夜景にうっとり! 天神のリバーサイドでディナーを楽しもう

公開日

最終更新日

ライター鹿毛望

カメラマン鹿毛望

オボルドーフクオカの内観

中央区

天神イーストゲート

  • LINE

春真っ盛り! すっかり気持ちのいい季節になりましたね。こんな時期にぴったりなのがリバーサイドの解放感を楽しめる「天神イーストゲート」です。“天神の東の玄関口”「天神イーストゲート」は、天神中央公園 西中洲エリアの「旧福岡県公会堂貴賓館」と「HARENO GARDEN EAST&WEST」、水上公園の「SHIP’S GARDEN」の3施設からなるエリアのこと。水上バスが運航する那珂川沿いに、話題の飲食店が集まっていてグルマンにも注目されています。今回は、西中洲の夜景を一望しながら、ディナーを楽しめる店をご紹介しましょう。

野菜串と肉串が自慢の「鳴門」で、彩り鮮やかな串を満喫

鳴門のテラスからの眺望
鳴門の外観

色とりどりの野菜串と肉串が評判の「鳴門」は、夕方になるとお客さんが続々と吸い寄せられるように入ってくる人気店。カウンターと小上がりがあり、テラス席からは、写真のように川沿いに続く中洲のネオンを眺められます。ロケーションがいいと料理への期待もますます高まりますね。

「備長炭で焼く串物を常時40種以上揃えています」と店長の船越清士さん。その中でも串の“いいとこ取り”できるオトクな「鳴門6本セット」(2,090円)をオーダーしました。レタスを豚バラで巻いた「レタス巻き串」やトマトとベーコンがベストマッチな「トマト巻き」などの野菜串は、フレッシュな食感を残しつつ素材本来の甘みが引き出されていて、その職人技はさすがの一言。また「鳴門」は焼肉店「慶州」の系列店のため肉串の品質も折り紙付き。噛むほどに旨味が広がる「塩ミノ串」も絶品でした。

鳴門の料理2

単品メニューも揃っているのですが、私のお気に入りは「トロタン ステーキ」(1,430円)です。タンの中でも希少なタン元(トロタン)を、ほんのりピンク色のミディアムレアに仕上げたステーキで、プリッとした独特の弾力があり、ジューシーで濃厚な旨味を堪能できます。レモン、ワサビ、ヒマラヤ岩塩で味変しながら楽しんでいるとあっという間に完食していました。カクテルやハイボール、ワイン、日本酒などアルコールも充実しているので、ぜひテラス席でゆっくり過ごしてみては。

広東料理の人気店「西中洲 星期菜(セイケイツァイ)」が織りなす美食を堪能

星期菜の外観
星期菜の内観

水上公園にあり、那珂川に浮かぶように建つ広東料理の店「西中洲 星期菜」。店内はカジュアルとフォーマルにスペースが分かれていて、日常使いや記念日などシーンに合わせた使い方ができます。広い窓のある個室も3つ用意されていてプライベート感もたっぷり。そんな上質な空間で味わえるのは、気軽に楽しめるアラカルトメニューと九州の食材をふんだんに盛り込んだフレンチのサービスで提供される“シノワズリ”スタイルのコース料理です。

星期菜の料理

今回、8品楽しめる「中環(セントラル)コース」(9,000円)をいただきました。華やかな料理に感動の連続だったのですが、印象的だったのが「旬の海鮮料理」。半生に仕上げたやわらかな福岡産コウイカに、ほっくりとした食感の空豆やアスパラガス、グリンピースを合わせた一皿で、イカ墨と豆豉のソースがふわりと香り、春の味わいが口いっぱいに広がります。支配人の原田智明さんにお話を聞いたところ「「中環コース」や「粉嶺(フェンリン)コース」(12,000円)に入る、季節の海鮮を使った一品はいつも人気なんですよ」とのこと。夏はどんな料理が出るのか今から楽しみです。

星期菜の料理2

さらにオススメしたい海老を使ったアラカルトメニューがあります。奥の「大海老のマヨネーズソース 糸島産ハーブサラダ添え」(1,400円)は、大きなプリプリとした海老を使ったエビマヨに、糸島の採れたてハーブを盛り付けた一皿です。そのエビマヨを最中で挟んだものが、手前の「海老最中 スパイシーマヨネーズソース」(1個700円)。辣粉(ラーフェン)のほどよい辛みと最中のパリッとした食感がたまらない一品でした。

日本でここだけ! ボルドーワイン委員会公認レストラン「オ・ボルドー」

オボルドーフクオカの内観

「オ・ボルドー・フクオカ」は世界で3店しかないフランス・ボルドーワイン委員会(C.I.V.B)公認のワインバー。福岡市とボルドー市が姉妹都市であることから、国内では唯一ここだけにあるのだそう! 店内は壁一面が大きな窓になっていて、川沿いの風景を堪能できます。

オボルドーの内観

「ボルドーから直接輸入しているので、グラスワインをリーズナブルに、また珍しいワインも楽しんでいただけます」と店長の奥津海月さん。確かにメニューを見るとグラスワインは725円からと気軽に飲めるお値段。地下にワイン倉庫があり、店で飲んで気に入ったものを買って帰れるのもいいですね。

オボルドーの料理

料理のメニューはアラカルトが充実。手前のピリ辛な「チリコンカン」(900円)は、赤ワインで煮込んでいるのでワインとの相性も抜群! ワインに欠かせない「チーズ3種盛り」(1,760円)も注文しました。合わせたのは赤ワインの「クラウゼ」(グラス825円)。ボルドー産ワインは重めのイメージがあったのですが、こちらは軽やかな味わいで飲みやすく、グイグイ進んじゃいました。

そしてシメには、ワインと同じくボルドー生まれのスイーツ・カヌレを楽しめる「カヌレ&バニラアイス」(550円)を注文。こちらのカヌレは「チョコレートショップ」が手がけたラム酒をしっかりきかせた「オ・ボルドー」限定品です。一緒にいただいた白ワイン「セロン」(グラス2,420円)は、ボルドーを象徴する貴腐ワインで、軽やかな甘みがスイーツとよく合います。

「5月上旬には、コロナ禍で到着が延びていた5000本のワインがいよいよ到着するんですよ」と奥津さん。ワイン好きな方はもちろん、ワイン初心者の方にも嬉しい、気軽に訪れたいバーです。

この記事は、「天神イーストゲート」の提供でお届けしました。

店舗名

博多やさい巻串屋 鳴門 天神中央公園店

ジャンル

  • 焼鳥

住所

福岡市中央区西中洲6-36 HARENO GARDEN EAST

電話番号

092-731-8084

営業時間

11:30〜OS14:30/16:00〜OS23:30

定休日

なし

席数

  • カウンター10席
  • テーブル14席
  • 掘りごたつ10席
  • テラス28席

個室

なし

メニュー

豚バラ串180円、エリンギ巻き串300円、トロタン串800円、肉味噌冷やしピーマン430円、博多あごだし正油もつ鍋1人前1,400円、コース2,780円〜、鳴門ワンプレートランチ980円

店舗名

西中洲 星期菜(セイケイツァイ)

ジャンル

  • 中華料理

住所

福岡市中央区西中洲13-1水上公園SHIP'S GARDEN 2F

電話番号

092-721-0888

営業時間

11:30~OS14:00/17:30〜OS21:00(土・日・祝のみアフタヌーンティー15:00〜17:00あり)

定休日

不定

席数

  • テーブル52席
  • テラス8席

個室

2〜10名

メニュー

ランチ:星期菜担々麺950円、飲茶ランチ2,600円、ランチコース3,850円〜 ディナー:自家製窯焼き北京ダック1枚1,000円、海の幸入り白麻婆豆腐1,300円、コース6,000円〜

店舗名

オ・ボルドー・フクオカ

ジャンル

  • ワインダイニング・ワインバー

住所

福岡市中央区西中洲6-8

電話番号

092-712-4470

営業時間

13:00~OS22:00(日曜12:00〜OS20:00)

定休日

月曜

席数

  • カウンター6席
  • テーブル25席

個室

2〜10名

メニュー

グラスワイン715円〜、ワイン飲み比べセット(5種)2,000円、ウフマヨ330円、エビのアヒージョ990円、あまおういちごパフェ1980円、ランチ:チキンカレー1,100円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)