特別な日のおもてなし【1】

七五三のお祝いに!秋の味覚・松茸を味わいに!個室充実の「梅の花」へ

公開日

最終更新日

ライター鹿毛望

カメラマン鹿毛望

umenohana1020

天神

梅の花 天神店

  • LINE

記念日やお祝いの食事にぴったりなお店を知っていると心強いですよね。そんな時に頼りになるのが、湯葉と豆腐の店「梅の花」をはじめ、かに料理専門店「かにしげ」や中華料理店「チャイナ梅の花」など、多彩な業態を展開している「梅の花グループ」です。

久留米生まれで全国展開している「梅の花グループ」といえば、味、空間、ホスピタリティが揃い、幅広い年齢層から親しまれていますよね。今回からその魅力をお届けするシリーズがスタート!  実は、“今こそ行きたい”魅力がたくさん詰まっているんです。

umenohana1020

※店舗より提供

今回はアクロス福岡そばの「梅の花 天神店」にお邪魔しました。作務衣をきたスタッフに案内されて、靴を脱いでふかふかの赤い絨毯の上を進んでいくと、「いいお店に来たな」と気分が高まります。

豊富な個室があり周囲を気にせずくつろげるのも「梅の花」の魅力の一つ。コロナ禍になって、よく「個室のいいお店ない?」と聞かれることが増えましたが、そんな今こそますますおすすめしたい! また、旬の食材を使ったメニューや季節のイベントに合わせたメニューが次々に登場するので、「お食い初めどうしたらいい?」などの相談にも乗ってくれる心強い存在です。支配人の松永義子さんが「最近、若いカップルやお子さん連れのご家族を中心にした集まりが増えているんですよ」というのも納得です。

10〜11月は「七五三懐石」で、お子さんの成長を祝おう

umenohana1020

※店舗より提供

第1回目の今回は、七五三のお祝いに神社参拝の前後にいただきたい七五三懐石 「慶」~けい~(7,530円・2人前~ ※要事前予約)をご紹介します。お子さんが慣れない着物や服にご機嫌ななめになっても気兼ねなく着替えられるよう、個室を予約しましょう。

umenohana1020
umenohana1020

まずいただきたいのが鶴と亀など祝いの器を使って盛り付けられた「八寸」。「梅の花」自慢の湯葉は、職人技が光るできたてのとろとろ感がたまりません。だし巻き卵にも豆乳を使っていてとってもクリーミー。個人的にヒットだったのが、クルミの白和え。とろんとした舌触りにクルミのカリッとした食感が加わりいいアクセントになっていました。その日の仕入れにより内容が異なる5種類のお造りはボリュームもたっぷり。さらに冷製アワビの柚子ジュレかけや赤飯など、お祝いに相応しい華やかな料理が満載の懐石でした。

umenohana1020

※店舗より提供

5~7歳のお子さん用には「お子様御祝い膳」(3,500円 ※要事前予約)がぴったり。鯛の尾頭に家族の歓声が上がりそう! 写真左上のちらし寿司はうどんに変更することもできます。ほかにもお子さんが好きなメニューが詰まった「お子様ランチ」(1,650円)もありますよ。

秋の味覚の王様、松茸を焼き、蒸し、揚げて堪能

umenohana1020

※店舗より提供

この秋、もう一つおすすめしたい季節懐石「松茸ざんまい 」(1人前5,800円〜※2人前~)は、松茸づくしの全10品です。

umenohana1020
umenohana1020

コースには肉厚の松茸をたっぷり使用。土瓶蒸しは、蓋を開けると湯気とともに松茸のなんとも芳しい香りが立ち上ります。久留米の和風だし専門店「尾道屋」から上質な昆布や鰹節を仕入れ、毎朝丁寧につくった出汁に松茸の旨味が加わり、滋味深い味わいは体中に染み渡るよう! 鉄板焼きは、鉄板の上で松茸がじわっと汗をかいてきたら食べ頃。軽く焼いてフレッシュ感を楽しむのもいいのですが、しっかり焼くと旨味が凝縮されたジューシーなエキスが口の中に溢れ出します。そして一本丸ごと揚げた天ぷらも絶品。いつかは食べたいと憧れていた高級食材の松茸を存分に味わえて、また一つ夢が叶いました(笑)。11月末までのコースですが、松茸がなくなり次第終了とのこと。毎年人気なので早めの予約をぜひ。

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

梅の花 天神店

ジャンル

  • 日本料理

住所

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-15-6 綾杉ビル1F

電話番号

092-737-4080

営業時間

11:00〜OS15:00/17:00~OS21:00

定休日

なし

席数

  • カウンター8席
  • テーブル72席
  • 掘りごたつ38席

個室

2〜30名

メニュー

七五三懐石 「慶」~けい~7,530円、お子様御祝い膳3,500円、松茸ざんまい 薫5,800円、梅の花膳 湯豆腐4,400円、梅の花膳 引き上げ湯葉5,500円、お祝い懐石「結」5,000円~、法要懐石「偲」5,000円~、梅ランチ1,980円、お子様ランチ1,650円※ランチは平日、土曜のみ

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)