お値打ちご褒美ランチ5選(3)

4,000円アンダーで最先端の料理に触れるイノベーティブな食体験

公開日

ライター江月義憲

カメラマン江月義憲

ワタハン

白金

Innovative French WATAHAN by Furuyu Onsen ONCRI(イノベーティブ・フレンチ ワタハン)

  • LINE

中央区白金といえば、近年はカジュアルなスタイルの飲食店が集まるエリアというイメージがありますが、かつては福岡市屈指の高級住宅街でした。そんな土地柄で昭和から平成の終わりまで福岡の名士たちが集う場だった料亭「和多伴」の伝統を受け継ぎ、新しい時代を予感させるレストランとして2019年にオープンしたのが「イノベーティブ・フレンチ ワタハン」です。

店舗をプロデュースするのは佐賀県にある「古湯温泉 ONCRI」。伝統的な和風建築の外観はそのままに内装を大胆にリノベーションした店内で、エグゼクティブシェフの吉武大輔さんがアイデアに溢れた料理を提案しています。

ワタハン
ワタハン

商店やマンションが建ち並ぶ白金の表通りから1本路地へ入ると、かつての住宅街の面影が残っています。その中でもひと際存在感のある門構えに掛けられた白い暖簾をくぐり、玄関へ。燕尾服に白手袋のスタッフに導かれて店内に案内されるのは、否が応でも期待が高まります。

ワタハン

席に着き、しばし素晴らしい日本庭園を愛でているところに、まずはアミューズから。素材の甘みを生かしたカボチャのムースでコースの幕開けです。

前菜は鶏肉とマイタケをカルボナーラをイメージしたというソースで。ソースにもマイタケのダシを使って味に深みを加え、たっぷりと削りかけられたパルミジャーノ・レッジャーノとも好相性でした。

ワタハン

「イノベーティブ」の定義には幅がありますが、ジャンルの枠を超えたオリジナリティのある料理と捉えれば、このホッケとナスのリゾットが象徴的かもしれません。フレンチのコースにあえてイタリアの料理を加え、和の食材に大根おろしを乗せた一皿は、二重の意味で革新的といえます。

ワタハン

魚料理は新鮮なホタテにカダイフをまとわせて揚げたもの。サクッと音がするような外側と、滑らかな内側の食感の対比を楽しみながら、白ワインベースのさっぱりとしたソースでいただきます。

ワタハン

メインの肉料理はきなこ豚の肩ロースに、甜麺醤とゴルゴンゾーラのソースをかけたパンチの効いた一品。一皿ごとのポーションは控えめながら、コースを通して強弱のリズムと味の濃淡をつけた構成も見事です。

ワタハン

食後にはリンゴのコンポートに黒トリュフのアイスクリームを合わせた大人のデザートを。有田焼を中心に揃えた器と料理のコーディネートも素晴らしく、舌だけでなく目まで喜ばせてくれます。

今回ご紹介したのは、全7品のランチコース「SEBRI」(3,960円)。店構えから店内の設え、サービス、料理の内容までトータルに考えたとき、このレベルのコースを4,000円アンダーで食べられるのは最高にリーズナブルといっていいでしょう。
まさに食都・福岡の懐の深さを思い知らせてくれるイノベーティブな食体験でした。

\ この記事をシェア /

店舗名

Innovative French WATAHAN by Furuyu Onsen ONCRI(イノベーティブ・フレンチ ワタハン)

ジャンル

  • フランス料理
  • イタリア料理

住所

福岡市中央区白金1-11-8

電話番号

092-406-4975

営業時間

11:30〜OS14:00/18:00〜OS20:30

定休日

火曜

座席

  • テーブル 66席

個室

4〜12名

メニュー

ランチコース3,080円〜、ディナーコース9,240円〜

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月