From SNS

麺道楽「への」の外麺家麺山麺

公開日

ライターへの

カメラマン升谷知夫

麺屋澄々アイキャッチ

升谷知夫

福岡のガラケーならぬ、ガラ麺ブロガー。「への」のアカウントでブログというシステムが始まる前から日記サイトで麺日記を発信し続けて20年以上。最近はSNSで福岡の居酒屋やスイーツ、家飲みのアテや山で食べる麺など、福岡喰いしん坊情報も発信中。https://www.instagram.com/henokyon/

  • LINE

9月15日(水)
豊前裏打会の人気うどん店「うどん満月」が、系列店?としてラーメン店「クモノウエ」を明日グランドオープン。
 今日のプレオープンには、オープンに向けスタッフが修行した「佐賀らーめん いちげん。」店主がヘルパーでホールに立ち、開店へ親身に助言された「南京ラーメン黒門」店主の姿も。
 紆余曲折あって、まずは佐賀らーめん いちげん。リスペクトの本格佐賀ラーメンを提供されるとか。グイッとダシの効いたスープの旨みを存分に楽しみつつ、うっとり完食。
@kumonoue_ramen
北九州市八幡西区鷹の巣1-19-7

ソラノウエ1

9月16日(木)
かつてはラーメン=豚骨だった福岡市に、またもや醤油&塩ラーメン店がオープン。
 今月オープンらしき「麺屋澄々」の麺メニューは醤油の「琥珀」、塩の「真珠」につけ麺だろうか?「釜揚げ」の3種。
 お店の方に勧めていただいた「琥珀」は、淡く優しい味わいが、どこか和風。盛り付けも、チャーシューがスライス肉で豚しゃぶ風だし、器の縁に味噌が添えてあっる。創意工夫がなされたハイスペック仕様の佇まい。
 ここ冷泉公園周辺は、豚骨では格安豚元祖「はかたや」に、「元祖長浜家2」に「うま馬」。そして「月光軒」、「月や」、「三馬路」に「担々麺しま屋」など、色んなタイプの麺屋が密集する福岡麺天国状態だ。

麺屋澄々2

へのさんのfacebook(https://www.facebook.com/tomoo.masutani)からご本人の承諾を得て転載しています。

\ この記事をシェア /

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月