スペシャリストインタビュー

ケータリング事業で「カフェ ソネス」が躍進中!その成功の秘訣を探る

公開日

最終更新日

ライター葉山 巧

ソネス料理1

「ケータリング ソネス」代表取締役

木下雄貴さん

  • x
  • LINE
UMARABI 新規会員登録はこちらから

あの人気カフェが新たな道を切り拓く

食にまつわるサービスの一つに〈ケータリング〉があります。厳密な定義はないものの、顧客の元に出向いて食事を配膳・提供する……というのが一般的なイメージでしょうか。
各種パーティをはじめ、イベント、アウトドア、ビジネスなど利用範囲は多種多彩。欧米では多くの専門業者がしのぎを削るほど普及していますが、福岡では依然発展途上の分野と言えます。ならば、この市場を本格的に切り拓くのは誰なのか?

それは、薬院で「カフェ ソネス」と「イコネ」を営む木下雄貴さんでした。「ソネス」と言えば、かつてカフェブームを巻き起こし、福岡にカフェ文化を根付かせた立役者。そんなカフェ界の旗手が、今度はケータリングのパイオニアとして支持を集めているのです。その鮮やかな転身の経緯について伺ってみました。

ソネス代表

弁当の差し入れから生まれた“成長の芽”

まず現状を尋ねると「2023年は会社の売上の95%がケータリング、残り5%がカフェでした」と木下さん。すでに事業のシフトチェンジは完了し、競合も少ないため経営は順調のようです。「ケータリングを始めたきっかけは、15年ほど前、ミュージシャンの来福ライブの折にスタッフ用の弁当を頼まれたこと。それが好評で、各所から声が掛かるようになりました」
やがて注文はオードブルへも広がり、キッチンを別途設けるほど大忙しに。そこに成長の芽を見た木下さんは「ケータリング ソネス」を設立し、6年前に公式サイトを開設します。すると予見的中。それを機に、さらに多くの依頼が舞い込むのでした。

ソネス料理3

画像は店舗より提供

福岡というマーケットの可能性

その勢いを加速させたのは、皮肉にもコロナ禍だと木下さんは言います。「当時、カフェ経営の方は本当に大変でした。でも、同時に“店舗での食事にこだわらない”という流れができたのは大きかったですね」。加えて、成長都市・福岡にはモチベーションの高い企業が多いのも好材料だとか。「そうした企業では、パーティをやるにも独創的なものが求められており、僕たちの料理はそんなシーンでもお役に立てると思うんです」

その言葉どおり、テーブルを彩る艶やかな料理はハッと目を奪うものばかり。通常、ケータリング業者はメニュー内容を固定することが多いのですが、「ソネス」では必ず集まりの目的や参加者の年齢を聞き、その都度メニューを組み立てます。昨年手掛けたケータリングは、ホームパーティから大規模レセプションまで1,000件以上。「世界中で、今ここにしかないケータリング」をテーマに、真心こめて顧客と向き合う真摯さが成功に繋がったのでしょう。現在顧客の6割をリピーターが占めるのが、その証です。

ソネス料理2

画像は店舗より提供

店舗経営にはない難しさとは?

と、今後も成長が期待できるケータリング事業ですが、独特の難しさも付随します。「カフェで培った常識や経験はそのまま生かせません。冷めても味が落ちず、固くならず、変色しない料理を作るのに毎回苦労しますね。それに100人単位の注文に対応可能な人手やキッチン、運送・装飾用の機材も必要ですし、何より食中毒が出たらすべて水の泡。ウチではスタッフとディスカッションしながら、HACCPをもとに厳格な衛生環境を心がけています」

続けて木下さんの語ったことも印象的でした。「福岡でケータリングが発展するには、力のある店舗や業者が多い方が絶対に良いのですが、このように越えるべきハードルは高く、“テイクアウトの延長”といった安易な気持ちでは難しいとも思います。新規参入する方は、強い覚悟を持って入って来てほしいですね」

ソネス料理4

画像は店舗より提供

ケータリングがくれた新しい風景

かくして細かな努力を積み重ね、軌道に乗せたケータリングは木下さんにも新鮮な風景をもたらしました。「カフェだけでは出逢えなかった、いろんな方々と親交を結べるのがすごく嬉しくて」と目を輝かせます。
また「ななつ星in九州」の出発パーティでは朝食提供の大役を担ったり、今年5月には100坪以上の新店舗を福岡国際会議場内にオープンしたりといった胸躍る躍進も、ケータリング事業への評価あってこそでしょう。なお新店舗のキッチンはかなり広く、パーティー対応人数も現在の最大500名から2000名へと大幅拡充できるそうです。

さらに「ケータリング ソネス」を法人化したことで取引先が広がり、スタッフが長く安心して働ける環境整備も進行中。「いずれ九州の生産者や自治体とコラボして、ケータリングという形で各地の魅力を発信する」という夢も増えました。
「食を通じて街の発展に関われるのは大きな楽しみですね。そこから生まれる新しい何かに、僕らも刺激をもらえますから」と微笑む木下さん。「とにかくいつもワクワクする仕事がしていたい。その新しい扉を、ケータリングが開けてくれたんです」

「純粋に出会いや仕事を楽しもう」──そんな無垢な姿勢が、木下さんをパイオニアたらしめる理由かもしれません。これからの展開が楽しみな「ソネス」のケータリング。皆さんも会食の選択肢に加えてみませんか?

〈公式サイト〉
Catering SONES https://sones.cc/catering/

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
UMARABI 新規会員登録

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • ワンタップでUMAGAにアクセス!
  • メルマガ会員募集