小麦粉から新しい麺文化を作り上げる「吟麦製麺」のアクション【後編】

公開日

最終更新日

ライター山田祐一郎

カメラマン山田祐一郎

吟麦アイキャッチ

美野島

吟麦製麺

  • LINE

宗像市で製麺所「山田製麺」を営む、異色のヌードルライター・山田祐一郎さんが、焼きそばの「バソキ屋」が始めた製麺所と併設の麺屋さんを取材。後編は店舗で出している麺料理を紹介し、オーナー・山中さんのさらに深く熱い想いを引き出してくれました。

前編を読んでいない方はこちらから。

その日の感覚でメニューを選ぶ

「吟麦製麺」のメニューにはとてもユニークな考えが取り入れられている。山中さんはカウンター上のメニュー表を指差し、「『吟麦』を使った麺料理において、ジャンルは意味をなしません。『ラーメン』でもなく、『うどん』でもなく、『蕎麦』でもない。お客様が全くイメージできないと注文時に困惑するため、便宜上、お品書きには『中華そば』『ざるそば』といった言葉を用いていますが、私の中では『吟麦』という小麦粉によって生まれた新ジャンルの麺料理です」と説明してくれた。

吟麦G

そもそもの出発点が一般的なラーメン店やうどん店、蕎麦店と違う。「吟麦」をどのように食べてもらうか――つまり料理の中心に「吟麦」があるからだ。その結果、この店では、温かいか冷たいか、あっさりかこってりか、さっぱりかがっつりかという、お客側の気分、感覚で食べたい料理を選んでもらうというスタイルに行き着いた。

吟麦D

多くの人が「今日はこってりな気分だからあのラーメン店に行こう」だとか、「二日酔いがしんどい、昼は軽めにうどんでも」というように行く店を選んでいると思うが、「吟麦製麺」にはその全てがある。ここに来れば、どんな時でもその日、その時の欲求を満たしてくれるのだ。
例えば、「今日はちょっと涼しいから冷たい麺が食べたい気分かな。朝が軽かったから味はこってりで。あと、夕飯は遅めになりそうだからがっつりいっとこう」と思ったら、冷たい麺でこってり味、量は大盛り、この日の品書きだったら「吟麦辛そば」の大盛りという答えが導き出されるというわけだ。

麺のポテンシャルを引き出す4つのグランドメニュー

取材時のメニューは、「吟麦そば」「吟麦中華そば」「吟麦ざるそば」「吟麦辛そば」の4種。これらに加え、スポットとして限定の一杯が加わる。取材時には塩ラーメンが提供されていた。

吟麦M

この日は「吟麦中華そば」と「吟麦辛そば」を実食。まず中華そばは麺が実にしなやかで、特に口当たりの良さに感動した。全粒粉を加えた麺なので、もう少しごわついた感じがあるかと思っていたが、全くそんなことはなく、つるつると口の中へと滑っていく。ほんのり縮れた形状がもたらすテクスチャも良い。咀嚼する際に広がる小麦の風味も力強く、小麦を今、食べていると強く実感できた。スープは鶏ガラ主体で、提供直前にトッピングの豚バラ肉を炙ることで、その脂分がスープに旨味となって溶け込んでいる。

吟麦H
吟麦I

後者の辛そばは、ラー油を効かせた甘辛いつけ汁に麺をくぐらせて味わう。冷水で締めた麺は中華そばの麺と同じ工程で作られたものだが、冷水で締めるだけで全く異なる印象に。麺の表面はいっそう滑らかで、噛み締める際に弾むような食感を口中にもたらす。たっぷりの肉、海苔、ネギが盛られた麺の山を崩し、豪快に混ぜつつ頬張ると、もう止まらない。甘辛いつゆにラー油の刺激が合わさり、クセになる味わいだ。製麺所直営の店ということもあり、麺のメニューはすべて無料で1玉分増量できる点も嬉しい。

吟麦J
吟麦K

吟麦の美味しさを知ってほしい

山中さんは今後の目標についてこう語ってくれた。「この『吟麦』の魅力をもっと多くの方々に知ってほしい。そのためにも、まずはこの店を繁盛させたいですね。儲かりたいという感覚とはちょっと違って、『吟麦』を使った麺を美味しい、また食べたいというお客様を増やしたいんです。店の繁盛がそのまま『吟麦』という小麦粉のブランディングになりますからね。第一歩として、朝昼晩の営業スタートに漕ぎ着けたい。それだけお客様との接点が増えますから」。

吟麦N

取材を終え、店を後にしようとすると、店頭に若い女性が立っていた。見れば自販機で「吟麦」を使った塩ラーメンを買っている。聞けばこの「吟麦製麺」の自販機は開業時から設置し、24時間、いつでも商品が購入できるのだという。売り方、見せ方においても、山中さんは次の時代を見据えている。

吟麦L

店舗名

吟麦製麺

ジャンル

  • ラーメン

住所

福岡市博多区美野島1-9-20

電話番号

092-292-4211

営業時間

11:00〜15:00

定休日

なし

座席

  • カウンター5席
  • テーブル20席

個室

なし

メニュー

吟麦そば400円、吟麦中華そば600円、吟麦ざるそば600円、吟麦辛そば800円、焼きそばパン380円(ソフトドリンク付き500円)、クラフトレモネードソーダ500円、オーガニックコーヒー400円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月