お値打ちご褒美ランチ5選(1)

どれを選ぶか悩ましい・・・絶品揃いのプリフィクスランチ

公開日

最終更新日

ライター江月義憲

カメラマン弓削聞平・江月義憲

キム翔

薬院

イタリアンとTSUMAMI キム翔

  • LINE

オーナーシェフ木村茂幸さんと、サービス担当の宮永翔太さんの名前を合わせて「キム翔」。前職で同僚だったという2人が意気投合し、カジュアルなイタリアンレストランとして2018年にオープンしました。当初は夜だけの営業でしたが、昨年からはじめたプリフィクスのランチが好評を博しています。

今回ご紹介するのは全7品で3,000円の「KIMUコース」(予約は2名から)。「自家製ロースハムサラダ」と「月替わりリゾット」のほかは、3〜4品から好きな料理をチョイスすることができます。

キム翔
キム翔

まずは「自家製ロースハムのサラダ」から。程よく塩味のきいたロースハムは、ちょっとした前菜替わりにもなります。珍しいのは、パンについてくる自家製バターも選べること。定番のピスタチオや塩キャラメルに加えて季節の食材を使った自家製バターが常時3種類ほど用意され、テイクアウトもできます。(写真はカボチャカレーバター)

キム翔
キム翔

リゾットは季節の食材を使った月替わりのメニューで、この日は自家製サルシッチャに秋の味覚のキノコを合わせたリゾットでした。パスタ同様にお米をアルデンテに仕上げた茹で具合が絶妙で、具材とよく絡みます。

キム翔

パスタが2種類が食べられのも嬉しいポイント! 基本はオイル・トマト・クリームソースの定番に、月替わりパスタをラインアップ。特に春はイチゴ、夏はマンゴーや桃、秋はマスカットなど旬のフルーツを使ったパスタは、なかかな他店では味わうことができません。10月はラ・フランスのパスタです。

キム翔

写真の「ちりめんとクルミのペペロンチーノ」は木村さんの得意料理のひとつで、隠し味にアサリでとったブロード(ダシ)を使うのがポイント。同様に他の料理にも野菜や肉から丁寧にとったブロードも使うことで、深みのある味わいに仕上げています。

もう一品はクラシックなスタイルの「ボロネーゼ」。具材やソースによってパスタの太さや茹で時間も変えているので、好きな組み合わせが楽しめます。

キム翔

メインの肉料理は霧島ポーク、フランス産の鴨(+250円)、ニュージーランド産の牧草牛ヒレ(+500円)からチョイスできます。それぞれ塊肉で焼くので、ボリュームもたっぷり。写真はフランス産鴨のローストで繊細な肉質にくさみはなく、クセになりそうな美味しさです。

キム翔

3〜4種類から選べるデザートの中でシェフのイチオシは自家製の「ピスタチオアイス」(+200円)。シチリア産ピスタチオを贅沢に使った濃厚な味と香りが、食後にリッチな余韻を残してくれます。

キム翔

ハイクオリティな料理をリーズナブルに食べられるランチコースは今回ご紹介した「KIMUコース」(3,000円)のほか、「SHOコース」(2,500円)、「KIMUSHOコース」(3,500円)があり、すべて要予約。

木村さんの絶品料理と翔さんの心地よいサービスで、じっくり時間をかけて楽しみたいご褒美ランチです。

キム翔

\ この記事をシェア /

店舗名

イタリアンとTSUMAMI キム翔

ジャンル

  • イタリア料理

住所

福岡市中央区薬院3-7-16-1F

電話番号

092-753-7435

営業時間

12:00〜15:00/17:00〜22:00

定休日

不定

座席

  • カウンター5席
  • テーブル16席

個室

なし

メニュー

昼/ランチコース2,500円〜、夜/おまかせコース4,290円〜、パスタ単品1,760円〜

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月