接待にも最適なハイクラスな焼肉店【2】

東京発、九州育ちの高級焼肉!A5ランクの希少部位を堪能

公開日

最終更新日

ライター諫山力

カメラマン諫山力

博多駅中央街

焼肉チャンピオン JR博多シティ店

  • LINE

東京の恵比寿本店など都内を中心に全9店舗を展開する「焼肉チャンピオン」。「みすじ」や「ざぶとん」「かいのみ」「とうがらし」など希少部位を前面に打ち出した焼肉の火付け役ともいえる店で、ワンランク上の焼肉が味わえる名店として広く知られています。

そんな同店が東京以外に出店しているのは博多だけ。JR博多シティのレストランフロア「くうてん」にあります。系列全店で創業以来、普遍のコンセプトとしているのが、最高級のA5ランクの黒毛和牛を厳選することで、もちろんJR博多シティ店も然り。一方で畜産王国とも称される九州という恵まれた立地を活かし、仕入れる肉はすべて九州産にこだわっているのが都内の系列店とは異なる点です。
店長の山口祐樹さんは「九州には宮崎牛、鹿児島県黒牛、佐賀牛など、全国に誇るブランド牛が存在しています。開店当初は東京から肉を送ってもらっていたのですが、『こんなに素晴らしい黒毛和牛を、近隣の産地から仕入れられる地の利を活かさない手はない』とすぐに九州産のA5ランクの黒毛和牛だけを扱うスタイルにシフトしました」と、その理由を話します。

食べるべきメニューはいくつかありますが、今回は店長の山口さんイチオシの「極上熟成タン塩」(3400円、ハーフ2050円)、肩ロースの中でも最高部位とされる「ざぶとん」を使う「ざぶすき」(2枚3600円)、霜降りの「みすじ」(2800円、ハーフ1680円)をいただきました。

まず運ばれてきたのが「極上熟成タン塩」。こちらは16:00以降限定で注文できるメニューです。およそ4週間に渡ってドライエイジングを経たタンは厚めにカットされ、美しく入ったサシが見るからに柔らかそう! 「エイジングをかけることで、肉の旨味が凝縮しています」と山口さんは説明してくれました。
良い肉は焼きすぎないことが大切なので、表面に焼き色が付いた程度が食べごろ。焼けたタンを一口食べて驚きました。タンらしい歯切れの良い食感はほどよくありますが、繊細に入ったサシのおかげかものすごく柔らかい! 特製の塩ダレとも相性抜群で、ほのかに香るゴマの風味がアクセントになっています。

次は「みすじ」。ウデ肉の中でも肩甲骨の裏にあたる部位で、あまり動かさないため柔らかいのが特徴です。さらに、サシの入り方も独特で、断面の真ん中に一本筋が見受けられ、その筋を中心に葉脈のようなサシが入っています。いわゆる霜降り肉ですが、赤身とのバランスも良く、食べてみると柔らかいのですが、肉々しい食感も楽しめました。塩かタレが選べますが、ここではタレをチョイス。いわゆるドロッとしたタイプではなく、さらりとした秘伝のタレで、肉本来の味わいを引き立ててくれます。

最後は大トリの「ざぶすき」。メニュー表でも“おすすめの逸品”と銘打っているだけに、「焼肉チャンピオン」を代表する一品です。薄くスライスした霜降りの「ざぶとん」、一口大のご飯、卵黄がそれぞれ2つずつ提供されるのですが、卵黄に絡めたり、ご飯を肉で巻いたり、さらに残った卵黄をご飯にかけたりといった食べ方で楽しめます。

「ざぶとん」はあらかじめ秘伝のタレが絡めてあり、卵黄と一緒に味わうと、まさにすき焼きのようなテイストに。肉は口の中に入れた瞬間にとろけるほど柔らかく、思わず笑みがこぼれます。このメニューは焼き方も重要なので、スタッフさんが焼いてくれるのですが、その際に「本日の牛肉は宮崎牛。卵黄は愛知県のまんげつ濃厚卵を厳選しています」といった食材のこだわりを教えてくれました。

タンや霜降り肉のほか、もちろんホルモンもあります。「超ミノ」(1300円、ハーフ780円)、「シマチョウ」(980円、ハーフ580円)など常時5種類を用意しており、おすすめは「ホルモン4種盛り合わせ」(1300円、ハーフ780円)です。内容は日によって異なり、この日はミノ・マルチョウ・シビレ(胸腺)、シマチョウの4種でした。

店には半個室を3室用意しているので、接待利用にも最適。4名席、6名席、8名席があるので、個室希望の時は予約の際に利用人数と一緒に伝えるようにしましょう。
今回はアラカルトを紹介しましたが、コースもいくつか準備しています。コース内容や料金など最新情報については公式HPをチェックしてみてください。

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

焼肉チャンピオン JR博多シティ店

ジャンル

  • 焼肉・ホルモン焼き

住所

福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ シティダイニングくうてん10F

電話番号

092-409-6812

営業時間

11:00~OS22:00

定休日

施設に準ずる

席数

  • カウンター6席
  • テーブル44席

個室

4〜8名

メニュー

チャンピオン御膳(平日ランチ)1,680円、極上熟成タン塩3400円・ハーフ2050円、ざぶすき2枚3600円、みすじ2800円・ハーフ1680円、焼肉チャンピオンねぎ巻きタン塩2200円・ハーフ1450円、とうがらし1680円・ハーフ1000円、特選4種盛り合わせ3900円・ハーフ2000円、ハラミ2200円・ハーフ1150円、サガリ1900円・ハーフ1000円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)