デビ高橋の「ごぶさたしてます」【24】

薪の香りがたまらない!福岡でいち早く肉の薪焼きを始めた店

公開日

最終更新日

ライターデビ 高橋

カメラマンデビ高橋

ロベールエルイーズ「ロベール名物! スティック&フリット(アンガス牛)」

平尾

BISTROT Robert et Louise(ビストロ・ロベール・エ・ルイーズ)

デビ高橋

福岡グルメや福岡ランチを紹介しているブログ「デビログ」を運営。「お肉博士1級」の資格も持ち、グルメ関連のキュレーター・講師・審査員を務めたり、福岡のテレビ・ラジオで活躍中。著書は「15年間毎日外食して、1万軒を食べ歩いた『デビログ』が見つけた福岡グルメの答え全100店」(KADOKAWA)。インスタID:devi_takahashi

  • x
  • LINE
UMARABI 新規会員登録はこちらから
ロベールエルイーズ外観

この店は閑静な平尾の住宅街にあるのだが、建物全体を蔦が覆っていて、1階の扉が赤いのでひと際目立っている。店は2階なので、その赤い階段を上がって行き、店の扉を開けて入ろうとした時、
「デビさん、そこ入り口じゃないですよ!」
店主の原田協典さんが、私が違うところから入ろうとしていたのを見つけて声をかけてくれた。
約6年ぶりだったからなのか、はたまたボケが始まったからなのか、入り口を間違えるとはなんとも恥ずかしい。

ロベールエルイーズ内観

気を取り直して店内に入ると、薪の良い香りが店の中いっぱいに立ち込めていた。すると先ほどの恥ずかしさなどすぐに忘れて、美味しい肉を想像してしまいワクワクしてしまう。
ここには10年くらい前に友人に連れてきてもらったのだが、薪焼きの肉はその時初めてで、その香りと美味さに衝撃を受けたのを思い出した。
客層は30~40代が多いようで、薪焼きの肉をじっくり堪能できる大人の店なのだ。

ロベールエルイーズ店主(左)

原田さんは千葉で生まれたが、物心ついたころには福岡の飯倉にいた。高校を卒業して大学に進学したが、中退して調理師学校に入り直し、卒業後は5年半ほど東京の高級フレンチに勤めた。その後フランスに行き、2010年に城南区別府に「ポールベール」をオープンする。原田さんが29歳の時だった。それから2年後の2012年に、この薪焼きの店「ロベール・エ・ルイーズ」をオープンした。フランスのパリにあった薪焼きの店を訪れて、自分でもやりたいと思ったのが動機らしい。店をオープンするまでは、見よう見まねでできるだろうと思っていたが、最初はうまくいかずに店内が煙でいっぱいになったことも。この店は11月にオープンしたのだが、あまり告知をしなかったため、その年のクリスマスはめちゃ暇だったらしい。紆余曲折あったようだが、今年で11年目を迎えるのは素晴らしいことだ。

ロベールエルイーズ「アボカドと完熟マンゴーのタルタル」

前菜の「アボカドと完熟マンゴーのタルタル」(1310円)は原田さんの師匠の店の名物料理で、オープン当時から続いているメニューだ。冷たいマンゴーとアボカドにチーズとカリっとした大粒の塩がアクセントになっていて、甘さと塩分が絶妙。

ロベールエルイーズ「牛ハツのスモーク モルカヘテソース」

次に食べた「牛ハツのスモーク モルカヘテソース」(1050円)のモルカヘテソースはメキシコ料理に使われているピリ辛のソースで、フランスではあまり辛いものがないので取り入れてみたとのこと。黒板のメニューにピリ辛と書くとなぜか注文が入るらしい。日本人はピリ辛好きなのかもしれない。

ロベールエルイーズ「ロベール名物! スティック&フリット(アンガス牛)」

もちろん「ロベール名物! スティック&フリット(アンガス牛)」(1ポンド5280円)は外せない。食べるとまず薪の香りを鼻の奥で感じ、味は肉々しいが、しっとりしている。今回はチャックフラップという肩ロースの部位だった。

ロベールエルイーズ「Agneau 仔羊(NZ)」

続いて出てきたのは「Agneau 仔羊(NZ)」(250g 3630円~450g 5830円)。これはまずビジュアルにテンションがあがる。骨付きの肉を見ると妙にワクワクしてしまうのだ。旨味が凝縮した仔羊の肉はしっとりしていて、脂に甘みがあり、クセがないので食べやすい。

ロベールエルイーズ薪焼き

「ロベール名物! スティック&フリット(アンガス牛)」や「Agneau 仔羊(NZ)」は焼くのに時間がかかるので、最初に注文しておいた方が良いよ。

ロベールエルイーズワインセラー

ここはチャージが960円でパン、サラダ、ポテトフライがついてくる。ワインを飲んだらなんとチャージが半額になる。原田さんがワイン好きで、店内にもお客が自由に入れるワインセラーがあり、是非ワインを飲んでもらいたいという意図のようだ。

ロベールエルイーズ店主

原田さんはチャレンジ精神旺盛で、失敗してもまた挑戦する姿勢が素晴らしい。
今はブイヤベースと朝獲れた魚をセットにして販売しようと計画中のようだ。
今後もいろいろなことにチャレンジしてほしい。

ロベールエルイーズメニュー

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

BISTROT Robert et Louise(ビストロ・ロベール・エ・ルイーズ)(店舗写真

ジャンル

  • フランス料理
  • 肉料理
  • ステーキ

住所

福岡市中央区平尾3-19-20-2F

電話番号

092-521-6670

営業時間

18:00~OS22:00

定休日

不定

席数

  • カウンター8席
  • テーブル22席

個室

7〜12名

メニュー

アボカドと完熟マンゴーのタルタル1310円、絶品!レバーペースト990円、おまかせ3品盛り合せ1760円、ロベール名物!スティック&フリット(アンガス牛)1ポンド5280円、鴨ロース(ハンガリー)4100円、シャトーラローズベルヴューグラス850円、ボトル5200円、ロングバーンピノノワールカルフォルニアグラス850円、ボトル5200円

喫煙について

喫煙可能スペース有り/屋外
  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
UMARABI 新規会員登録

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • ワンタップでUMAGAにアクセス!
  • メルマガ会員募集