1万円アンダーの至極の寿司コース【1】

おしどり夫婦のもてなしにほっこり。港エリアで人気の寿司店

公開日

最終更新日

ライター葉山巧

カメラマン葉山巧

鮨しま

鮨しま

  • LINE

人通りの少なさを闘志に変えるのか、または「あえてここで挑戦を!」なのか。理由はどうあれ、閑静なウォーターフロント、中央区港で人気を博す飲食店には独特の個性・実力・覚悟を感じます。そうした店の一つに「鮨しま」が加わったのは2019年のことでした。

鮨しま外観

那の津通りの「港町」交差点から150mほど歩くと、隠れ家めいた場所に看板の灯が見えます。そこからもう少し進むと港湾エリアで、都心部とは異なる風の感触がそれを教えてくれました。しかし海が近いというだけで、不思議と気分が上がるのはなぜでしょう?

鮨しま

高揚感を抱えたまま入店すると、目の前には7席のカウンター。シンプルで無垢な感じの店内は、非日常の凛とした表情とカジュアルさがうまく溶けあった快適空間です。「プロポーズの日と結婚記念日は必ずここで……というお客様もいらっしゃいます。本当に有り難いことですね」と、店主の中島彰則さんが心からの笑みを浮かべました。

父は久留米の寿司屋で、地元の医者やアッパー層に愛される「広又甚六」の店主。2人のいとこもミシュラン1つ星の「甚六鮨」(久留米)や「すし六香」(中央区赤坂)を営むという“寿司一家”に生まれた中島さんは、自身も父のもとで修業を始めます。そして次の修業先である小倉の名店、「寿司 もり田」で人生を動かす出会いが待っていました。先代大将の森田順夫さんから、厳しい指導を通して職人に不可欠な“寿司のこころ”を学ぶことができたのです。
名匠の誉れ高い森田さんは今春惜しくも他界されましたが、中島さんは今でも師の背中を追いかけていると言います。「優しくて温かく、奥ゆかしい大将の寿司が僕にも握れたら──。そんな目標があるから日々の努力に向き合えるんです」。

鮨しま
鮨しま

そうした意志がこもる9,900円のコースは、この小鉢からスタート。丹念に取った一番出汁に、秋田産のジュンサイとうずらの半熟卵を浮かべ、つるりと飲み干す一品です。澄んだ清涼感の中から、鰹と昆布の香りがフワッと立ち昇りました。
2品目のお造りはヒラメとイサキの炙り。柳橋などから仕入れる魚介類は近海の天然物ばかりだとか。その味わいをより深める土佐醤油もベストチョイスです。

鮨しま
鮨しま

そしてこの後、主役の寿司8~9貫が振る舞われます。先陣を切るのはヒラメの腹身。塩を振って水分を抜き切っているので旨味が濃く、しかも隠し味の一味とネギが風味をより膨らませます。2貫目のアオリイカは十分な厚みで食べ応え満点。塩と青柚子の余韻も爽快でした。

鮨しま
鮨しま

プリッとした車海老は、シャリに芝エビのおぼろを乗せることで風味が倍増。ひねりある創意で楽しいインパクトを与えるのが中島流のようです。それを確信に変えたのが、このアボカドと数の子の海苔巻き。「もり田」名物の変奏バージョンで、コースのアクセントとして出したところ大好評。いまや人気の定番だとか。

鮨しま
鮨しま

終盤のサザエと大トロは、貝と赤身それぞれの醍醐味を存分に味わわせてくれました。2種の米酢をブレンドした甘すぎないシャリも飽きのこない味わい。この本格派の内容で9,900円はかなりのレベルだと思いました。もう一つの14,300円コースには温かい料理も増えて満足度もよりアップ!
「気取らずに“ちょっと寿司でも食べようか”と普段使いしてただける店でありたいですね。そのためにも、このコースの値段は頑張って守っていくつもりです」。

鮨しま

もちろんここに流れる快適さの秘密は、この値頃感だけではありません。常連が親しみ込めて「社長」と呼ぶ朗らかな奥様・小百合さんの接客も効果絶大。中島さんの誠実な人柄を見抜くや即結婚を決めたという女将の慧眼は、細やかで気持ちの良いもてなしにもくっきり表れていました。このおしどり夫婦と過ごす平和な時間もまたご馳走。「店ってやっぱり人だなぁ」とつくづく思います。

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

鮨 しま

ジャンル

  • 寿司

住所

〒810-0062 福岡県福岡市中央区港2-10-3

電話番号

092-753-6512(予約制)

営業時間

12:00~OS13:00/18:00~OS21:00

定休日

日曜、及び不定

席数

  • カウンター7席

個室

なし

メニュー

昼9,900円、夜9,900円、14,300円、細巻の盛合せ「宝石箱」2,484円(持ち帰りのみ。要予約) ※昼と「宝石箱」の支払いは現金のみ

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)