博多駅直結の魅惑のグルメ

A5ランクの黒毛和牛を満喫できる! 希少部位が自慢の焼肉店

公開日

最終更新日

ライター鹿毛望

カメラマンハラエリ

博多駅

焼肉チャンピオン

  • LINE

店名から王者の風格を漂わせる「焼肉チャンピオン」。東京・恵比寿発、都内で9店舗を展開し、全国の産地から選び抜いたA5ランクの黒毛和牛を楽しめる実力店です。こちらは東京以外にある唯一の店舗で、宮崎牛や佐賀牛、伊万里牛など近隣の九州産黒毛和牛を味わえるのが特徴です。

※施設より提供

店内に足を踏み入れるとウッディで落ち着いたムード。カウンター席もあるので、おひとり様も入りやすいですね。

※施設より提供

まずは超人気メニュー「ざぶすき」(2枚3,600円)を注文しました。肩ロースのなかでも最高級といわれる希少部位・ザブトンを、特製の割下に浸けて提供されるので、網の上でサッと炙っていただきましょう(写真は割下に浸ける前のもの)。やわらか〜く旨味の濃い、身も心もとろけてしまう味わいにうっとり。さらに愛知から取り寄せる「まんげつ濃厚卵」を絡めて口に運ぶと、卵黄のコクとのマリアージュが最高! セットで付いてくる一口サイズのご飯を焼いた肉で巻いて味わうのもオススメです。「ざぶすき」は、ランチ限定の「ざぶすき御膳」(3,800円)だと、ご飯や味噌汁、サラダ、キムチも付いてオトクに味わえますよ。

※施設より提供

しっかり入ったサシに惚れ惚れしてしまう「上カルビ」(ハーフ1,450円)も追加! 塩かタレかを選べるのですが、個人的なおすすめはタレ。A5ランクの濃い旨味が際立つよう関東の醤油を使ったあっさり系醤油ベースのタレが肉と相性抜群で、あっという間に完食してしまいました。

「東京の店舗では、ミノは叩いてやわらかい状態にして提供していますが、福岡の方は歯ごたえがあるものを好まれるので、こちらの店舗ではあえて控えめに叩いて食感を楽しめる状態でお出ししています」と店長の山口祐樹さん。上質な肉の旨味を引き立てる手間を惜しまず、さらに地元客の舌に合わせた繊細な仕事は感動ものです。大事な人と一緒に“いいお肉”が食べたい! そんな時に訪れたい店です。

この記事はJR博多シティの提供でお届けしました。

店舗名

焼肉チャンピオン

住所

福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ シティダイニングくうてん10F

電話番号

092-409-6812

営業時間

11:00~OS22:30

定休日

施設に準ずる

席数

  • カウンター14席
  • テーブル46席

個室

なし

メニュー

チャンピオン御膳(平日ランチ)1,680円、みすじハーフ1,680円、ねぎ巻きタン塩ハーフ1,450円、おまかせ上級コース5,890円(2人前〜)

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)