家ではちょっとやらないお店ならではのあったか鍋5選【5】

素材は九州産黒毛和牛100%。「テール鍋」で知る珠玉の贅沢

公開日

ライター葉山巧

カメラマン葉山巧

タンテール富士

赤坂

タンテール 富士

  • LINE
タンテール富士

数ある牛肉の部位でも、タンやテールには魔性めいた独特の美味しさがありますよね。その食欲を満たすなら、「タンテール 富士」ほどふさわしい店はありません。その看板に偽りなし。九州産黒毛和牛のタンとテール料理がずらりと並ぶ、肉愛好家にとって「聖地」の一つです。

タンテール富士

富士」のルーツは、今はなき春吉の人気肉料理店「博多かね萬」。そこで研鑽を積み、師匠の卓越した技を受け継いだ瀧内雅紀さんが2002年に構えた店です。
「牛肉は包丁の入れ方次第で味が変わる繊細な食材。だから肉を扱う料理人は、最初の瞬間から全体の状態を把握できなきゃいかんのです」。どこを切り取っても“牛肉愛”と職人の矜持が漂う瀧内さんの言葉には、「この人になら任せて安心」と予感させる力がありました。

タンテール富士

「上タン焼き」(1,870円)と並ぶ看板料理「テール塩焼」(中/1,480円)を食べた途端、予感は確信に変わります。握り拳サイズの骨にたっぷり付いた肉は、カリッと表面を焼いた香ばしさも、弾むような歯応えも絶品。骨ごとむしゃぶりつきたくなる最高のうまさでした。
風味に全然えぐみがないのも高得点ですが、そのために「茹でる、血抜きする、洗う」の下処理を徹底的に繰り返すとか。「そうしないと血の臭みで食べられたもんじゃないから」と、こともなげに言う瀧内さん。でもそんな日々の努力に、食材や客に対する誠実さを見るのは僕だけでしょうか。
今回ご紹介する「テール鍋」(1人前2,420円/写真は2人前)も、この特製テールを使った逸品です。まず運ばれるのは、ゴロリとしたテールが浮かぶ黄金色のスープ。こまめに温度調整をしながら、テールと野菜を2日がかりで炊いた労作です。週3回に分けて少量ずつ仕込んでおり、しかも1回あたり牛7頭分のテールを使うという豪快さに驚嘆! 濃密な旨みエキスを凝縮した、贅沢極まりない傑作スープなのです。

これに野菜や豆腐を加え、ひと通り火が入れば完成です。さっそく箸を伸ばすと「まずはスープを飲んでみて」と瀧内さん。「これ実は、肉よりもスープを楽しんでほしくて考案した鍋なんです」
それに従い、水炊きよろしく一口すすると、純度の高い滋味が一気に花開きました。野性味があるのに上品という、真逆の要素が溶けあい生まれた奥深さが実に秀逸。とともに、エネルギーのようなものが細胞に浸透し、活力が湧きあがる気がしました。「やっぱり元気が出るよね、牛肉は」と瀧内さんが頷きます。野球選手などプロのアスリートの常連が多いのも、こうして身体に“喝”が入るからかもしれません。

タンテール富士

「スープが主役」でありながら、出汁をたらふく吸ったテールもやっぱり魅力的。程よい弾力を保ちながら、塩焼きとは違ったとろける舌触りがたまりません。脂まで美味しい、延々とつつきたくなる味でした。

タンテール富士

締めは雑炊もありますが、瀧内さんのおすすめはちゃんぽん。コクのある麺をツルッと平らげ、大満足の鍋はたちまち空になりました。黒毛和牛の希少部位をふんだんに使う、他のどんな鍋にもないこの贅沢感。値段に十分見合った価値あるうまさだと思います。
「原価も手間もすごくかかるけど、こうやって喜んでもらえるからやめられないよね。開業以来、ずっと値上げもしていません」。ここに集う客たちの悦びを支えているのは、61歳の職人の侠気(おとこぎ)でした。

タンテール富士

また、瀧内さんが「私が好きなもんで」と片っ端から仕入れる焼酎も「富士」の楽しみの一つです。揃えも揃えたり、その数なんと約250種! 焼酎党の心をくすぐる超・強力打線が待っています。

タンテール富士
タンテール富士

店舗名

タンテール 富士

ジャンル

住所

福岡市中央区 赤坂 3-13-33 プランドール赤坂 1F

電話番号

092-752-0073

営業時間

17:00〜OS22:00

定休日

月曜、月2回日曜

座席

  • カウンター6席
  • テーブル18席
  • 掘りごたつ16席

個室

4〜8名

メニュー

テールスープもつ鍋1,628円(1人前)、テールスープ餃子1,045円、サガリ焼き1,870円、究極のスモツ605円、やきめし770円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月