デビ高橋の「ごぶさたしてます」

バー ベスパ(中洲)

公開日

ライターデビ高橋

カメラマンデビ高橋

デビ高橋

福岡グルメや福岡ランチを紹介しているブログ「デビログ」を運営。「お肉博士1級」の資格も持ち、グルメ関連のキュレーター・講師・審査員を務めたり、福岡のテレビ・ラジオで活躍中。著書は「15年間毎日外食して、1万軒を食べ歩いた『デビログ』が見つけた福岡グルメの答え全100店」(KADOKAWA)。インスタID:devi_takahashi

  • LINE

「神吉さん、今日は福岡におるんやね」
「そうなんですよ。いろいろやらなければならないことがあって今週は福岡なんです。そうそう報告もあるんですよ。」
と神吉さん(私の隣り)

中洲でよく飲んでいた18~20年前に、同級生からカクテルを飲もうと誘われて行ったのが「バー ベスパ」だった。当時はカクテルについてあまり知識もなく、どこかの居酒屋で誰かが頼んだ時に出てくる、変な甘さがある美味しくない飲み物という認識だった。この時は同級生と一緒に時間を過ごすことが目的だったので、注文も適当だったと思う。しかし提供されたカクテルを一口飲んでびっくりした! 
「これなんなん?」
それは今まで飲んでいたカクテルとは全く別の飲み物だった。口当たりはなめらかで、ブランデーやオレンジ、レモンの香りがほのかにしており、変な甘さや苦味が一切ないので、冷たいジュースのようにゴクゴク飲んでしまった。
この「サイドカー」というカクテルを作ってくれたのが、バーテンダーの神吉英典(かんき えいすけ)さんだった。

提供:Bar Vespa 撮影:Hidetoshi Kikuchi

神吉さんは1995年に「バー ベスパ 福岡店」に入店し、当時オーナーだった媚山達己さんを師として修行を始めた。媚山さんは理論派で、質問の答えをしっかり返してくれる人だったらしい。毎日楽しそうに生きている姿に憧れたし、なにより媚山さんの作るカクテルが好きだったそうだ。

一人前のバーテンダーになるには10年はかかるらしい。最初の5年で基礎を身につけて、それを活かすのに5年かかるとのこと。しかし、神吉さんは入店して4年後の1999年には福岡店の店長になっていた。2007年には銀座店を立て直すために店長として転勤し、見事に立て直した後に経営を引き継ぎ、銀座店のオーナーバーテンダーとなった。その後福岡店の経営も引き継ぎ、2015年には札幌店をオープン。媚山さんがオーナーを務める熊本店、京都店とうまく連携をとりながら、現在3店舗を経営している。

入店してから27年で3店舗を経営するまでになった神吉さんに、バーテンダーで大事なことを尋ねたら「対応力」という答えが返ってきた。
カクテルやウイスキーなどの知識や技術はもちろんのこと、客ひとりひとりに対応して、居心地の良い空間を作ることが大切らしい。これを実践するのは難しそうだ。年月をかければできるというものではなさそう、一種の才能だな。

美味しいカクテルを作る秘訣はシェイクするときに、できるだけ衝撃を与えないことらしい。その理由を目の前で実験して見せてくれた。実は20年前もやってくれたのだが、レモンのフレッシュジュースにマドラーでカンカンと衝撃を与えると、美味しかったレモンジュースが一瞬にして変な苦味のあるジュースに変わってしまうのだ。
シェイクは混ぜるのと急速に冷却させるためにやっているのだが、衝撃を与えてしまうとレモンジュースの時のように変な苦味やえぐみがでてしまうのだ。
神吉さんのシェイカーを振る時の所作は無駄な動きがなく、なめらかでほとんど音がしない。出来上がったカクテルは抜群に美味いよ。

得意なカクテルは「サイドカー」で、ブランデーはクルボアジェV.S.O.P、ホワイトキュラソーはコアントロー、レモンジュースは皮を剥いたレモンをラップして冷蔵庫で3〜4日寝かせ、一日常温に戻してから搾ったものを使用している。
ちなみに趣味は氷彫刻やフルーツカービングで、氷彫刻は「さっぽろ雪まつり」にも出展するほどの腕前! どうやら繊細なものを作るのが得意らしい。

冒頭の神吉さんからの報告というのは、27年間中洲で営業していた「バー ベスパ」は10月末で移転するということだった。最初はびっくりしたが、移転後のアイデアをいろいろ話してくれたので、ワクワクしてしまったよ。詳細は移転してからのお楽しみということで。

店舗名

バー ベスパ 福岡店

ジャンル

  • バー

住所

福岡県福岡市博多区中洲3−2−5 第4ラインビル5F

電話番号

092-282-3228

営業時間

17:00~3:00

定休日

日曜

席数

  • カウンター14席
  • テーブル9席

個室

なし

メニュー

チャージ1,000円(19時以降)、サイドカー1,600円、マティーニ2,000円、ジントニック1,300円、マッカラン1,600円、バランタイン1,500円
価格は全て税別

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月