“魂のカルボナーラ” 大名「MACARONI」の林シェフは今どこへ? 〜前編〜

公開日

最終更新日

ライター森絵里花

カメラマン森絵里花

福岡姪の浜のイタリアンanima

姪浜

anima(アニマ)

  • LINE

新章の舞台は、姪浜!

かつて大名にあった「MACARONI(マカロニ)」は取材を受けない、福岡の酒呑みグルマン御用達のイタリアンでした。惜しまれつつも閉店となり、ファンの心はざわざわ……。城南区別府にあった頃から林シェフのファンという方も多いことでしょう。

とにもかくにも「林シェフは今どこへ?」

福岡姪の浜のイタリアンanima

その答えは2020年12月、姪浜にオープンしたイタリア料理店「anima(アニマ)」にありました。地下鉄 姪浜駅の目の前にある、白い建物の1階。

福岡姪の浜のイタリアンanima

店内に入ると、厨房をぐるりと囲む鉄板焼店のようなカウンター席が目に飛び込んできました。そして、中心に立っているのはもしかして……?

福岡姪の浜のイタリアンanima

やはり、林シェフ!
こちらにいらっしゃったのですね!

「お久しぶりです、姪浜にようこそ! 大名時代はお酒が進むイタリアンがテーマでしたが、ここ『anima』では僕が南イタリアで学んだ素朴なマンマの味、郷土の味を表現しています。以前とはまた違った僕の料理を楽しんでもらえると嬉しいです」

情熱を感じる、手書きメニューと料理たち

「オーナーのアスカさんが自家栽培する無農薬ハーブや、糸島で買い付ける旬野菜など、新鮮な野菜を使ったメニューも自慢です」

そう言って渡されたメニューを見た瞬間、思わず笑ってしまいました。A4用紙2枚に、手書きの文字でびっちりと。

福岡姪の浜のイタリアンanima

私、手書きでびっちりと書かれたメニューが大好きなんです。だって、シェフの溢れんばかりの思いが、これを見るだけで伝わりますよね。

「南イタリアのプーリア州で感動した一品です。“しみじみ”とした美味しさです」

そんなコメントが添えられていたのは「乾燥そら豆のピュレと青菜のソテー」(880円)。

福岡姪の浜のイタリアンanima

なめらかな舌触りの後、そら豆の何とも言えない香りがぐんぐん膨らみ、柔らかな甘味と余韻がほわっと漂います。ピュレの味付けは、塩味のある茹で汁とオリーブオイルのみというから驚き。香ばしく弾ける青菜の風味も絶妙です。

「見た目は素朴。でも完成までに4日を費やす、手のかかる料理です。その分、染み入るような深みがあるでしょう。僕はこういう料理が好きなんです。以前現地にいた『A TAVOLA!!(ア・ターヴォラ)』(西中洲)の薙野くんにコツを教えてもらい、より本場の味に近づけた気がします」

福岡姪の浜のイタリアンanima

林シェフが修業した南イタリアのソレントは、モッツァレラチーズの産地。トマト・モッツァレラチーズ・バジルがそろって入ったものを、ソレント風と呼ぶそう。「卵とモッツァレラチーズのオーブン焼き ソレント風」(990円)は、その一つです。

モチモチ、とろとろ、何と言ってもトマトがフレッシュでジューシー!
作り置きのトマトソースは使わず、イタリア産のトマトをその都度味を整えて使うのが林シェフのこだわりです。

福岡姪の浜のイタリアンanima

散らしてあったバジルも、実に新鮮で力強い香りだなぁ……と思っていたら、今度は伸ばした生地に、目が覚めるような濃い緑色のバジルペーストを塗り始めた林シェフ。

「このバジルも、オーナーのアスカさんが自家栽培したものです。ピッツァは専門の職人の仕事なので、本当は僕が作るべきでないのですが……。ピッツァが大好きなアスカさんのためにも、『anima』に合う1枚を考えました」

福岡姪の浜のイタリアンanima

この「アスカさんの無農薬栽培のバジリコソースとモッツァレラチーズ」(1,320円)、林シェフは謙遜されていましたが……。力強いバジルにミルキーなチーズ、“ふわっもちっ”とした歯切れのいい生地も、お、美味しい〜!

「お酒のお供に、あるいは料理のシメ代わりに注文される方も多いので、サイズはやや小さめに。ナポリピッツァの生地ですが、あえて熟成させず、歯切れ良く軽い食感を目指しました」

さぁ、お次はいよいよ、林シェフの代名詞ともいえる「カルボナーラ」の登場。

後編はこちら

\ この記事をシェア /

店舗名

anima(アニマ)

ジャンル

  • イタリア料理

住所

福岡市西区姪浜4-23-10 Be-SQUARE 1F

電話番号

092-834-3939

営業時間

16:00〜OS23:00(土・日祝は13:00〜OS22:00)

定休日

火曜

座席

  • カウンター8席
  • テーブル10席
  • テラス4席

個室

なし

メニュー

ゼッポレ550円、ナポリのマンマから習ったナポリ風ジャガイモのタルト880円、手打ちスパゲッティミートソース「アニマ風」1320円、本物のパンナコッタ660円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月