デビ高橋の「ごぶさたしてます」【23】

店主がその日の分だけ時間をかけて丁寧に仕込みをしている焼鳥屋

公開日

最終更新日

ライターデビ 高橋

カメラマンデビ高橋

荒戸

やきとり 鳥すけ

デビ高橋

福岡グルメや福岡ランチを紹介しているブログ「デビログ」を運営。「お肉博士1級」の資格も持ち、グルメ関連のキュレーター・講師・審査員を務めたり、福岡のテレビ・ラジオで活躍中。著書は「15年間毎日外食して、1万軒を食べ歩いた『デビログ』が見つけた福岡グルメの答え全100店」(KADOKAWA)。インスタID:devi_takahashi

  • x
  • LINE
UMARABI 新規会員登録はこちらから
やきとり鳥すけ 外観

この焼鳥屋は大濠公園の近くで、明治通りから1本入った路地に佇んでいる。

「ようやく来れたよ。2回も予約を断られたけんね。」
「いやいや、たまたまタイミングが合わなかっただけですよ。」
そこには全身真っ黒に日焼けした店主の毛利英祐さんがニコニコしていた。

やきとり鳥すけ店主

毛利さんは福岡県の出身で、ホテル専門学校を卒業後、ホテルオークラ東京や福岡の焼鳥屋などを経て、2006年に「やきとり 鳥すけ」をオープンした。当時、東京では豚バラを出す店がなかったので、福岡に戻って豚バラを出す焼鳥屋をやりたかったらしい。

「ん? だったら東京で豚バラを出す焼鳥屋をやればよかったやん。」
「どうしても福岡に戻ってきたかったんです。」
と毛利さん。趣味がサーフィンということもあり、海が近い福岡に戻ってきたかったのかもしれない。今でも夏は宮崎の日向海岸に、秋と冬は糸島の方に毎週行っているとのこと。

やきとり鳥すけ 焼き場

毛利さんは「鶏は鮮度が命」という信条なので、冷凍ものや前日に仕込んだものは一切使わず、毛利さん自身がその日に提供する分だけを時間をかけて1本1本丁寧に仕込んでいる。野菜巻は事前に仕込んでおくと水気が出てくるので、オーダーが入ってから巻くというこだわりようだ。
ブランド鶏は使っていないが、自分で仕込みをしているからこそ、良い鶏肉かどうかがわかるらしく、仕入れる際にちゃんと確認しているとのこと。

焼鳥の提供も、お客の食べるスピードを見ながらしてくれるので、常に温かいものが食べられるのは嬉しい。
鮮度抜群の焼鳥と行き届いたサービスで、オープン直後から美味いと評判になり、2008年には隣りの場所も借りて規模を拡張するほどになった。
その後、しばらくは順調だったが、2018年に2番手の職人が辞めるタイミングで店の規模を縮小することになった。ちょうどコロナ禍前だったので、縮小したタイミングも良かったようだ。

毛利さんとは、この店ができてからすぐに知り合ったので、かれこれ17年くらいの付き合いになる。当時私は大濠公園の近くに住んでいたので、マンションの理事会後に大人数で行ったり、1人でふらっと寄ったりしていた。

やきとり鳥すけ 地鶏のたたき

メニュー右上にある「おすすめ」部分がほんとにオススメで、「地鶏のたたき」(780円)は表面を焼いてから氷水で締めたりせず、すぐに切って提供されるので温かい! 大根おろしや大葉、ミョウガなどの薬味や柚子胡椒と一緒に食べると最高だ。

やきとり鳥すけ メニュー
やきとり鳥すけ 特製豚足

また、数種類の香味野菜で長時間煮込まれた「特製豚足」(390円)はクセがなく、外側がカリっと焼かれていて、酢醤油にぴったり合う。

やきとり鳥すけ 砂ずり刺身

そして、新鮮な「砂ずり刺身」(650円)は、鮮やかなワイン色でコリコリ食感がたまらない。

もちろんここの真骨頂である「エノキ巻」(200円)や「オクラ巻」(200円)などこだわりの野菜巻きも外せない。

やきとり鳥すけ 鳥かわ

個人的にはタレの「鳥かわ」(130円)をカリカリに焼いてもらい、からしで食べるのが好き。ここの「鳥かわ」は、グルグルに巻かれたいわゆる「博多とりかわ」ではないが、カリカリ具合いが半端なくてうまいのだ。

やきとり鳥すけ 豚バラ
やきとり鳥すけ 肝

他にも「豚バラ」(150円)は歯ごたえが良いし、新鮮な「肝」(150円)は濃厚で、タレが美味い。

やきとり鳥すけ 内観

機会があれば是非、店内に流れる歌謡曲のBGMを聴きながら、こだわりの焼鳥を食べていただきたい。ちなみに時間が経ったら美味しくなくなるという理由からテイクアウトはやっていない。
これからもこの場所で、頑固おやじがやっている、お手頃価格で食べられる渋い店を目指してほしい。

やきとり鳥すけ メニュー2

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

やきとり 鳥すけ(店舗写真

ジャンル

  • 焼鳥

住所

福岡市中央区荒戸1-2-6

電話番号

092-725-7176

営業時間

17:30~OS21:30

定休日

日・祝日

席数

  • カウンター10席
  • テーブル16席

個室

なし

メニュー

地鶏のたたき780円、砂ずり刺身650円、特製豚足390円、きざみわさび100円、豚バラ150円、プチトマト巻220円、ズッキーニ巻220円、雲仙ハム180円、ポテトサラダ380円、焼おにぎり250円、生ビール500円、ブラックニッカハイボール400円、レモンサワー400円、グラスワイン400円、焼酎350円~

喫煙について

喫煙可能スペース有り/屋外
  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
UMARABI 新規会員登録

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • ワンタップでUMAGAにアクセス!
  • メルマガ会員募集