おいしいイタリア料理をカジュアルに【1】

イタリアンで迷ったらココ! ハズレなしのアラカルトが目白押し

公開日

最終更新日

ライター江月義憲

カメラマン江月義憲

FIGO

渡辺通

FIGO(フィーゴ)

  • LINE

ひとくちにイタリア料理店といってもコースがメインの「リストランテ」から大衆食堂的な「トラットリア」、居酒屋感覚の「オステリア」、ワイン酒場の「バール」まで様々な業態があります。リストランテのコース料理となると1万円前後の価格帯にサービス料も覚悟しないといけないので、記念日などの特別なシチュエーション以外ではなかなか敷居が高いですよね。そこで今回のシリーズでは、リーズナブルな価格で普段使いができるカジュアルなイタリア料理店を紹介します。

このジャンルで真っ先に思い浮かぶのが、昨年9月に10周年を迎えた中央区渡辺通の「FIGO」です。何を食べてもハズレがない抜群の安定感から、いつも多くのお客さんで賑わっている繁盛店。もはや福岡のイタリアン好きにとっては欠かせない店となっています。

FIGO

定番の前菜メニューは、季節によって食材が変わります。写真の「前菜の盛り合わせ」(1人前1,100円・写真は4人前)は、太刀魚と空豆と蕾菜のフリット、イワシの炙りとあたたかいポテトサラダ、ハガツオのカルパッチョ、海の幸のサラダの4種類です。
オーナーシェフの城戸敏宏さんは3年半にわたって本場イタリアで働き、北から南まで各地の郷土料理を習得。同業者からも一目置かれる腕前で、ふんわり柔らかい太刀魚をサクッと軽めに揚げたフリットやハガツオに添えたニラとケッパーのソースなど、福岡で手に入る食材を使いながら本場の味を再現しています。

FIGO

シェフの地元・熊本県玉名市で自家栽培するバジルのフレッシュな香りが漂う「ジェノベーゼパスタ」(1,540円)は、海老とズッキーニを入れるのがFIGO風。たっぷりすり下ろしたパルミジャーノ・レッジャーノの塩味とレモンの風味で、ワインが進むことうけあいです。

FIGO

メインには鶏・豚・羊・牛・鹿などのジビエまで多彩な肉料理も揃っていますが、外せないのがスペシャリテの「海老のアメリカンクリームソース焼き」(1,980円)です。海老の頭や殻からダシが染み出たソースは、まろやかでコクのある旨みが凝縮された味わい。頭にしゃぶり付いてミソまで堪能した後は、鍋に残ったソースにパン(110円)を浸して最後の一滴まで味わい尽くさずにはいられません。

FIGO

ワインはイタリア産を中心に50種類以上の品揃え。スプマンテ(スパークリング)、白、赤のボトルが3,850円からというお手頃な価格もうれしいですね。
アラカルトはグランドメニューと黒板メニューを合わせると何と50種類以上! 一品のポーションも多めなので2人以上でシェアすれば、あれも食べたい、これも食べたいという欲ばりに応えてくれます。イタリアンで迷ったら、まずここに来れば間違いありません。

FIGO
FIGO

店舗名

FIGO(フィーゴ)

ジャンル

  • イタリア料理

住所

福岡市中央区渡辺通2-3-27待鳥ビル1F

電話番号

092-781-1005

営業時間

17:00〜OS23:00

定休日

不定

席数

  • カウンター8席
  • テーブル18席

個室

なし

メニュー

ズッキーニのカルパッチョ660円、海の幸のサラダジェノバ風1,210円、季節の魚と野菜のフリット950円〜、ペペロンチーノ1,320円、仔羊の串焼きグリル1,100円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月