シニアソムリエのラーメンテイスティング

多彩な他のメニューも食べてみたいので通ってみます

公開日

ライター黒木昭博

カメラマン黒木昭博

sikiアイキャッチ

黒木昭博

「レストラン花の木」シニアソムリエ
facebook https://www.facebook.com/chateau.akizou

  • LINE

おめんやSiki

福岡市中央区舞鶴の「おめんやSiki」にて坦々麺。
⁡昭和通りから一本入ったところ法務局の裏手のビルの2階で、注意してみないと通り過ごしてしまう。
麺メニューが豊富で、迷いますが、メニュー最初にあるのが坦々麺だったので、こちらをお願いしました。

外観は、細かいゴマの白色に、オレンジが鮮やかなスープに盛り付けられたのは挽き肉、モヤシ、小松菜にうずらの卵。
スープは、辛味はわりと控えめに感じるアタックに山椒をはっきりと感じる風味が個性的、それからほのかな酸味があり上品な芝麻醤の味わい、ベースは鶏ガラと思われる、食べ進めるとジワっと辛味も効いてくる。
麺は、ちぢれの中太麺は、微妙に太さが違うのか、食べる都度に、麺の触感が違うように感じられスープとの絡み方が変化があって良い、コシがあってモチモチしていて好みなタイプ。

siki_soup
siki_men

挽き肉はしっかり味付けがされていてスープに溶け込んでくると若干味わいが変化してくる、小松菜はシャキシャキしていてアクセントになり、うずらの卵は、黄身が半熟で、しっかり火が入っていると思っていたので、半熟で出てきてビックリしたが、スープや麺ともよく合っていた、レンゲが穴があいてあり、最後まで挽き肉を楽しむことができる。

非常にレベルの高い坦々麺でした。
他にも豆乳坦々麺、キーマカレー坦々麺、酸辣湯麺、醤油ラーメンなど多彩なメニューも食べてみたく通ってみようと思います。

博多文福

福岡県春日市にある味噌ラーメン「博多文福」にお邪魔しました。
一風堂で修業されて海外事業を担当していた方だとか、豚骨ではなく、味噌ラーメンで勝負しています。味噌ワンタン麺を頂きました。

外観は、味噌ラーメンにしては、淡いベージュ色、豚骨と言ってもいい色合い、分厚いチャーシュー2枚、メンマ、キクラゲ、ワンタン、ネギ、珍しい高野豆腐のカリカリがトッピングされている。

文福

香りは、柔らかい味噌の香りが心地よい、スープの味わいは、滋味深い優しいスープは、最初はおとなし目で、飲み進めると深みのある味わい深く複雑に変化していく感じが飲み飽きしない味に仕上がっている。

麺は、細麺と太麺が選べるが、やはり味噌といえば太麺と思い、太麺をお願いする、やや縮れた麺は、小麦の香りをしっかり感じて、スープとの絡みがちょうど良く、食感が良い。
ワンタンもトゥルントゥルンの皮に餡もしっかり味付けがされている。

文福麺

チャーシューは、厚みがしっかりあるが、溶けるような仕上がりで下味も控えめでバランスが良く、食べ応えがあって嬉しい仕上がり。

メンマもしっかりとコリコリした口当たりがよく、高野豆腐のカリカリが良いアクセントになっていて、これは興味深い。

味噌ラーメンというとガツンとパワフルなイメージがあるが、ここは、優しい味わいの味噌汁のような感覚で食べる事ができる、博多らしい味噌ラーメンかもしれない。

黒木昭博さんのfacebook(https://www.facebook.com/chateau.akizou)からご本人の承諾を得て転載しています。

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)