福岡の名酒場と大阪の人気寿司店がコラボ!裏天神で話題のニューフェイス

公開日

最終更新日

ライター諫山力

カメラマン諫山力

博多喜多郎寿し料理集合

渡辺通

博多 喜多郎寿し

  • LINE

8月23日にオープンしたばかりながら、すでに福岡の食通の間で話題を集めている「博多 喜多郎寿し」。その理由は天神南エリア、通称“裏天神”の繁盛店として知られる「やきとり六三四(むさし)」、「やきとり五二六(こじろう)」、「すみ劇場 むさし坐」系列のニューカマーであること。さらに大阪で10店舗以上を展開する人気大衆寿司店「喜多郎寿し」仕込みの寿司が味わえることがあげられます。「やきとり六三四」のオーナー、森公秀さんが「喜多郎寿し」のオーナーと親交が深かったことから生まれた“むさしブランド”の新業態。早速どんなお店かお邪魔してきました。

博多喜多郎寿し握り

メニューの柱はやっぱり寿司。もともと「やきとり六三四」で働いていたスタッフ数人が大阪の「喜多郎寿し」で3〜4ヶ月、寿司について教えてもらい、そこで学んできた技術を活かしています。同店の寿司の一番の特徴は、一口で食べられるサイズ感の“しゃりこま”であること。一方で、福岡という土地柄に合わせてシャリは酢をほのかに効かせる程度にするなど、独自の工夫も随所に光ります。

博多喜多郎寿し寿司

本日いただいたのは、サシと赤身のバランスが絶妙な「中とろ」(350円)、細かく飾り包丁を入れることで素材の甘味が際立つ「いか」(280円)、薬味もポイントの「あじ」(250円)、「鯛」(280円)、「うに」(500円)、「煮穴子」(400円)。煮穴子は「やきとり六三四」の焼鳥に使用している秘伝のタレで味を打つ、おすすめの一貫です。
“しゃりこま”なのでネタの味わい、食感を強く感じられるのものありますが、「技あり!」と感じたのが、シャリの握り具合。人肌よりやや高めの温度で、かつ握る際に締めすぎないことで、口の中に入れた瞬間、シャリがほどけ、でもしっかりご飯は一粒一粒が立っている。このバランス感は絶妙です!

博多喜多郎寿し原始焼

ここでは「すみ劇場 むさし坐」の名物メニュー、原始焼も味わうことができます。原始焼とは鮮魚を串刺しにして囲炉裏で焼く原始的な調理法で、魚の余分な水分が抜け、身の旨味が凝縮。「脂がよくのった魚ほど、この調理法に合っているんです」と焼き場のスタッフが教えてくれました。

博多喜多郎寿し原始焼きんき

この日いただいたのは、北海道など北の海で水揚げされる高級魚「きんき」(時価・取材当日は7500円)。絶妙な火力で焼かれており、皮面はパリッと香ばしく焼かれていますが、箸を入れると脂がジュワ〜っと染み出してきます。添えてあるザクザク食感の鬼おろしと一緒に食べると、もう最高! 普通の大根おろしでも合うのでしょうが、あえて鬼おろしにして食感のアクセントをプラスしているのもさすがです。

喜多郎寿しとろサバ明太一本のせ

こちらは原始焼の定番メニュー「とろサバ明太一本のせ」(1280円)。厳選した脂のり抜群のサバを囲炉裏で焼き、その上に表面を炙った明太子をのせている、福岡らしい一品です。「すみ劇場 むさし坐」で人気の明太のせ大とろいわしをヒントに、この店限定のメニューとして提供しています。

喜多郎寿し鯛ユッケ

刺身系のメニューもいただきました。その名も「鯛塩ユッケ」(1280円)。その名の通り、鯛の刺身を使ったユッケ風で、ゴマ油、塩、卵黄、ネギ、岩のりを混ぜて味わう創作的なメニュー。鯛のプリプリとした食感に、糸島産の濃厚な卵黄が絡み、抜群のおいしさ! メニュー表に“名物にしたい!?”と書かれていましたが、隠れた名物になる日も近そうです。

博多喜多郎寿し店内

店長の藤河陽平さんは「寿司はやはり素材が大切なので、スタッフ自ら鮮魚店に足を運んで、魚を仕入れています。自分たちの目で見て選ぶことももちろん大切ですが、鮮魚店のスタッフさんと直接話すことで得る情報も多いのがその理由。素材のことを深く知っていれば、お客さまに自信を持っておすすめできますから」と話します。
間口が広く、気軽に利用できる“寿司居酒屋”を目指す「博多 喜多郎寿し」。今後は天ぷらや魚の煮付けなども提供していく予定だそうです。

※価格はすべて税別

博多喜多郎寿しメニュー1
博多喜多郎寿しメニュー2
博多喜多郎寿しメニュー2

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

博多 喜多郎寿し

ジャンル

  • 寿司
  • 居酒屋

住所

福岡県福岡市中央区渡辺通5-2-9 Sビル1F

電話番号

092-406-8682

営業時間

17:00〜OS23:30

定休日

不定

席数

  • カウンター22席
  • テーブル14席

個室

4〜10名

メニュー

中とろ350円、金目鯛 おろしポン酢300円、あじ250円、サーモン炙り 塩レモン280円、ほたて250円、いくら280円(以上全て握り)、鯛塩ユッケ1280円、ごまカンパチ980円、ぎんだら味噌焼き1580円、とろサバ明太一本のせ1280円、骨付きもも唐揚げ350円、チーズ豆腐 バゲット添え650円 ※全て税別

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)