ザ・プレミアム・モルツ『神泡美味礼賛』

第4回「相性抜群!神泡といただく肉料理」

公開日

ライター中野智恵

カメラマン岡浩之

UMAGA

今回紹介するお店

「焼肉ヨーコ」「勝手場ごった」

  • LINE

「新しいご馳走の発見は、人類の幸福にとって天体の発見以上のものである」。
―ブリア・サヴァラン「美味礼讃」ー

サントリーが最良の原料と製法で完成させた“これぞ、高級ビール”「ザ・プレミアム・モルツ」。
ビールと料理の幸せなマリアージュを紹介するのが、ザ・プレミアム・モルツ『神泡美味礼賛』シリーズです。
いざ、新しいご馳走を発見すべく、お店に足を運んでみましょう。

【焼肉ヨーコ】
高級焼肉店が仕掛ける“場末の焼肉店”

夜の帳が降りる頃、人通りも少ない港1丁目に場末感たっぷりの焼肉店「焼肉ヨーコ」の灯りが燈ります。この店は春吉にある焼肉の名店「焼肉すどう」のオーナーシェフ・須藤悦男さんが昨年5月にオープンしたカジュアルな焼肉店。「〈焼肉すどう〉よりもカジュアルで、場末感のある焼肉店をつくりたかった」という須藤さんの狙い通り、赤いシェードに赤いテーブル、赤い椅子と、店内外ともに昔ながらの焼肉店の空気感が漂い、なんだかワクワクします。

焼肉ヨーコ
焼肉ヨーコ
焼肉ヨーコ

猛暑の中、汗をかきかきお店へ辿り着き、まずはプレミアムモルツをオーダー。
キンキンに冷えたグラスに口をつけると、ふわっとシルクのようなクリーミーな神泡が唇を包み込みます。あー、これぞまさに“生き返る命の水”のよう。「プレモルは料理との相性も抜群ですが、食事前に飲むと、その美味しさがダイレクトに伝わりますね。まず、1杯目に飲みたいビールです」と須藤さんも太鼓判。その言葉通り、1杯目のプレモルはその華やかな香りや深いコク、美味しさが直球で伝わってきます。

さあ、いよいよお肉の登場です。今回オーダーしたのは人気の「飲めるロース」(1,650円)と「タン塩」(1,760円)、「ハラミ」(塩・1,650円)の3品。ロースとハラミは九州産黒毛和牛、タンはアメリカ産ですが最上級ランクのモノを使っています。肉の目利きとして、全国の肉通たちの間でも名が知られる須藤さんがセレクトしたお肉は間違いない美味しさです。

焼肉ヨーコ
焼肉ヨーコ

「飲めるロース」は、細切りにしてオリジナルのタレをまぶしたロース肉を一皿分ドンとロースターに乗せて焼くのが“焼肉ヨーコ流”。「赤いところが残るくらいの方が美味しいですよ」という須藤さんのアドバイスを受け、少し半生で皿に移し、とき卵(100円)につけていただきます。口溶けがよく、まさに「飲めちゃう?」くらいの柔らかさと滑らかさ。

「うちの焼肉にはこの薬味が合いますよ!」と須藤さんが教えてくれたのが、刻みにんにくにネギとゴマ油を合えたオリジナルの「にんにく薬味」。これ、なんと無料(おかわりも!)。肉だけでも十分に美味しいのですが、これをつけると味変も楽しめ、新たな美味しさに出会えます。

また、グランドメニュー以外に、日替わりメニューも壁に貼ってあるので、こちらもチェックです。

焼肉ヨーコ

【勝手場ごった】
黒毛和牛のさまざまな部位を食べ比べ!

次に伺ったのは、今話題の「天神ビジネスセンター」地下2階のレストランフロア「天神イナチカ」にある「勝手場ごった」。東京で数多くの飲食店を手がける「株式会社アートケイズ」が手がける初の肉炉端です。

実はこちら、8月8日からディナーメニューを大きくリニューアルしたばかり。オープン当初から鶏や豚など、お肉をたっぷりと味わえる肉炉端として人気でしたが、「福岡のみなさんは食への意識が高いので、思い切って黒毛和牛に絞りました」(ホール責任者・塚本ゆきなさん)と、看板メニューを黒毛和牛の炉端焼きに。早速オーダーしてみました。

こちらが「黒毛和牛お肉ごった盛り」(4〜6人前・4,928円)。ロース・カルビ・カイノミ・テール・ハツ・レバー・ハラミ・ランプなどの中から、その日仕入れられた美味しいところが4〜5種類提供されます。身の旨味や柔らかさ、脂の入り方や甘み、それぞれの部位によって味の違いを楽しめます。グループで行って、みんなでワイワイ味わいたいですね。

もちろん、ドリンクはお肉と相性抜群のプレモルで。「飲みやすいし、うちの料理とも相性がいいとお客様にも大好評です。うちは一升瓶で提供するワインも揃えていますが、やっぱりプレモルが一番人気ですね!」と塚本さん。

勝手場ごった
勝手場ごった

お肉には3種の自家製タレがついています。左から「山わさび醤油」「紅しょうが味噌」「青唐辛子の九州醤油漬け」。どれもひとヒネリあってピリ辛です。

続いて「和牛ればかつ」(1枚308円)と「丸ごとトマトのお浸し」をいただきました。このカリッカリのレバー、映えますね! お肉が続いたのでトマトで口の中をさっぱりと。出汁が効いたトマトがいいですね。大葉の香りも効いています。

ほかにも低温調理した「みっくすホルモンお刺身」(858円)など、魅力的なメニューにそそられます。「実山椒の焼きおにぎり」(528円)や「肉みそおにぎり」(2個638円)、「餅コチュジャンの磯部焼き」(638円)などはシメにもいいけど、おつまみにもなりそうです。
まだまだ猛暑が続きますが、お肉とプレミアムモルツで元気復活。
猛暑、いや酷暑を元気に乗り切りましょう。

この記事はサントリーの提供でお届けしました。

店舗名

焼肉ヨーコ

ジャンル

  • 焼肉・ホルモン焼き

住所

福岡市中央区港1-4-16

電話番号

092-791-8547

営業時間

17:00〜OS22:00

定休日

不定

席数

  • カウンター10席
  • テーブル16席
  • 小上がり8席

個室

なし

メニュー

ハラミユッケ1,650円、タン塩1,760円、ハラミ(塩・タレ)1,650円、飲めるロース1,650円、塩ミノ1,100円、ホホ肉ネギポン酢880円、キムチ330円、冷麺880円

店舗名

勝手場ごった

ジャンル

  • ダイニングバー
  • 肉料理

住所

福岡市中央区天神1-10-20天神ビジネスセンター地下2F

電話番号

092-406-7724

営業時間

11:00〜OS22:00

定休日

なし

席数

  • カウンター10席
  • テーブル22席

メニュー

黒毛和牛お肉ごった盛り1人前2,178円・2〜3人前3,278円・4〜6人前4,928円、みっくすホルモンお刺身858円、半熟卵のポテトサラダ638円、和牛レバー炙りネギまみれ858円、コロコロめんちかつ748円、ケールとミニトマトのシーザーサラダ858円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)