ザ・プレミアム・モルツ『神泡美味礼賛』

「神泡×肉汁あふれる点心」

公開日

最終更新日

ライター中野智恵

カメラマン岡浩行

いしい

今回紹介するお店

「焼売酒場いしい 西新店」「博多一口餃子ヤオマン」

  • LINE

「新しいご馳走の発見は、人類の幸福にとって天体の発見以上のものである」。
―ブリア・サヴァラン「美味礼讃」ー

サントリーが最良の原料と製法で完成させた“ちょっと贅沢なビール”「ザ・プレミアム・モルツ」。
ビールと料理の幸せなマリアージュを紹介するのが、ザ・プレミアム・モルツ『神泡美味礼賛』シリーズです。
いざ、新しいご馳走を発見すべく、お店に足を運んでみましょう。

ジュワッと肉汁溢れる鶏シュウマイは、新しい福岡名物になりそうな予感!
「焼売酒場いしい 西新店」

さあ、いよいよ夏到来! 気温の上昇と「美味しいビールが飲みたい!」は比例します。
今回のテーマは「神泡×肉汁あふれる点心」。サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」(以下:プレモル)の極上の美味しさと、それに合う絶品の肉汁点心を求めて、まず訪れたのは2022年4月にオープンした「焼売酒場いしい 西新店」。天神や博多駅、大名にも系列店がある人気の居酒屋です。

最初にオーダーしたのはもちろん「鶏シュウマイ」(1個99円※注文は2個から)。一つひとつ手作業で包まれ、注文が入ってから蒸しあげる名物の焼売は九州産の鶏肉を使用しています。しっかりと味がついているのでまずはそのまま。(卓上にはタレもあるので、2個目からぜひ!)。
この蒸籠を開ける瞬間が食欲をそそられるんですよねー。一口噛むと、中から生姜の風味が効いた肉汁がじゅわっと溢れ出します。この肉汁、鶏ミンチなので全然しつこさがなく、何個でも食べられそうな後味の良さ。化学調味料やニンニク不使用というのも嬉しいですね。この熱々の焼売を、ビールで流し込む幸せたるや。「明日も頑張るぞ〜」と妙にテンションが上がります。

「福岡は鶏文化。鶏シュウマイも新しい福岡名物になれたら」と副店長の森雅頌(まさのぶ)さん。焼売はテイクアウトもできるので、お持たせにもいいかも。実はこちらの「鶏シュウマイ」、昨年「マツコの知らない世界」でも紹介され、大反響を呼んだとか。「鶏シュウマイ」が博多一口餃子のように福岡名物として呼ばれるようになる日も遠くないかもしれません。

いしい

もうひとつの看板メニュー「水(すい)シュウマイ」(5個638円)もオーダーしました。こちらは元々博多店だけで提供されていたものです。「西新店は他店の人気メニューを集めています。いいとこどりメニューなんですよ」と森さん。「鶏シュウマイ」より厚めの皮で包まれ、オリジナルの辛味タレとネギがたっぷりかかった「水シュウマイ」もプリプリの食感がたまりません。

いしい

「タン塩ネギダレ」(528円)や「白麻婆豆腐」(649円)など、「ビールに合うサイドメニューが揃っているのもこの店の魅力です。料理は素材に合わせて香味野菜や香辛料が積極的に使われていて、口の中で香りと食感がひとつに。この豊かな風味をプレモルの繊細な味わいが引き立てます。そのまま飲んでも美味しいのはもちろん、料理の味を引き立てるのもプレモルの魅力なんですね!

いしい
いしい

さあ、本日のシメです。シメは「汁なし魚々麺」(495円)と「ガーリック飯」(605円)が用意されていますが、今回は「汁なし魚々麺」をオーダーしました。「よーく混ぜて召し上がってくださいね」という森さんの言葉通り、卵黄を崩し、たっぷりのネギとニラ、麺を絡めていただきます。もう混ぜている時から、魚粉の香りに包まれます。麺は平麺で具材やタレとの絡みも抜群。この薬味まみれの感じ、たまりませんね!

いしい

料理はもちろんなのですが、とにかく店のスタッフの接客が気持ちよくって、ここで過ごしているうちに元気になれるんです。「挨拶は大事にしていますね。お客様から声をかけられる前に対応するようみんなで心がけています」と森さん。うんうん、わかるよ、その感じ!

しかも平日は15時から、土日祝は12時からオープンで、毎日18時30分までハッピーアワーを実施。チャミスル、ノンアルコール、メガハイボールを除くすべてのドリンクが330円になります。うかがった日も15時の開店と同時にお客様が続々と入店されて、18時以降は満席が続くので、予約してから行くのがオススメです。

和製イベリコ豚「南洲金豚」を使った贅沢な餃子はリッチなプレモル と相性抜群
「博多一口餃子ヤオマン」

ジューシーな肉汁を求めて博多駅エリアへ。目指すはJRJP博多ビルの地下「駅から三百歩横丁」内にある「博多一口餃子ヤオマン」(以下:ヤオマン)です。

ここの餃子の最大の特徴は、鹿児島産「南洲黒豚」を使っていること。「南洲黒豚」はあのイベリコ豚と同じように、どんぐりを食べて育った黒豚です。どんぐりを食べさせることで、肉にオレイン酸が多く含まれるようになり、旨味が強くなるのはもちろん、身体に脂肪が残りにくくなるといわれています。「ヤオマン」の餃子に入っているのは「南洲黒豚」とニラ、調味料のみ。肉の分量が多いので、しっかりと黒豚の旨味が伝わります。

営業は11時からなのですが、15時からは大根おろしのお通しがついて飲みモードに! 塩ポン酢で味がついているので、そのままいただけます。

いしい

大根おろしをつつきながら、餃子が焼き上がるのを待ちます。いよいよ熱々の「黒豚焼き餃子」(7個460円)の登場です。パリッパリの皮の中から、黒豚の濃厚な肉汁がジュワワ〜。味は濃厚なのに、後味がさらっとしているのは黒豚ならでは。一口サイズでいくらでも食べられそうです。
それにしても、プレモルと餃子って最強の組み合わせ! 口のなかに広がる濃厚な肉汁を、爽快なのどごしのプレモルが受け止めます。こんな名コンビ、他に思いつきません。

今回は「黒豚焼き餃子」のほかに、「炊き餃子」(710円)や「四川麻婆豆腐」(790円)もオーダーしました。「炊き餃子」は味がついたスープ餃子なので、汁物としてシメにオーダーするのもオススメです。また、「四川麻婆豆腐」も山椒の香りが効いた本格的な味わい。なんだか一品一品の完成度が高く、「おー!」と唸りたくなります。

というのも、店長の井手良則さんは料理人歴30余年のベテラン。福岡の名店フレンチをはじめ、イタリアン、焼鳥店など、さまざまなジャンルの店を渡り歩いた経歴の持ち主で、「ヤオマン」でもメニュー開発と人材教育を担当する料理人なのです。福岡の飲食業界を内側から見てきた井手さんの話の面白いこと。カウンターに座れば、その楽しさを体験できますよ。

まだまだ食べられそうと、気になっていた「チーズ焼き餃子」(630円)と、名物の手羽先3種、「手羽唐」(190円)、「赤手羽唐」(240円)、「黒手羽唐」(220円)を追加オーダーしました。
「チーズ焼き餃子」は餃子のうえにパリパリに焼いたチーズをオンし、さらにパルメザンチーズをかけたチーズまみれの餃子です。これはもうイタリア料理の粋ではないでしょうか? 焼けたチーズのカリカリ感と餃子の旨みはリッチな風味が広がるプレモルとも相性抜群です。
さらに手羽先三兄弟の食べ比べにトライ。シンプルな塩味の「手羽唐」はもちろんですが、「赤手羽唐」はドライオニオンやラー油などを使ったふりかけが超美味です。「このふりかけを餃子につけて食べるのもオススメですよ」。井手さん。おー、そんな裏技があったとは! 3つ目の「黒手羽唐」はニンニク醤油が効いた少し甘めの味付けです。どの手羽唐もビールがすすむこと間違いなしの美味しさです。

さあ、肉汁たっぷりメニューとプレモルで夏の1日を締めくくりましょう。きっと明日からの活力が湧いてくるはずです!

この記事はサントリーの提供でお届けしました。

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

焼売酒場いしい 西新店

ジャンル

  • 居酒屋

住所

福岡市早良区西新5-15-30

電話番号

092-407-8141

営業時間

15:00〜24:00(土・日祝日は12:00〜)

定休日

不定

席数

  • カウンター10席
  • テーブル63席

個室

なし

メニュー

鶏シュウマイ1個99円、水シュウマイ5個638円、無限もやしナムル319円、よだれ鶏528円、いしいのポテサラ390円、青菜の強火炒め649円、ガーリック飯605円

店舗名

博多一口餃子ヤオマン

ジャンル

  • 餃子

住所

福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル地下1F

電話番号

092-409-3858

営業時間

11:00〜OS23:30

定休日

施設に準ずる

席数

  • カウンター8席
  • テーブル18席

個室

なし

メニュー

黒豚焼き餃子7個460円、しそ焼き餃子7個520円、黒豚ニンニク餃子7個480円、水餃子520円、手羽唐1本190円、白菜キムチ410円、海老チリ740円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)