博多駅でリゾート気分に? 九州初出店の台湾ヘルシーカフェへ

公開日

最終更新日

ライター森絵里花

カメラマン森絵里花

博多駅 DAYLILY

博多駅

DAYLILY KAMPO STAND 博多マルイ店

  • LINE

今年4月、台湾発の漢方ライフスタイルブランド「DAYLILY(デイリリー)」が九州初上陸。博多マルイ1階に開店したショップには、養生スープ&BAO専門店「DAYLILY KAMPO STAND」も併設しているとのことで、気になり行ってきました。

博多駅 DAYLILY

お店があるのは、博多マルイ1階の上りエスカレーター側。テーマカラーのオレンジ色が目印です。向かって右側には、“台湾のように漢方が身近にある生活を届けたい”との思いで生まれた「DAYLILY」の商品がズラリと並んでいます。

商品は帰りにチェックするとして、まずは「DAYLILY KAMPO STAND」へ行きましょう。こちらのスタンドは「心斎橋パルコ店」に続く2号店で、台湾屋台からヒントを得たヘルシーフードが楽しめるそうですよ。

博多駅 DAYLILY

こちらの名物である「BAO(バオ)」とは、台湾発のスナックフードのこと。本場では「刈包(グアパオ)と言い、中華まん生地にさまざまな具材を挟んだハンバーガーのような一品です。

ドリンク、スープ、BAO(バオ)はそれぞれ単品注文できますが、セットメニューも多数。肉・魚・卵・白砂糖・乳製品不使用のヴィーガンメニューもありました。

博多駅 DAYLILY

注文を終えたら、左側のイートインスペースへ。リゾートチックな椅子やタイル張りの床が可愛いですね。カウンターには充電用コンセントも備え付けられているので、仕事の合間のランチやお茶にも重宝しそうです。

博多駅 DAYLILY

こちらは2種類のBAOとドリンクが選べる「BAOBAOとドリンクのセット」(1,240円)です。左の「ヴィーガンBAO 台湾角煮風」は食べて驚き! 間に挟んであるのは、甘辛く煮込んで角煮のような味と食感に仕上げたお麩でした。フワフワしっとりとした生地も美味し〜。ほんのり漂う五香粉の香り、高菜炒め、ザクザクのピーナッツ粉もいいアクセントになっています。

右の「ヴィーガンBAO タロイモクリーム」は、台湾定番のデザート食材「タロイモ」で作るなめらかなクリームが主役。素朴な甘味で、あっさりとした豆乳ホイップもよく合います。ドリンクは「DAYLILY」特製の「酸梅湯(サンメイタン)」。火鍋や脂っこいものと一緒に飲まれることが多い、台湾では定番のドリンクだとか。青梅の甘酸っぱさがスーッと広がります。

博多駅 DAYLILY

続いては、養生スープ・BAO・ドリンクが選べる「DAYLILY KAMPO STANDセット」(1,420円)をご紹介しましょう。

ドリンクは「EAT BEAU TEA(食べて綺麗になるお茶)Lovely Day」を選びました。和漢素材「洛神花(ラクシンカ)」「山査子(サンザシ)」を主体に、潤いを与えてくれる氷砂糖を合わせた一杯です。台湾では食後の定番茶だそうで、こもった熱をとってくれる働きもあるそうですよ。

博多駅 DAYLILY
博多駅 DAYLILY

「ヴィーガンBAO パイナップルケーキ風」は名前の通り、台湾の名物土産である「パイナップルケーキ」を再現した一品です。パイナップル餡はフルーティーでジューシーな食べ心地。和漢素材である「クコの実」「南瓜の種」もトッピングされています。

「牛肉麺(ニューローメン)風」は、醤油や豆板醤をベースにしたピリ辛の台湾養生スープ。 「牛肉麵」は屋台や家庭でもよく作られる台湾ソウルフードの一つで、「DAYLILY」では「丁香(チョウコウ)」や「八角(ハッカク)」などの体を温める和漢素材を加えています。柔らかく煮込まれた牛スジ肉や根菜の旨味と漢方食材の香りが溶け合って、クセになる美味しさです。

博多駅 DAYLILY

写真:店舗提供

さらには、博多マルイ店オープンを記念して登場した「台湾ヘルシーアフタヌーンティーセット」(1人2,400円・2名〜)にも注目を。ミニヴィーガンBAO、ナツメサンド、仙草ゼリー、山査子スティック、選べるドリンク、お土産用のパイナップルケーキまで付いて豪華ですね。アジアンリゾート気分で、優雅なティータイムが過ごせそうです。

博多駅 DAYLILY
博多駅 DAYLILY

そして最後はショップをチェック! 和漢植物由来のハーバルシロップやコスメ、台湾雑貨などがズラリと並んでいます。イートインで味わった「酸梅湯」や「Lovely Day」などの漢方薬剤師監修のお茶や、「DAYLILY」オリジナルの「台漢土鳳梨酥(パイナップルケーキ)」(3個セット1,500円・写真右)も購入できますよ。パッケージもおしゃれなので、ギフトにもオススメです。

食べて飲んで、美味しく漢方を取り入れられるなんて、これはハマりそう。疲れた時にもサクッと立ち寄ってリフレッシュできそうですね。

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

DAYLILY KAMPO STAND 博多マルイ店

ジャンル

  • アジア料理

住所

福岡市博多区博多駅中央街9-1 博多マルイ1F

電話番号

092-577-1615

営業時間

10:00〜21:00(イートインはOS20:30)

定休日

施設に準ずる

席数

  • テーブル25席

メニュー

仙草茶、酸梅湯 各450円、EAT BEAU TEA 3種飲み比べセット850円、台湾養生スープ650円〜、ヴィーガンBAO 520円、セットメニュー720円〜

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)