焼鳥ではなく「鳥焼肉」という新境地【3】

九州初上陸の「Senca鶏」を、熱々の焼肉スタイルで頬張ろう!

公開日

ライター葉山巧

カメラマン葉山巧

鳥玄top

白金

鳥焼肉 鳥玄

  • LINE

未知なる食材との出会いは、さまざまな飲食店を訪ねる楽しみの一つ。新たな扉が開かれ、その産地や生産者と繋がるような高揚感を覚えるんですよね。そんな出会いが、鶏料理専門店「鳥焼肉 鳥玄」でも待っていました。食材の名は、兵庫県播州産の希少銘柄「Senca鶏」です。

鳥玄店内1

西鉄薬院駅から徒歩4分。18時半までに入店すれば、通常1,600円の飲み放題が500円になるハッピーアワーがあると聞き、少々早めの訪問です(笑)。
店主兼料理長を務めるのは、以前大阪で「Senca鶏」を食べて虜になった遠藤憲孝さん。生産元と交渉を重ね、「あの感動を福岡にも広めたい!」との心意気で2020年3月に「鳥玄」を立ち上げました。大阪の著名建築家が手掛けたその店内はシック&アダルトな表情。デートにも良さげですね。

鳥玄店内2

一方、それとは異なる趣で目を惹いたのが全8席の半個室。壁一面の書が渋いレトロモダンを醸しだし、なんともセンスの良さを感じさせます。これは京都府指定無形文化財「黒谷和紙」を手掛ける職人兼アーテイストによる作品だそうです。

鳥玄料理1
鳥玄料理2

さてメニューを見ると、コース、セット、アラカルトと選びがいあるラインナップ。この日は一番人気の「満喫コース」(3,400円、注文2人前~)をオーダーしました。
冒頭を飾る「本日の1品」は、味噌と一緒に炊いた鶏ミンチを乗せた鶏味噌豆腐。柔らかな甘味に仕込みの丁寧さがうかがえます。
2品目はたっぷり脂肪を蓄え、フォアグラ級のうまさを備えた肝=「Senca鶏の山うに」です。深みある山吹色に劣らぬ、濃厚な風味と食感が舌をまったりと包みます。

鳥玄料理3
鳥玄料理4

3品目の「パリパリサラダ」で口をリフレッシュさせたら、続いては「しな天」を賞味。手羽元をチキンカツにして三杯酢をかけた料理で、これまた酢の効果でサッパリとした後口です。意外とクセになる味わいで、次回は単品で頼んでみようかな?

鳥玄料理5
鳥玄料理6

それを平らげると、いよいよクライマックスの「焼きもの10品」です。1皿目は上から順に、手羽先、はらみ、つくね、とろ皮、せせり西京焼き、そして中央に特選ももという顔ぶれ。もちろん目玉は「Senca鶏」で、この中ではとろ皮、つくね、特選ももが使われています。
少し時間を置いて、色艶の美しい砂ずり(上)とハツ、野菜2種を盛った2皿目も到着。「Senca鶏」以外の国産鶏を使った部位も、厳しく吟味された良品なのは言うまでもありません。

鳥玄料理7

鳥玄」では、この“鶏焼”が主力料理。「焼鳥よりも冷めにくく、臨場感ある食べ方だと思うんです」と遠藤さん。勧めに従い、まずは「Senca鶏」の3部位にジリジリと火を通します。「この鶏の特徴は脂の甘さ。それから親鶏特有の歯応えの中に、繊細な柔らかさがあるのも魅力ですね」
食してみると、その言葉すべてが当てはまる美味。甘味が豊かでジューシーで、優れた飼育環境が生みだす綺麗な風味は秀逸の一語でした。

鳥玄料理8

次は皿に添えられたローズマリーやタイムを置くと、鉄板の上でハーブの香りがパッと弾け、食材にふくよかな表情が加わりました。味変ならぬ“香変”とは粋な仕掛けです。
おっ?と思ったのは隠し包丁の入った「手羽先」。1枚肉のように開いて焼くため火の通りがスピーディーで、骨の部分を外してカリカリに焼けば、旨味の強い骨周りの肉も余さず食べられます。
この他、部位をそれぞれ適切なサイズでカットしたり、服に匂いがつかないよう煙の出ないサムギョプサル用の鉄板を採用したり……と、随所に散りばめた細かな工夫が食事を気持ち良くサポートしてくれました。

鳥玄料理9

鶏焼を十分堪能したところで、最後にシメの「鶏ぞうすい」が登場。兵庫の醤油に椎茸といりこを合わせた出汁に、若鶏のもも肉を加えた一杯はスルリと快く胃袋へ。要望があれば、卵かけご飯にも変更できるそうですよ。

なるほど、これは確かに「満喫」保証つきのコース。最近増えている東京・大阪からの客たちも、そのコスパに感激して帰途につくことでしょう。福岡で拡大の気配を見せる鶏焼ですが、「鳥玄」がそこに勢いを注ぐ一軒になるのは間違いありません。

鳥玄メニュー1
鳥玄メニュー3
鳥玄メニュー4

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

鳥焼肉 鳥玄

ジャンル

  • 焼肉・ホルモン焼き

住所

福岡市中央区白金1-16-15-1F

電話番号

092-406-5964

営業時間

17:00〜OS22:30

定休日

不定

席数

  • カウンター6席
  • テーブル30席

個室

なし

メニュー

満喫コース3,400円・贅沢コース4,400円(以上注文2人前〜)、プチコース2,400円、得々セット3,600円(2人前)、Senca鶏モモのたたき900円、平戸のばあちゃんのアゴ出汁からあげ(5個)640円、ヨシ子のアジフライ(2枚)540円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • ワンタップでUMAGAにアクセス!
  • メルマガ会員募集
  • UMAGAライター募集中!