主の池谷壮礼さんは、山梨で医療・産業用のカメラの設計に携わっていた元エンジニア。話を聞いていると「鶏の肝は凝固点を見極めながら焼いています」「もつ鍋は塩分濃度を計算していて……」など、バリバリの理系らしいコメントが飛び出します。

今年で9年目を迎える「池屋」。常連客で席が埋まるため、数年前から看板を外してしまったそう。しかし「なんだか敷居が高い店?」という心配は無用です。池谷さんもスタッフの皆さんも気さくな方ばかりで、一見客もあたたく迎えてくれます。

さて、早速お目当ての焼鳥を注文してみましょう。左から、刺し身用の肉を使った鮮度抜群の「砂ズリ」。脂身が旨い無菌豚を楽しめる「豚バラ」。肉厚にカットされた「牛さがり」は、まるでステーキを食べているような満足感です。博多弁丸出しで注文したい「しぇしぇり(せせり)」は身が締まっていて美味。「鶏きも」は、ふわふわトロットロの食感で、店の看板メニューというのも納得の一本です。

あまりの美味しさに「鶏きも」を追加で注文してしまいました。くさみのない肝に、鶏のガラや干柿などを使って1週間かけて熟成させた濃厚なタレがマッチし、とろけるような味わいです。飴色の艶にもうっとり!

店名に“酒場”が付くだけあって、一品料理も充実しています。「生き〆 サバ刺」は、毎日サバ専門店で1本丸々仕入れる五島産のみを使用。お客さんの来店に合わせてさばき始め、さばいた後もまだ心臓が動いているという驚きの鮮度です。分厚くカットした身はコリッとした強い弾力の後に、濃厚な甘みが広がり、魚そのものの旨みを堪能できます。こってりとした風味のいいごまだれもあいまって、白米が欲しくなってしまう美味しさです(笑)

醤油ベースの「もつ鍋」も、他とはひと味違います。4日かけて昆布や鰹節でとった出汁を使っているので、一口スープを飲むとしょっぱさや甘さではなく深い旨みが感じられ、なおかつ後口は飲み干したくなるほどスッキリ。九州和牛の小腸もプリプリ。ふっくらとした厚揚げ「糸島あげ」も名脇役になっています。

「うちのメニューは超オーソドックス。定番のものばかりで珍しいものはないでしょう?」と笑う池谷さん。しかし一品一品のクオリティの高さに多くの人が心を捕まれ、地元からも県外からも予約がたえません。“とびきりうまい”を叶えてくれる、心強い存在です。

店舗名

やきとり酒場 池屋

ジャンル

  • 焼鳥

住所

福岡市博多区上川端町10-15 ローズマンション川端2F

電話番号

090-9483-5703

営業時間

19:00〜翌3:00

定休日

月曜、他不定休あり

席数

  • カウンター7席
  • テーブル16席

個室

なし

メニュー

砂ズリ180円、豚バラ190円、牛さがり480円、しぇしぇり(せせり)180円、鶏きも180円、鶏きも180円、鶏はつ180円、バリバリ鶏皮180円、しそ巻き270円、生き〆 サバ刺1,190円、もつ鍋1人前1,430円〜、有田鶏の手羽元280円、とろほっけ1,480円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月