今春、東区に登場した福岡初の「但馬牛専門焼肉店」が熱い!!

公開日

最終更新日

ライター葉山巧

カメラマン葉山巧

大ちゃんセット

馬出

焼肉ホルモン人生 大ちゃん

  • LINE

福岡の肉マニアを唸らせる、孤高の新星が東区馬出に現れました。今年3月オープンの「焼肉ホルモン人生 大ちゃん」は一見小さな大衆店。ですが、早くも地元の有名料理人や東京のVIP・著名人が足を運んでいる、どこか“只者じゃない”感じの焼肉屋です。

大ちゃん外観

地下鉄馬出九大病院駅から約300m。九大病院のほぼ隣に「大ちゃん」はあります。父親が営むコインランドリーの一部を改装したという店舗は、懐かしさすら覚える昔ながらの佇まい。が、“能ある鷹”って大抵こんな所に隠れているものですよね。

大ちゃん店内

店内はカウンター、テーブル、小上がりの16席で、予想どおり気取らぬ雰囲気。ではこの店の何が遠来の客をも魅了するのでしょう。それは、ここが福岡初の「但馬牛専門の焼肉店」であること。そして、但馬牛を扱う東京の人気店「神戸焼肉かんてき本店」の店長を務めた大山大鐘さんの存在。東京から訪れる客は、その人柄や技に惚れた「かんてき」時代のファンなのです。

大ちゃん店内2

さすが専門店を名乗るだけあり、頭上のボードには但馬牛の部位がズラリ。但馬牛は兵庫県の誇る傑出したブランド牛ですが、福岡では食す機会が少ないので実に楽しみです。すると大山さんが「ボードにない希少部位はまだまだありますよ」と声をかけてきました。
そのにこやかな笑顔以上に目を引くのが、これまた“只者じゃない”逞しい体格。聞くと20代はK-1選手を目指した格闘家で、引退後は福岡の「大東園」や「かんてき」に舞台を移してファイトし続けてきた肉の職人です。

大ちゃんセット2

「かんてき」で働いた経験から「焼肉こそ我が人生!」と悟った大山さんは、次のステージを目指し「大ちゃん」を開業。ここまで但馬牛を豊富に扱えるのは、今も親交の深い「かんてき」社長のおかげだそうです。仕入れる部位には、なんと関東でも幻の逸品「太田牛」も含まれるとか!

さて、最初の注文は定番の「大ちゃん盛り合わせ」(1人前3,300円、写真は2人前)。「お勧め3種盛り(右からミスジ、シンシン、ヒレ)」+「ホルモンMIX(アゴタン付き)」の組み合わせで、「但馬牛」という悦楽の扉を開いてくれます。

大ちゃんホルモン

ちなみにホルモン系が苦手なら、「ホルモンMIX」を3〜5種盛りの赤身に変えてもらえます(写真は2人前の一部)。左端のシャトーブリアンのように、超ラッキーな希少部位が入ることもあるんだとか。

大ちゃん焼肉

早速自慢の肉を頬張ると、聞きしに勝るうまさが口一杯に溢れます。豊かな旨味と甘味には濃厚なタレを必要としない“肉の力”があり、脂の上品な軽さにもびっくり。九州産黒毛和牛より脂の融点が低いせいか、口溶けが良く体にも自然に馴染むような……。「かんてき」譲りの揉みダレの味も完璧でした。
「ここで肉を食べると翌日体調が良い、とよく言われますね」と大山さん。事実、但馬牛は他の和牛よりオレイン酸などの必須アミノ酸が多く、健康が気になる人には嬉しいポイントです。

大ちゃんユッケ
大ちゃんレバー

表面をサッと炙った「但馬牛炙りユッケ」(1,100円)や、「黄金のレバ焼き」(1,078円)も無類の余韻をもたらす必食メニュー。とりわけユッケのモッチリした弾力は、美味を超えて官能的ですらありました。
「僕がこの仕事をする一番の目的は、お客様に感動してもらうこと」。それを実現すべく、大山さんは肉の状態や部位に合わせた隠し包丁を1枚1枚入れるなど、素材に愛とこだわりを込めているそうです。

大ちゃん店主

より高みを目指すため、できる仕事はすべてやる。その哲学は大山さんが大好きな寿司屋にも通じるものがあります。「常連さんの好みを深く理解し、それに合わせた肉をサッと出せる。そんな店づくりが理想ですね」。但馬牛のうまさはもちろん、この真摯な“求道者”の姿勢が料理人や食通に刺さるのかもしれません。
こんな魅力ある店だけに、これは遠からず予約困難店になる予感。「誰かに教えたい、でも教えたくない!」そんな悩ましい店がまた一軒増えました(笑)。なお前日までの予約で昼の訪問も可能(ハッピーアワー付き)。ゆっくり楽しむなら狙いめですよ。

※2022年9月より価格・メニュー変更の予定あり

大ちゃんメニュー1
大ちゃんメニュー2

店舗名

焼肉ホルモン人生 大ちゃん

ジャンル

  • 焼肉・ホルモン焼き

住所

福岡市東区馬出2-4-3

電話番号

092-710-6629

営業時間

17:30~OS21:30 ※前日までの予約で11:30から対応可

定休日

水曜

席数

  • カウンター4席
  • テーブル8席
  • 小上がり4席

個室

なし

メニュー

大ちゃん盛り合わせ3,300円、但馬牛炙りユッケ1,100円、黄金のレバ焼き1,078円、極厚タン1,800円、ホルモン各748円、但馬牛かめのこ1,738円
※2022年9月よりメニュー改訂予定あり

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)