UMAGAまとめ記事

スタイルいろいろ、福岡で人気の天ぷら店6選

公開日

最終更新日

ライター江月義憲

カメラマン江月義憲

天ぷらまとめメイン
  • LINE

はかたあゆむ(清川)
博多天ぷら ながおか(今泉)
天ぷら たかだ(大名)
美酒美食 かゆう(西中洲)
天冨良 天孝(薬院)
ワインと天ぷら あら木 警固本店(警固)

寿司と並んで和食を代表する料理「天ぷら」。福岡では庶民的な価格で定食が食べられる「ひらお」や「たかお」などが大人気ですが、それ以外にも実に様々なスタイルの店があります。カウンター天ぷらから江戸前の名店、ソムリエがいる店まで、これまでUMAGAでご紹介した6店舗をまとめました。

築80年を超える清川の古民家で、創作天ぷらとワインを愉しむ【はかたあゆむ】

はかたあゆむ01
はかたあゆむ02

天ぷらをつまみながら飲める店として、特にワインとのマリアージュを提案しているのが、清川の住宅街にある古民家居酒屋「はかたあゆむ」です。提供しているのは予約制の「おまかせコース」のみ。店主の置鮎明さんが様々なアイデアを凝らした天ぷらは、自家精米する過程で出る米ヌカを衣に混ぜることで、サクッとした食感に仕上がっています。
豊富な種類が用意された天ぷらの中でも、特にスペシャリテと呼ぶべき名物が「半熟煮玉子の天ぷら」です。箸を入れると中からトロ〜リとあふれ出す黄身がたまりません。天ぷらに合わせるワインはフランス産を中心にしたオーソドックスな品揃えで、天つゆに隠し味としてワインを加えて食材の味と香りの相性をさらに高めています。客席は畳敷きの和室か洋室のテーブル席、カウンター席が用意されているので、人数やシチュエーションによって選べます。古民家ならではの温かい雰囲気の中で、気のおけないひと時を過ごすことができます。

「はかたあゆむ」のくわしい記事はこちら

天ぷらを気軽につまみながら飲める、カウンター天ぷら酒場【博多天ぷら ながおか】

ながおか01
ながおか02

カウンターで天ぷらをつまみながら飲める酒場として絶大な人気を誇っているのが、上人橋通りの中ほどにある「博多天ぷら ながおか」です。店内はオープンキッチンを囲んだカウンターのみで、席に着くとまず登場するのが冷製茶わん蒸しに生ウニとイクラを乗せたお通しの「ウニプリン」。利益度外視という超目玉品で、国産減農薬栽培のレモンを凍らせた名物の「ながおかレモンサワー」と一緒に頼むのがテッパンの組み合わせです。
季節の食材を使った天ぷらは野菜、魚介の定番から、人気ナンバーワンの「和牛の天ぷら」、フルーツ大福など30種類以上のラインアップ。どれにしようか迷った時は「定番天ぷら6種」か「旬の天ぷら7種」がおすすめです。天つゆのほか、海塩、ヒマラヤの岩塩、八女茶を使った抹茶塩が用意されているので、タネに合わせて好みの味付けが選べます。シメには「天丼」や「揚げおにぎり」などが用意され、最後までカウンター天ぷらを堪能できます。

「博多天ぷら ながおか」のくわしい記事はこちら

大名エリアで天ぷらと寿司が両方楽しめる貴重な和食店【天ぷら たかだ】

たかだ01
たかだ02

若者向けの店が多い大名にあって、天ぷらと寿司の両方をコースで楽しめる貴重な店が「天ぷら たかだ」です。カウンターのみ8席のこぢんまりとした店内で、店主の高田祐二さんが天ぷらと寿司を対面で提供してくれます。メニューは「おまかせコース」のみで、2日前までの完全予約。本マグロの手巻き寿司を皮切りに4〜5品ほどの一品料理、お造りや鯛出汁の茶碗蒸し、天ぷら、にぎり寿司といった流れのコースを堪能することができます。
季節の食材を使った天ぷらは10品ほどで、天つゆの他にフランス・ゲランド産の天然塩に利尻昆布でとった出汁で煮詰めた昆布塩と自家製の塩麹が用意されています。にぎり寿司は3種類の赤酢をブレンドしたシャリに様々な仕事を施したネタを合わせた創作寿司が4貫ほど。天ぷらと寿司という和食を代表する二大料理が両方味わえて、しかもそれぞれが専門店を凌駕するレベルの高さ。たびたび訪れたくなる大人の和食店です。

「天ぷら たかだ」のくわしい記事はこちら

天ぷらは50種類以上! 何を食べてもハズレなしの小料理屋【美酒美食 かゆう】

かゆう01
かゆう02

西中洲の裏路地にある「かゆう 美酒美食」の店主・北村健治さんは、一流ホテルで長く修行した和食料理人。オープン当初は一品料理を中心とした小料理屋でしたが徐々に天ぷらが評判になり、今では一品料理と天ぷらがそれぞれ50種類以上というラインアップが揃っています。あまりにも種類が多くて選びきれないという人には、海老2本、魚3品、野菜5品の「天ぷら盛り合わせ」がおすすめです。
西中洲という場所柄もあり、天ぷらは基本的に酒のアテを前提としたもの。その代表格が「明太子の一本揚げ」で、博多を代表する「ふくや」の辛子明太子を丸ごと一本大葉に巻いて揚げています。外側はわずかに火が通り、中身はレアな生明太子のままという仕上がり、これはもうお酒と一緒でないと頼んではいけない一品です。人気店なので、予約は必須。オーダーストップも21時と比較的早めなので、ここで天ぷらを楽しんだ後に2軒目、3軒目と流れるのもいいですね。

「かゆう 美酒美食」のくわしい記事はこちら

銀座の老舗の味と技術を継承する、江戸前天ぷらの名店【天冨良 天孝】

天孝01
天孝02

「ミシュランガイド福岡・佐賀 2014」で、天ぷら店としては福岡で初めて星を獲得した「天冨良 天孝」。江戸前天ぷらの老舗・銀座「天一」出身の先代が創業して35周年を迎えた2022年、創業者の甥であり同じ「天一」で修行した内田諭志さんが店を引き継ぎました。伝説的な店舗デザイナー故・江里好継氏の設計による店内は、無駄な装飾が一切ない美食のための空間です。
提供する料理は「おまかせコース」のみで、夜は刺身、先付、天ぷら10品ほどに、ご飯物、果物という構成。江戸前天ぷらに欠かせない車海老は足の素揚げでカリッとした歯ごたえを楽しんだ後に、1本目は塩だけで海老の旨味を堪能し、2本目は衣に天つゆを染み込ませることで味の変化が楽しめるという嬉しい趣向です。ご飯物は天丼か天茶が選べ、天丼は茶碗の蓋を取ると海老のかき揚げの上に乗った柚子の香りが広がります。随所に江戸前の粋を感じることができる名店です。

「天冨良 天孝」のくわしい記事はこちら

いち早くワインに天ぷらというスタイルを確立したパイオニア【ワインと天ぷら あら木 警固本店】

あら木01
あら木02

ソムリエの荒木剛さんが、大名に「ワインと天ぷら あら木」を創業したのは2010年のこと。福岡で天ぷらとワインのマリアージュを提案する店をいち早く開店した先駆者といえます。現在、福岡市内にある3店舗の中でもオーナーソムリエの荒木さんがカウンターに立つ警固本店は、一品料理も加えた「おまかせコース」のみの提供。料理に合わせたワイン5種の「ペアリングセット」と一緒に注文するのがおすすめです。
荒木さん自ら揚げる天ぷらは、厳選した食材を使った創作性の高いもの。イカの天ぷらとカラスミにシャンパーニュ、フォアグラとサツマイモにピノノワールを合わせるなど、意外性がありながらも秀逸なペアリングです。箸休め的な小鉢と季節の果物を使ったサラダをはさみながら、シメのご飯物まで楽しめます。警固本店の他にもアラカルトで注文できる大名店、立ち飲みスタイルでカジュアルに楽しめる都ホテル店があるので、TPOに合わせて使い分けてください。

「ワインと天ぷら あら木 警固本店」のくわしい記事はこちら

各店の記事全文はこちらから
このまとめ記事は各店記事の公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

はかたあゆむ

ジャンル

  • 天ぷら

住所

福岡市中央区清川3-17-13

電話番号

092-406-9448

営業時間

17:00〜23:00(完全予約制)

定休日

不定

席数

  • カウンター4席
  • テーブル18席

個室

2〜8名

メニュー

おまかせコース4,400円、6,600円、8,800円

店舗名

博多天ぷら ながおか

ジャンル

  • 天ぷら
  • 居酒屋

住所

福岡市中央区今泉2-4-11メゾン・ドール・今泉Ⅱ番館1F

電話番号

092-752-8200

営業時間

17:00〜OS22:30

定休日

火・水曜

席数

  • カウンター17席

個室

なし

メニュー

天ぷら180円〜、定番天ぷら6種980円、ゴマサバ980円、のり天トロたく680円、トリュフのポテサラ880円、揚げおにぎり380円、天丼680円

店舗名

天ぷら たかだ

ジャンル

  • 寿司
  • 天ぷら

住所

福岡市中央区大名2-2-57藤和サンコープ1F

電話番号

092-771-2022

営業時間

18:00〜(一斉スタート・2日前までの完全予約制)

定休日

日曜

席数

  • カウンター8席

個室

なし

メニュー

おまかせコース14,300円

店舗名

美酒美食 かゆう

ジャンル

  • 天ぷら
  • 居酒屋

住所

福岡市中央区西中洲5-3

電話番号

092-752-6779

営業時間

18:00〜OS21:00

定休日

不定

席数

  • カウンター4席
  • テーブル10席

個室

なし

メニュー

天ぷら300円〜、天ぷら盛り合わせ(10品)3,800円、エツの南蛮漬け650円、ちくわポテサラ700円、あじフライ1,000円、うなきゅう1,850円、牛テール黒こしょう焼き2,250円

店舗名

天冨良 天孝

ジャンル

  • 天ぷら

住所

〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院2-4-26ライオンズマンション薬院第5-1F

電話番号

092-771-7387

営業時間

12:00〜(一斉スタート)/18:00〜入店19:30(日曜は夜のみ営業)

定休日

月曜

席数

  • カウンター8席
  • テーブル4席

個室

2〜4名

メニュー

昼のコース5,500円(前日までに要予約)/夜のコース16,500円(当日午前中までに要予約)

店舗名

ワインと天ぷら あら木 警固本店

ジャンル

  • 天ぷら
  • ワインダイニング・ワインバー

住所

福岡市中央区警固2-18-13オークビル1-5F

電話番号

092-715-1610

営業時間

18:00〜24:00

定休日

日曜

席数

  • カウンター6席
  • テーブル4席

個室

なし

メニュー

天ぷらコース4,000円、ワインペアリング5,500円、グラスワイン1,200円〜

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • ワンタップでUMAGAにアクセス!
  • メルマガ会員募集
  • UMAGAライター募集中!