西山健太郎の福岡フルーツカクテル紀行【26】

「Le Coeur」の洋梨のカクテル「ルクール ブランシェ」

公開日

ライター西山健太郎

カメラマン西山健太郎

「Le Coeur」の洋梨のオリジナルカクテル「ル・クール ブランシュ」

警固

Le Coeur(ルクール)

西山健太郎

福岡市役所に勤務するかたわら、2017年2月に樋口一幸氏(Bar Higuchi 代表)と非営利団体「福博ツナグ文藝社」を設立。福岡・博多の地域文化の魅力について独自の切り口で発信している。

  • LINE

ラ・フランスの魅力を存分に味わえるエレガントな一杯

Le Coeur(ル・クール)

今回は、薬院の「Le Coeur(ルクール)」を訪問。
オーナーバーテンダーの本田雅義さんは、中洲の「BAR HEART STRINGS」に12年勤めた後、2004年に同店の2号店「HEART STRINGS SECOND」の店長となり、2006年10月、その空間を引き継ぐ形で「Le Coeur」として独立開業した。
フランス語で「HEART」の意を指す「Coeur」というネーミングから「BAR HEART STRINGS」の橋本浩二マスターと本田マスターとの深い絆と厚い信頼関係を感じ取ることができる。

「Le Coeur(ル・クール)」の洋梨のオリジナルカクテル「ル・クール ブランシュ」

今回オーダーしたのは、洋梨を使ったオリジナルカクテル「ルクール ブランシェ」。
ベースのラムに、カットしたラ・フランスとシュガーシロップ、レモンジュースを加え、ブレンダー(ミキサー)にかけたものをグラスに注ぎ、最後にシャンパーニュをフロートして(表面に浮かべて)完成となる。
サーブされたグラスから漂うシャンパーニュのエレガントな香り、ラムの濃厚な味わい、ラ・フランスの高貴な甘さ、そして余韻を引き締めるレモンの風味。その贅沢な四重奏を五感で味わえる一杯には、ラ・フランスの発見者であり、「フランスを代表する果実」と命名したクロード・ブランシェ氏の名が冠されている。
薬院の住宅街に静かに佇むこの店には、洋酒、音楽、シガーといったオーセンティックバーの主要な要素が濃縮されており、本田マスターの優しさと心配りがその魅力をより一層引き立てている。

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

Le Coeur(ルクール)

ジャンル

  • バー

住所

福岡市中央区薬院2-13-28 ネオルッソ薬院 1F

電話番号

092-714-4188

営業時間

19:00~翌2:00

定休日

月曜

席数

  • カウンター8席
  • テーブル2席

個室

なし

メニュー

チャージなし、洋梨のカクテル「ルクール ブランシェ」1,980円、フルーツカクテル1,650円〜、カクテル1,320円~、ウイスキー880円〜、おつまみ220円~

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)