渡辺通の最旬行列ランチ 「牛タン&釜炊きご飯」

公開日

最終更新日

ライター上村 敏行

カメラマン上村敏行

渡辺通

牛タンと釜炊きご飯 にくまる 春吉店

  • LINE

11時15分―――
今回の主役、絶品の “牛タン”&“釜炊きご飯”を味わうためには、キーとなる時間ですので、まずは覚えておいてください。

渡辺通にある「焼肉酒場にくまる 春吉店」が今年1月25日、ランチタイムのみ暖簾も掛け替えた新業態「牛タンと釜炊きご飯 にくまる」を始めました。
「夜専の焼肉店がランチも始めたのね」。僕自身、最初はそれぐらいの認識だったのですが、あっ! という間に大行列店に。これはぜひとも体感しなければと、テンションがグイッと上がったわけであります。渡辺通の小道に毎昼できる人だかりを見て、同じように興味をもった方も多いのではないでしょうか。

現在1日限定50食で、オープン15分前の11:15に配布する整理券をゲットしなければ食べることはできません。早い人は9時台から並んでいるなど、時間になるとすぐに50枚配り終わってしまうそうです。整理券をもらった後はその場を離れることもできますが、順番になるまで周辺で待つことになります。とにかく、時間に余裕をもって訪れてください

「にくまる」は北九州で展開する「焼肉 菜好牛(さいこうぎゅう)」のネクストブランドです。1号店の小倉・平和通り店が2016年、福岡・春吉店は2021年3月にオープンしました。“黒毛和牛の一頭買い”を強みに多彩な部位を割安で、“一切れ売り”も行ういわゆる大衆焼肉店ですが、コロナ禍をうけランチにも注力するように。夜の人気No.1メニューであった「大トロタン」を主役に、タンオンリーを炊きたての釜飯と共に味わうランチを新たに打ち出したという流れです。

さてさて、大ブレイク中の「牛タンと釜炊きご飯 にくまる春吉店」の実力は?
入店から順を追ってご紹介します。

牛たん店内

店舗より提供

まずは、食券機でメニューを選びます。
基本は「牛タン定食」(1600円)、「MIX牛タン定食」(1800円)、「大トロ牛タン定食」(2500円)の3種で、それぞれ肉増しも用意されています。僕は、マストで味わいたい大トロタン1枚に、牛タン2枚、タンスジも2枚付いた「MIX牛タン定食」をオーダーしました。

店はカウンターのみで、厨房の一角にある炭火の焼き場でスタッフが牛タンを焼いてくれます。網に広げた3種の肉が時折り噴き上げる炎もまといながらジュワリ。タンの種類で厚さも違いますから(大トロタンは約3cm!)当然焼き加減も変わってくるわけで、何度もトングでめくりながら焼き目を確認するスタッフの丁寧な手仕事が印象的です。

そして、運ばれてきた牛タン“様”たち。
整理券をもらうために並んでから「待ちに待った」という感じですので、まさに生唾ものです。夜は自分で肉を焼くスタイルなので各席に焼き台が付いており、ランチでは少量の炭を入れた“保温”の役割で使われています。「最良の焼き加減で、そして、ほかほかをキープ」という心遣いです。

さらには、多彩な無料調味料が用意されているのも魅力ですね。

写真の右上から下の順で
「ヤンギンジャン」「青唐辛子味噌」「麻辣油」「塩レモン」「特製醤油」「白トリュフの呪い」「白菜漬け」「ニラ醤油」「ブラックペッパー」「ピンク岩塩」。
とにかく多くて、楽しい!

個人的には、「白トリュフの呪い」と「塩レモン」を付けて食べるのが好きでした。白トリュフって、最近オイルなどでもよく見かけますが、好き嫌いが分かれると思うんです。事実私も、もわんとした強烈な香りは得意な方ではなかったのですが、このオリジナル調味料は、七味のような色合いからも分かるように、スパイスも効いていて牛タンにバリ合う! 
このように、好きな組み合わせを探りながら楽しむのも同店の醍醐味です。

そして、牛タンと合わせて出てくる「定食セット」はコレ。

釜炊きご飯、テールスープ、福岡県産「味宝卵」の生卵1個。写真右奥の牛スジ煮込みの小鉢は、牛タン焼売に変えることもできます。焼肉に使うタンの部位の余ってしまう切れ端を、サイドメニューとして有効的に利用してます。

厨房にドスンと据えた羽釜の中には、新潟県魚沼産コシヒカリの炊き立てご飯が詰まっています。ご飯はお代わり自由。ここにも常に熱々で楽しんでほしいとの思いが現れ、茶碗にはご飯を少量ずつよそってくれます(3杯は食べる人が多いそう)。

同店を訪れた方のSNSで良く見かける至福のビジュアル“白飯オン牛タン、さらに卵黄オン”を真似してみました。ただ、白身を残すのはもったいなかったので、定番のTKGに
牛タンと薬味を添える形で。

黄身を肉と白飯に絡ませガツガツと口にかきこむと、それはもう…….言わずもがな、うまっ!(前のめりで)。
シメには「白菜漬け」をポリポリしながら、お口もさっぱりしました。満腹満足。

この業態は東京ではすでにあるそうですが、福岡では先駆けであり、何より美味しいし楽しい。スタッフの接客もホスピタリティにあふれるものでした。

繰り返しになりますが、時間に余裕をもって11:15に配布する整理券を目指してください。
3月1日には小倉の平和通り店も同様のランチを始めたそうです。

《牛タンと釜炊きご飯 にくまる 春吉店》
福岡市中央区渡辺通5-1-26アローマンション1F
092-738-2919

※掲載しているメニューや価格は取材時のものです。感染再拡大防止対策期間により時短営業や休業してることがありますので、訪問する際にはお店のSNSや電話等でご確認ください。

店舗名

牛タンと釜炊きご飯 にくまる 春吉店

ジャンル

  • 肉料理
  • 焼肉・ホルモン焼き

住所

福岡市中央区渡辺通5-1-26アローマンション1F

電話番号

092-738-2919

営業時間

11:30〜15:00(限定50食)/18:00〜21:00(夜は「焼肉酒場 にくまる 春吉店」)

定休日

不定

席数

  • カウンター16席

個室

なし

メニュー

MIX牛タン定食1800円、牛タン定食1600円、大トロ牛タン定食2500円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)