デビ高橋の「ごぶさたしてます」【第2回】

サクサク系からフワしっとり系へ!進化する天ぷら居酒屋。秋の新メニューも紹介。

公開日

ライターデビ高橋

カメラマンデビ高橋

デビ高橋

福岡グルメや福岡ランチを紹介しているブログ「デビログ」を運営。「お肉博士1級」の資格も持ち、グルメ関連のキュレーター・講師・審査員を務めたり、福岡のテレビ・ラジオで活躍中。著書は「15年間毎日外食して、1万軒を食べ歩いた『デビログ』が見つけた福岡グルメの答え全100店」(KADOKAWA)。インスタID:devi_takahashi

  • LINE

「これから予約できますか?デビです。」
「え?」
「デビですけど。」
「は?」
「すみません、高橋です・・・。」
あれれ、あまりにご無沙汰で、”デビ”で通じなかった。
めちゃめちゃ恥ずかしい。

「赤坂こみかん」には2018年のオープンした直後くらいに伺ったきり、なかなか予約ができずに3年近く経ってしまった。
途中、コロナ禍で弁当をテイクアウトしたことはあったが、店内でしっかり食事するのはかなり久しぶりだ。

ここは天ぷらを気軽に食べることができる”天ぷら居酒屋”がコンセプトの店で、春吉にある超人気居酒屋「藁焼 みかん」の姉妹店ということもあり、オープン当初からにぎわっていた。
人気店特有の明るい雰囲気は健在で、スタッフが生き生き働いているのを見るのは気持ちがいい。

オープン当初の天ぷらはサクサク系だったが、現在はフワしっとり系へと進化していた。
「車海老の天ぷら」400円はプリプリしすぎず、しっとり感がある!
食べたときに、あまりの違いにびっくりしたよ。

小麦粉が北海道産のものに変更されており、壱岐の漁師さんから直送されてくる車海老も氷水で寝かせて甘みをだしているとのこと。
原料や処理方法が変わったのが大きな理由のようだが、オープンから3年間毎日天ぷらを揚げているスタッフの岩本さんの技術が向上したことも要因のひとつだろう。

オープン当初はなかったメニューの「牛ひれ」500円はレア感があり、見た瞬間から美味しいとわかるやつ。
肉と天ぷらの両方が好きな人にはたまらんよ。

「おくどさん (かまど)」で炊いた「白ごはん」も名物で、お米は大将の”たくちゃん”の久留米の実家で作っているものを使っている。
品種はヒノヒカリで、一昨年まではAランクだったが、今年は特Aにランクアップしたらしく、これまた美味くなっていた。
炊きあがったかまどの白ごはんを見せるポーズもすっかり定着したね。

もう一つの名物で、くわの形の器が特徴の「鴨ももと糸島産せりのくわ焼」はメニューに残っていた。
定番の名物料理が残っていて、ちょっと安心した。
全てのメニューが変わっていると、ワクワク感もあるが寂しい気持ちにもなるからね。

10月からの秋の新メニューもちょこっと紹介します。

ユリ根が入った「さざえの磯焼き 海苔の佃煮風」850円
写真では見えないが、火が付いてくるのでテンションあがるよ。

伊勢海老の白味噌仕立て

鹿児島県の枕崎漁港から送られてくる伊勢海老を使った「伊勢海老の白味噌仕立て」1,600円~時価
伊勢海老と聞いただけで、パブロフの犬のように唾液が分泌してきた。
今回は賀茂茄子も入っており、カラシを味噌汁に溶いていただく贅沢な一品。

イカのミミとゲソを使った「イカ串のバター焼き」500円
フランスのエシレ村で生産されているエシレバターの芳醇な香りとホールタイプの山椒が効いていて、クセになる逸品。

「しいたけ牛ご飯」1,200円~
かまどごはんに伊万里牛と大分のどんこを贅沢にのせたもの。
これはヤバいでしょ。
その日によって、しいたけがマイタケになったり、松茸になったりすることがあるらしい。

今回の新メニューはどれもしっかりした味付けで酒がすすみそうだ。
※価格は変更になることがあります。

姉妹店の「藁焼 みかん」も移転が決定しており、オープンは10月末から11月初めくらいになりそうだ。
場所は現在の「藁焼 みかん」の近くで、店名も「藁焼 みかん」から「みかん」に変更するのだとか。
新しい店舗は、従来の居酒屋から割烹にレベルアップするらしいが、本格的な料理だけど、気取らず気軽に食べられる店づくりを目指しているとのこと。
これは楽しみだ。
こちらもすぐに人気店になるだろうから、またご無沙汰にならんようにせんといかんね。

※価格はすべて税別です。

\ この記事をシェア /

店舗名

赤坂 こみかん

ジャンル

  • 天ぷら
  • 居酒屋

住所

福岡県福岡市中央区大名1−7−10 ワコウハイツ

電話番号

092-734-3090

営業時間

15:00~OS23:00

定休日

日曜

座席

  • カウンター17席
  • テーブル6席

個室

なし

メニュー

「天ぷら 車海老」(400円)、「天ぷら 牛ひれ」(500円)、「鴨ももと糸島産せりのくわ焼」(1,400円)、「手づくり明太子」(600円)
※価格はすべて税別です。

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月