グランドメゾン presents 「ハレの日レストラン」【第32回】

自在な技法と感性で“幸せ”を紡ぐ、警固の星付きフレンチ店

公開日

最終更新日

ライター葉山巧

カメラマン平川雄一朗

ボヌールパイ包3

警固

Le marchand de bonheur(ル・マルシャン・ド・ボヌール)

  • LINE

オープン1年半でミシュラン1つ星に輝いたこの店の名は、オーナーシェフ・森英昭さんの師匠の一人にして、フランスを代表する巨匠ミシェル・ブラス氏の言葉から取ったそうです──いわく「料理人とは、幸せの商人(=ル・マルシャン・ド・ボヌール)である」
すなわち、生産者を含む関係者の努力が結集し、客たちに“幸せ”を運ぶレストラン。その想いは確実に届いているようで、多くの客がここを大切な記念日に選ぶという事実が、何よりもそれを証明しています。

ボヌール外観

一足先にその“幸せ”を享受した友人の勧めで、僕もこちらを初訪問しました。警固小学校向かいのビルに、森さんが「Le marchand de bonheur」を構えたのは2018年のこと。2階にあるためか往来の喧騒は感じられず、ほんのり隠れ家感さえ漂うロケーションです。

ボヌール内観

ウラジロギンバの枝が躍動感を加える店内にはテーブルを3卓完備。少人数で貸切にするにもちょうど良いスペースです。奥の壁には、前述したブラス氏の言葉が手書きされていました。

ボヌールテーブルセット

古書を模したメニューに書かれたのは、この日予約したディナーコース12,100円の内容(他に16,500円あり)。東京「ラ・ターブル・ド・コンマ」、北海道「ミシェル・ブラス・トーヤジャポン」、仏の3つ星レストラン「ラシェット・シャンプノワーズ」など、錚々たる店舗で森さんが磨きあげた技術の成果です。その豊かな経験に導かれた最適解は、旬の食材からいかなる美味を引き出すのでしょうか?

ボヌールイソギンチャク

まず驚いたのは、アミューズ後に出されたこのピンチョス。なんと有明産イソギンチャクを使ったフリットで、常連人気も高いスペシャリテです。「福岡で店をやる以上、何か一つは福岡ならではの料理を出してみたい。そう考えて、柳川地区で親しまれるこの希少食材を選んだのです」と森さん。
コリっとしたイソギンチャクは、噛み締めるごとに潮の香りがフワリと立ち、そこへアーモンド風味の衣やニンニク入りのチーズなどが花柳を加えます。シェフの視点の面白さを窺わせる小粋な一品でした。

ボヌール前菜

糸島産菊芋のポタージュを挟み、続いて供されたのは国内でも珍しいステムレタスのグリエ。その特徴でもある太い棒状の茎(=ステム)をボイルし、バターやハーブを加えたパン粉をまぶして焼きあげたものです。表面のカリカリ感と、その奥に潜むみずみずしいレタスの対比がなんとも爽快。その旨味を強める役割の北海道産ホタテの存在も実に効果的です。

ボヌールメイン

魚料理に続くメイン料理は、冬限定・牛ほほ肉のブレゼでした。こちらは風格漂う古典フレンチで、前日から赤ワインと香味野菜に漬けたほほ肉の味わいも、赤ワインやバターなどで仕上げた濃厚なソースの味も完璧。胃の腑の奥から温もりや活力が沸きあがる、滋養たっぷりの食味を堪能できました。

ボヌールデザート

ほうじ茶のアイスクリームを添えたデザートは、ハーブ類を練り込んだタルトに、プリン状の生地と青森産リンゴをコンポート風に焼き上げたもの。最上部のシブーストクリームとの相性も良く、心安らぐ甘みが舌を優しく包みます。

ボヌール店主

どの皿も洗練とアイデアが刻まれた料理揃いですが、テーブルに置かれる前から鼻腔をくすぐる香りの良さも印象的でした。
「そこは“ライブ感”として特に意識している部分です」と落ち着いた声音で語る森さん。「フレンチのコースはよくオーケストラに例えられますが、僕の場合は物語性あるショートフィルムの連作集でしょうか。そうして食事の終わりに、1つの“幸せ”な物語を感じていただけたら嬉しいですね」

ボヌールパイ包1
ボヌールパイ包2

そんなシェフ渾身のスペシャリテ、「七谷鴨のトゥルト」(写真は2人前)も紹介しておきましょう。16,500円コースだけで味わえる、京都・亀岡産の激ウマな鴨を使ったパイ包みです。ぎっしり詰まった具材は手切りとミンチを使い分けたモモや胸身で、つなぎにはフォアグラやトリュフを使用。骨もコクのある出汁を取ってソースにしており、ほぼ1羽の鴨を丸々味わえる仕様になっています。一度食べればリピート確実の極上品。これもまた、最高に“幸せ”な物語に違いありません。

この記事は積水ハウス グランドメゾンの提供でお届けしました。

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

Le marchand de bonheur(ル・マルシャン・ド・ボヌール)

ジャンル

  • フランス料理

住所

福岡市中央区警固2-2-23 ウイングコート警固2F

電話番号

092-406-6982前日までに要予約

営業時間

12:00~OS13:30/18:00~OS20:00

定休日

水曜、第3火曜

席数

  • テーブル12席

個室

なし

メニュー

ディナーコース12,100円・16,500円、ランチコース4,950円・7,700円 ※昼夜ともサービス料8%

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • ワンタップでUMAGAにアクセス!
  • メルマガ会員募集
  • UMAGAライター募集中!