グランドメゾン presents 「ハレの日レストラン」【第17回】

朝倉産の野菜が主役! 身体が喜ぶヘルシーフレンチ

公開日

ライター葉山巧

カメラマン平川雄一朗

seigou610

小笹

Seigou 610 (セイゴウ ロクイチマル)

  • LINE

以前食べたランチが素晴らしく、「いつか必ずディナーにも!」と誓っていた「Seigou 610」。再訪は1年後となりましたが、あの優しい味と澄んだ余韻を忘れたことはありません。そんな印象深いフレンチを、ついに12品のディナーコース(11,000円)で堪能することができました。
結論から書きましょう。それは心と体にとても効く、癒しに満ちた体験でした。

Seigou610

「神戸北野ホテル」や広尾「マノワ」などで研鑽した、武藤聖郷さんがオーナーシェフを務める「Seigou 610」は2020年7月オープン。ひと捻りした屋号と、朝倉の三連水車を刻んだ看板がスマートです。しかしこの三連水車、ただのイラストではありません。武藤さんが店に込めた想いを象徴するアイコンなのです。その想いの中身は、これから始まる料理たちがじっくり語ってくれるでしょう。

Seigou610
Seigou610

木目調のカウンター席はとてもリラックスした居心地。開放的なスタジオ風の厨房も、武藤さんのパフォーマンスを眺める楽しみを与えてくれます。6名までならモダンな個室もおすすめ。テーブルを支えるように横たわる、大川市から運んだクスノキの迫力には目を見張りました。

SEIGOU610

さて、福岡にフレンチは数あれど、「Seigou 610」の輝きには独自のものがあります。その核となるのが「朝倉」というキーワード。食材の多くが武藤さんの故郷・朝倉市(と福岡県)産であること、そして野菜たっぷりのヘルシーフレンチを振る舞うのが特徴です。
「朝倉の食材の魅力に気づいたのは福岡に帰郷した後でした」と武藤さん。「とくに野菜の美味しさに驚いて、これなら野菜メインのコースが作れるぞって」。多いときは20種もの朝倉野菜が届き、週に1~2回は自ら道の駅で仕入れもするそうです。

Seigou610
Seigou610

そんな郷土愛がこもるコースはコンソメからスタート。地元産の古処鶏と野菜で丹念に取った一杯に、優雅な野生味がフワリとたゆたいます。舌に深く浸透してくる旨味も本気でクセになりそう。
2品目はスナップエンドウのスープです。軽快な豆の歯触りと、爽やかな青臭さに思わず破顔! 底には皮の部分を使ったピューレが敷かれ、混ぜて食すと具沢山なポタージュのようでした。

Seigou610

こちらは地元ブランド「健ちゃんトマト」のジュレ、クリームチーズ、パセリオイル、朝倉産の蓮華蜂蜜を合わせた一品。艶かしい舌触りの中で渦巻く、甘み・酸味・塩味のうっとりするコラボが楽しめます。1品目から続く天然素材の滋味・滋養に、身体じゅうの細胞も喜び始めていました。

Seigou610
Seigou610

香ばしいイタリア産ホワイトアスパラガスのローストにも“朝倉印”はしっかり刻まれています。ソースには地元の酒蔵「篠崎」の甘酒を使用。トッピングの自家製猪の生ハムも、同蔵の麦焼酎を何度も塗りながら半年かけて仕込んだ労作です。
他にもクラフトジンやオリーブオイル、ウイスキーなど「篠崎」のアイテムがズラリ。「地元の食文化を発信することが、少しでも故郷への恩返しになれば」と武藤さん。「“ここと同じ野菜が欲しいので、生産者さんの連絡先を教えて”とお客様に頼まれることも増えました。そんなふうに“繋げる”役割を果たせていけたら嬉しいですね」。

Seigou610

コースの佳境にふさわしく、魚料理は杷木で捕れた立派なウナギ。骨切りしてから低温で火入れし、仕上げに皮目をパリッと炙ってあります。ふっくらしたうまさを引き立てる、ホタルイカのリゾットと摘みたて山菜の存在感もキラリ。みずみずしい自然の生命力を見事にまとめたセンスに脱帽です。

肉料理は「マノワ」譲りのジビエ。的確な処理でえぐみを除いた篠栗産の鹿ミンチを、ソフトなパイで包み焼きにした佳品です。赤ワインのソースは朝倉産の黒蜜入りで、ジビエ特有の野趣がよりまろやかに。野菜主体のコースの中で、確かな満足感を残す魚&肉料理でした。

Seigou610
SEIGOU610

デザートのアイスクリームには、親戚の果樹園のイチゴと甘い香りのトンカ豆を採用。さらにもち米のムースと求肥、桜の塩漬けとイチゴのチップスを添え、申し分のない食味を演出します。
そして、この店のフィニッシュと言えばこれ! 常連にはお馴染みの「自家製どら焼き」です。甘さ濃厚な朝倉産黒豆を使い、1個ずつ手焼きするホカホカの定番品。シェフや食材の“温もり”が伝わるコースの締めとして、これほどふさわしいものがあるでしょうか。

繊細な技と郷土愛というスパイスで仕上げる、(ほぼ)オール朝倉の料理たち。それはデトックスにも似た、身体の奥から綺麗になるフレンチでした。気持ちにもゆとりが生まれ、会う人みんなに優しくなれそうな……そんな心地よさがファンを惹きつける理由かもしれません。「美味しい料理を食べる意味って何だろう」。その答えの一つを見つけた気がします。

この記事は積水ハウス グランドメゾンの提供でお届けしました。

店舗名

Seigou 610 (セイゴウ 610)

ジャンル

  • フランス料理

住所

福岡市中央区小笹1-22-25 小笹カステリア1F

電話番号

092-775-2453前日までに要予約

営業時間

12:00~15:00/18:00~23:00

定休日

月曜

席数

  • カウンター8席

個室

2〜6名

メニュー

ランチコース6,600円、ディナーコース11,000円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月