コスパ抜群のご褒美ランチ【4】

穏やかな時間を確約する、大濠公園そばのフレンチレストラン

公開日

最終更新日

ライター葉山巧

カメラマン葉山巧

タタミゼ

草香江

Tatamiser(タタミゼ)

  • LINE

大濠公園の外縁部にあるせいでしょうか。最初に「Tatamiser」を包む空気に感じたのは独特の穏やかさ・涼やかさでした。しかし、それもランチタイムが始まるまで。上質なフレンチに高揚した客たちが、徐々に静かな熱気を加えてゆくからです。

タタミゼ

いまや大濠エリア屈指のランチスポットであるこの店は2019年オープン。その前は大分県別府市で営業していたレストランで、ユニークな響きの店名はフランスで生まれた造語(「日本の様式を取り入れた暮らし」などを指す言葉)に由来しています。
現在店を切り盛りするのは古賀啓二さん。修業先で出会ったホテル日航OBのシェフを始め、古典料理に精通した数々の先輩に基礎を学んだオーナーシェフです。その後別府時代の「Tatamiser」で15年ほど働き、前オーナーの引退を機に店を譲り受けたとか。「いずれ故郷に戻る予定だったので、それを機に福岡移転を決めたんです」。

白を基調とした店舗はどこか南仏を思わせる色合い。テーブル席は厨房を挟んで左右に分かれていますが、そのどちらにも柔らかな光が注いでいました。凛としつつも気取らない雰囲気は、優雅に“美味しい午後”を過ごすのにぴったり。「僕一人で料理していることもありますが、この空間と時間をのんびり味わってほしいので、少なくとも1時間半の滞在をお願いしています」。

タタミゼ

さて、昼のメニューは7種類と選び甲斐がありますが、まずは一番人気を試すべく「おすすめランチ」(¥2,530)を予約しておきました。食前酒・前菜盛り合わせ・魚・肉・デザート・ドリンク・パンor雑穀米と、高い支持率も納得のラインナップ。
その最初の料理が、素朴にして端正な表情を見せる前菜盛り合わせです。本日の内容は自家製コーンドレッシングをかけたサラダ、野菜のオムレツ、野菜のテリーヌ、ガランティーノという鶏料理。「なるべく野菜を食べて欲しい」との気持ちが伝わるフレッシュな顔ぶれでした。昼は昼、夜は夜と仕込みも分けているそうで、これは冴えた味わいの“本気のフレンチ”が楽しめそうです。

タタミゼ

魚料理はレアに近い蒸したスズキが登場。しっとりした中に快い弾力を残す白身は絶品で、歯の間でホロッと崩れる瞬間は艶かしくさえあります。つけ合わせの野菜も賑やかで、海老まで添えるサービスぶり。なかなかのボリューム感ですが、これは「男性でもしっかり満足できる量を」という狙いを形にしたのだそう。別府時代の名残が窺える柚子のバターソースも良い風味で、素材の滋味をさらに深めていました。

タタミゼ
タタミゼ

肉料理は、鮮やかな緑の衣をまとう鶏肉香草焼き。表面のサクッとした素材は小松菜で、生気ある香りがフワッと鼻腔をくすぐります。鶏肉は見た目以上の厚みですが、事前にマリネしているので食感は実に柔らか。マスタードソースとの相性も抜群です。

料理はどれも舌に馴染む包容力と温かみ、そしてひと匙の懐かしさを秘めたものでした。と同時に、伝統技法を尊ぶ“職人肌”の情熱も窺えます。「先輩の教えを忠実に守っているだけですよ」と謙虚に笑う古賀さん。「ただ、常に意識するのは『何を食べているかが分かる料理』を作ること。難し過ぎずホッとする味が、僕の目指す“肩肘張らないレストラン”には欠かせないんです」。

タタミゼ

デザートはキャラメルとチョコの2色のムース、紅茶のアイス、イチゴのプレート。優しい甘味とコーヒーを楽しみながら、約1時間30分の充実したランチは終幕です。それにしても、なんと多幸感あふれるコースだったことか。グルマンからフレンチ初心者まで漏れなく夢中にさせるクオリティは噂以上。これからは、心の中の“ハイコスパ”の基準を少々上げねばならないようです。

タタミゼ

「どの皿も美味しいと言っていただけるのは嬉しいですね」と目を細める古賀さん。「けれども僕にとって、レストランの料理・内装・接客はあくまでアイテムの一つなんです。例えば華のある料理を出すことで、お客様の間に楽しい会話が一つでも生まれたら、僕はそちらの方が素敵だなって」。そう、「Tatamiser」が人々の親密さや絆を強めたり、忘れ難い思い出を刻む場所になること。それこそが古賀さんには最高の“報酬”なのかもしれません。「そういう意味でも、僕は結婚記念日の風景が大好きなんです」。

《Tatamiser タタミゼ》
福岡市中央区草香江1-8-25 大濠パークイン1F
090-9596-1948

店舗名

Tatamiser(タタミゼ)

ジャンル

  • フランス料理

住所

福岡市中央区草香江1-8-25 大濠パークイン1F

電話番号

090-9596-1948

営業時間

11:30~OS13:30/18:00~OS21:00

定休日

不定

席数

  • テーブル20席

個室

なし

メニュー

ランチ/畳ゼのハンバーグランチ¥1,980、豪州産牛のステーキランチ¥2,310、おすすめランチ¥2,530、畳ゼフルコース¥3,960 ディナー/コースA¥5,500・B¥8,800・C¥11,000 ※Cコースのみ要予約

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)