この冬、蕎麦屋で鴨鍋を楽しみたい!【1】

食材を一新し、老舗の名物鍋がさらにレベルアップ!

公開日

最終更新日

ライター葉山巧

カメラマン葉山巧

むらた

冷泉町

信州そば むらた

  • LINE
むらた

年々、確かな成熟を見せる福岡の蕎麦文化。それを語る際、欠かせないのが「信州そば むらた」の存在です。東京で学んだ初代店主の村田隆久さんが、「昼から酒が飲める粋な蕎麦屋を福岡にも」という想いを込め、1991年に開業。福井県大野市産中心の粉で打つ蕎麦はもちろん、九州ではまだ珍しかった「蕎麦屋で一杯」スタイルが徐々に評判を集め、今日もな新たな蕎麦愛好家を増やしています。

むらた
むらた

くだんの「鴨鍋コース」(1人前4,800円。前日までに要予約。注文2人前~)は、日替わり前菜の3種盛りからスタート。この日は安納芋のポテトサラダ、もずく、おひたしで、まずはこれをアテに日本酒を一献。食欲もじわりと助走を始めます。

むらた

2品目は嬉しい玉子焼。「蕎麦屋の玉子焼はうまい」の定説を堅守する美味でした。玉子の甘味を倍にも膨らませる出汁や返しの塩梅が抜群で、柔らかすぎず固すぎない焼き加減も秀逸です。

むらた

次に運ばれた鴨肉の、素人目にもハッとするオーラには瞬時に目を奪われました(写真は2人前)。清久さんが「この鍋のためだけに」京都から取り寄せている逸品です。「前は海外産でしたが、もっと鴨の味わいを楽しめる鍋にしたかったんです」

むらた

野菜の溌剌とした表情も印象的。京都産の鴨に合わせてか、京野菜の九条ねぎもどっさり盛られ、堂々たる存在感で“ご馳走気分”を高めてくれます。

むらた

これらの具材をまとめる鍋には、温蕎麦のつゆを濃いめに調整したスープが張られ、そばがきが浮かんでいました。そこに鴨のつみれを入れ、火が通るまでしばし待機。その合間にそばがきを食べてみると、これがフワトロ感ある舌触りで結構な美味。蕎麦屋らしい趣のある名脇役です。

むらた

つみれに続いて野菜を入れ、それに火が通ればもう頃合い。5秒ほど鴨をしゃぶしゃぶし、口に運んだ瞬間、その口福は訪れました。鴨の身はどこまでも柔らかく、心地よい弾力に富み、ひと噛みごとに刺激される快楽のツボ。鴨にありがちなエグみもなく、最後に残るのは「鴨ってこんなにうまいんだ」という余韻です。

良質な鴨をより輝かせる“しゃぶしゃぶ”方式も、清久さんの改革の一つ。以前は焼いた鴨を煮込むような鍋でしたが、「土山人」の鴨鍋を受け継ぎ、昨年から赤坂店で提供を始めました。するとその美味しさは本店スタッフをも魅了し、「こちらもこの鴨鍋でやりましょう」と直談判されたとか。それほどまでに人を駆り立てる力、僕にも確かに伝わりました。

むらた
むらた
むらた

店舗名

信州そば むらた

ジャンル

  • 蕎麦

住所

福岡市博多区冷泉町2-9-1

電話番号

092-291-0894鴨鍋は前日までに要予約

営業時間

11:30~OS20:00

定休日

月曜、祝日

席数

  • テーブル50席

個室

4〜6名

メニュー

もり(並)880円、おろし1,210円、つけ鴨1,650円、コース料理2,860円~

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)