辛い麺好きに朗報! 出汁感立つ担々麺&酸辣湯麺の新店がデビュー

公開日

最終更新日

ライター上村 敏行

カメラマン上村敏行

SIKI_アイキャッチ

舞鶴

おめんや SIKI.

  • LINE

「担々麺と酸辣湯麺がうまい」との前評判を聞き、今年1月18日にオープンした舞鶴「おめんやSIKI.」へ行ってきました。昨今動きが活発化しているこの辛い麺のジャンル。“心地よい辛さやシビレ”が先に立つ魅力であることは間違いないですが、究極その辛さの奥にどのような“うま味”を感じられるかが最大のポイントだと思います。「ただ、辛いだけじゃない……」の先に各作り手の個性、創意工夫が現れて、辛い麺の選択肢も増えてきました。

今回の「SIKI.」でいうと、この“うま味”の感じさせ方がとにかくすばらしかったです。
「担々麺」「酸辣湯麺」とも食べましたが、爽やかな辛味、酸味のなか、繊細な“出汁”の味と香りも楽しめる絶妙のバランスに仕上がっておりました。

店は、福岡法務局すぐ近くのビル2階にあります。
「おめんや(お麺や)って付けておけば、ラーメン、担々麺に限らずどんな麺メニューでも出せるでしょ。『SIKI.』は子供の名前にちなんで」と、屋号の由来から教えてくれた店主の白水欣亮さん。もとは店舗設計の仕事をされていて(店内がオシャレなのも納得)、2011年に一念発起し警固に居酒屋「魚串うず」を開業。ランチで好評を博していた担々麺ほか麺メニューを切り離して姉妹店を開いたという運びです。かつて魚市場でも働いた経験もあったことから魚串が生まれたそうですが、麺を取り入れたきっかけは何だったのでしょう。

「ズバリ、薬院『ゆるり』の担々麺に感動したから。僕はもとより大のラーメン好き。辛い麺にも目がなく食べ歩いていたのですが、特に『ゆるり』の担々麺にどハマりしまして。3年ほど前『魚串うず』のランチでも出させてもらえるようオーナーにお願いしたのが始まりです」。

その後、白水さんは作り手としても担々麺の奥深さに魅入られ独自の味を追求。麺メニューのバリエーションも増やしていくこととなりました。

SIKI担々麺

白水さんが行き着いた担々麺のベースはイリコ、アゴ、昆布の和出汁系です。
自家製チーマージャンの“甘味”、ファージャオ(花椒)の香りも花開く自家製ラー油の“辛味”。中華系の担々麺は黒酢を使うことが多いのですが、出汁感がより立つようにとサラリとした米酢を合わせたほのかな“酸味”。
これらが渾然一体となった深いうま味を確かめるようにレンゲですくう手が止まらなくなります。「スープまで飲み干してほしい」との思いから担々麺の中では優しい味、辛さも控えめである一方、具の豚挽き肉は、脂多めの部位を使い濃い味付けで粗めの食感に仕上げています。濃淡のつけ方がすごく上手ですね。

SIKIスーラータンメン

自家製ラー油をぐるりとふりかける「酸辣湯麺」は、ざっくりと砕いて入れた豆腐が名脇役だと思いました。粘度の高いスープが麺だけでなく、豆腐にもねっとりと絡んできて、熱、ホフッ、至福!
「担々麺」と同じように辛さと酸味は優しく、啜るたびに和風素材の香りが鼻に抜けます。

麺は、担々麺、酸辣湯麺は「ゆるり」から仕入れる中太縮れ。醤油ラーメンや汁なし系は「製麺屋 慶史」の手揉み平打ちと2種をメニューにより使い分けています。
スープは丁寧な手鍋仕立てに。できたて、熱々で出せるのはもちろんですが、ベースのスープ釜が煮詰まらず、ブレが出にくいというメリットがあります。

SIKI麺1
SIKI麺2

左が「ゆるり」製、右が「慶史」製

さらに僕的にうれしかったポイントを2つご紹介します。
1つは卓上のニボ酢。
これが担々麺、酸辣湯麺ともに“むちゃくちゃ”合います。スープにも乾物、節系を使っているからだと思いますが、スゥ〜と馴染んでかつさっぱりと
してくれるんですよね。食べている途中で少量ずつ投入しながら試してみてください。

SIKIニボシ酢

そして2つ目は、通常のレンゲと合わせ“穴あきレンゲ”が用意されていること。
担々麺好きは頷いてくれると思いますが、これってすごくうれしいですよね。スープの底に沈んだヒタヒタの挽き肉って最後の楽しみですから、ストレスなくすくいたいんです。 

サイドメニューには、雲仙ハム丼がおすすめです。雲仙ハムは注文後に焼き目を入れ、真ん中に卵黄をポン! 先の穴あきレンゲですくった挽き肉をのせて、卵を崩して食べればそりゃサイコーですよ。

SIKI

辛さ、シビレの度合いの好みは各自で異なりますが、僕にとってはここのがベストオブベスト。そして、何より「出汁を楽しむ担々麺、酸辣湯麺である」ことを声を大にして言っておきたいと思います。

SIKIメニュー

店舗名

おめんや SIKI.

ジャンル

  • ラーメン

住所

福岡市中央区舞鶴3-2-27 サン舞鶴2F

電話番号

092-791-1713

営業時間

11:00〜15:00

定休日

日曜、祝日

席数

  • カウンター8席
  • テーブル8席

メニュー

担々麺680円、豆乳担々麺730円、納豆担々麺700円、汁なし担々麺770円、酸辣湯麺700円、醤油ラーメン750円、牛肉とレタスのピリ辛つけ麺800円、雲仙ハム丼+250円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月