那の川の名店跡に「大人のB級グルメ」がコンセプトの新店誕生!

公開日

最終更新日

ライター戸田 千文

カメラマン戸田千文

「食堂シノダB作」の海老天重

那の川

食堂シノダB作

  • x
  • LINE
UMARABI 新規会員登録はこちらから

強豪ひしめく福岡の定食店。行列ができる人気店はいくつもありますが、中でも、タナカダイニングが運営する「わっぱ定食堂」「魚忠」は代表的な存在です。そんなタナカダイニングが、4月に新ブランドをオープン! それが「食堂シノダB作」です。

那の川にある「食堂シノダB作」の外観

店舗より提供

食堂シノダB作」が店を構えるのは、那の川四角近く、同グループの人気店「キッチン 中田中」の跡地です。

「食堂シノダB作」のカウンター席
「食堂シノダB作」のテーブル席

店に入ってまず見えるのはカウンター席。さらに奥にはテーブル席があり、ひとり客、グループ客ともに利用しやすいお店。壁にはジミー大西さんの絵画をはじめユニークな作品が並んでいて、一般的な定食屋さんのイメージとは少し違う、スタイリッシュでおしゃれな雰囲気です。

食堂シノダB作」のコンセプトは「A級に近いB級」。お好み焼きや皿うどん、チャーハンなど定番の料理ながら、とことんこだわり何度も試作を重ねて仕上げたものばかりです。また、ほとんどのメニューに登場するのが海老。食感や大きさなど、料理に合わせてぴったりの海老を使用している海老好きにはたまらないお店なのです。

今回の店では、注文から会計までセルフ方式を採用。早速、タッチパネルから注文!と思ったものの、メニューのバリエーションの多さでなかなか決め切ることができません。そんなときは、気軽にスタッフに声をかけてみましょう。「セルフ方式の店と聞くと、機械的で冷たい感じがあるかもしれません。でも当店では、セルフ方式だからこそお客さまに任せ過ぎないように心が通う接客を目指しているんです。こちらからも積極的にお声がけをしていますし、何を頼むか迷ったらいつでも声をかけてください」と店長の小島柚香さんは話します。

「食堂シノダB作」の海老天重

店舗より提供

この日は、小島さんのイチオシである「海老天重」(1,480円)を注文。海老天重は、天ダレ風味、あっさり塩味 紫蘇風味の2種類から選べ、どちらも日替わり小鉢と味噌汁、漬物付きです。

ほかではあまり見ない「塩味」の海老天重は、提供された瞬間、その海老の量と大きさに思わず頬がほころびます。料理によって、よりベストな大きさの海老を選んでいるということですが、海老天重にはどのメニューよりも大きなサイズのエビを使用。びっしりと整列する海老たちに期待が高まります。海老の下には、海苔と塩昆布が敷かれており、口いっぱいに頬張ると、プリッとした海老の弾力、そこに海苔・塩昆布が加わって、三位一体の旨味に感動。さらに紫蘇の香りが鼻に抜けて、あと味も爽やかです。たっぷりの海老天が乗っているので、ごはんだけが余るということもありません。最後の一口まで、海老天とともに楽しめる幸せ。たまりません。

「食堂シノダB作」のお好み焼き

また、こちらの店の看板メニューは「お好み焼き」。なかでも「ミックス玉」(1,280円)がおすすめです。海老をはじめ、豚、イカとたっぷりの具材が入ったボリュームある1枚。外はカリッ、中はふわふわに焼き上げ、紅生姜が良いアクセントになっています。複数のソースをブレンドして作ったオリジナルソースは、甘さ控えめですっきりながらコクがあるスタンダードタイプと唐辛子を効かせた激辛ソースの2種類。お好みで追いソースをしながらいただきます。ちょっと贅沢できる日は、ぜひトッピングもお試しを。鉄板でカリッと焦げ目をつけたじゃが芋は、お好み焼き専門店でもなかなか見ることができない珍しいトッピングです。

「食堂シノダB作」の博多皿うどん

麺類の気分なら「博多皿うどん」(980円)もおすすめです。海老のほか、野菜もたっぷり。味だけでなく、目でも楽しんでもらいたいと、食感も彩りもよくなるように食材の選定やカットを繰り返し試して完成した逸品です。仕込みの時点で一度火を入れ、さらに提供する直前にスープを吸わせるというちゃんぽん麺は、香ばしくてもちもち。はじめはボリュームに驚いて食べ切れるかどうか心配でしたが、気が付けばいつの間にかお皿が空になっていました。

お好み焼きや博多皿うどんなど一部のメニューは、平日限定で午後3時までのランチタイムにごはんがサービスに。がっつり食べたい人は嬉しいですね。またテイクアウトできるメニューもありますよ。

「実は、メニューはこれからもどんどん変わる予定なんです。新メニューの予定はもちろん、今あるメニューもさらに良いものになるよう日々改良を続けていきます」と小島さん。おいしさを追求し、日々進化を続ける『食堂シノダB作』のこれからにも期待が止まりません。

※同店は、未就学児の入店は不可となります。来店の際はご注意ください

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

食堂シノダB作(店舗写真

ジャンル

  • 定食・食堂

住所

福岡市南区那の川2-4-32シングルレジデンス平尾1F

電話番号

092-533-1313

営業時間

11:30〜OS21:00

定休日

水曜、月に1回木曜

席数

  • カウンター14席
  • テーブル12席

個室

なし

メニュー

海老天重(天ダレ風味・あっさり塩味 紫蘇風味)1480円、博多皿うどん980円、お好み焼き(ミックス玉)1280円、海老メン1280円、海老チャーハン1180円、タルタル海老フライカレー1330円

喫煙について

禁煙
  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
UMARABI 新規会員登録

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • ワンタップでUMAGAにアクセス!
  • メルマガ会員募集