福岡でおいしいスペイン料理が楽しめる【2】

護国神社の真向かいで、本場仕込みのスペイン料理をお気軽に

公開日

ライター葉山巧

カメラマン葉山巧

atoma

六本松

atoma(アトマ)

  • LINE

護国神社の前を通るたび、洒落た佇まいが気になっていた「atoma」。知人によれば、ハズレなしの料理とワインが楽しめるカジュアルな店だそう。今年、節目の10年目を迎えたスペイン料理店です。

atoma

国道202号線を挟んだ護国神社の向かいにある店舗は、アダルトなグレーの色調がいい感じ。「ここなら外の景色がずっと変わらないと思って」と、立地選びの理由をオーナー・前田修太郎さんが教えてくれました。なるほど、客席からは神社の鮮やかな植え込みが見え、贅沢な借景となっています。とくにランチタイムは爽やかな空気を吹き込んでくれそうですね。

atoma
atoma

一方、店内はギャラリーを思わせるシックな趣きがあります。手前のカウンター席とキッチンはコンクリートの質感がクールな印象を与え、その奥は温もりある板張りのテーブル席という二段構え。壁の絵画は福岡在住の画家・森信也さんの作品で、空間に心和む色彩を加えていました。
すると前田さんが「キッチン側の床がコンクリートなのは、僕の計算ミスで床板が不足したからなんです」と微笑ましい告白。最初は頑固職人にも見えましたが、素朴な話しぶりから温厚な人柄が伝わって、なぜかほっと胸を撫でおろす僕でした(笑)。

atoma

20代の頃に渡ったスペインと、帰国前に立ち寄ったアルゼンチンで素養を磨いた前田さん。「なるべく素材に手を入れない美味しさがスペイン料理の魅力」と語るように、無駄をそぎ落とし、シンプルに食材の美味しさを究めてきた料理人です。
その実直な仕事を一緒に支えるのが、スペインはバスク地方から来たゴルカ・ゴメスさん。現在は厨房の大黒柱を務める、料理キャリア25年の頼もしきパートナーです。本場のエッセンスも随所に感じられそうな「atoma」の料理。これは期待も膨らみます!

atoma

メニューは基本的にこの一枚。といっても大半の料理が毎日入れ替わるので、毎週来ても飽きのこない構成です。主な食材は「鮮度の良いものが多いので」と、前田さんが糸島に足を運んで仕入れるそう。アラカルトだけでなく、コースにも1人3,500円から対応してくれます。

atoma

さて、最初の一品は「前菜の盛り合わせ5種」(1,500円)。本日は上質なイベリコハム、ポテトとタマネギのスパニッシュオムレツ、酸味のバランスが絶妙なイトヨリのエスカベッチェ、上品な旨味が包む季節野菜のトマト煮、丁寧な仕込みを感じたポークレバーのパテ……という満足のラインナップです。
「ワインが進むように、料理は塩気をほんのり効かせます」と前田さん。その塩梅がちょうどよく、(狙いどおり!)快調に食欲&ワイン欲を煽られてしまいました。なおワインは、よく吟味されたスペイン産を主体に4,000円から10,000円の間で選べます。

atoma

サラダの野菜も糸島産がメインです。この日頼んだのは「ドライトマトとビーツのマリネサラダ」(900円)で、みずみずしい葉野菜とセミドライトマトのフレッシュな甘味、そして炭焼きパプリカの香ばしさが弾けんばかりの一品でした。一緒に添えたクリームチーズや、発酵塩レモンのドレッシングも存在感があり、これがまたワインに合うんですよね。

そして定番の「魚介のパエジャ」(3,000円)の登場です。豊富な魚介類に見惚れながら一口食すと、ジーンと沁みる米の旨味・風味に感激。美味しさの秘訣は「米を炊くためのスープを魚介でしっかり取ること」だそうです。他にもアンコウだけや肉だけを使うパエジャが出る日もあって、そんな変わり種もぜひ一度味わいたいと思いました。まさに一期一会!
「新しい食材や情報に触れ、“次はどんな料理に生かそうか”と考える時間が一番楽しいですね」と前田さん。そんな生粋の料理人だからこそ、「atoma」の料理はこんなにも真っ直ぐ味蕾に響くのでしょう。

atoma

帰る前にはスイーツコーナーでお土産のケーキも購入。自家製プリンやクッキーなども並んでおり、営業中なら食事をしなくとも気軽に購入できますよ。

店舗名

atoma(アトマ)

ジャンル

  • 各国料理

住所

福岡市中央区六本松3-16-28大濠ハイツ1F

電話番号

092-791-8296

営業時間

12:00~OS14:30/18:00~OS21:00

定休日

月・火曜

席数

  • カウンター5席
  • テーブル20席

個室

なし

メニュー

前菜の盛り合わせ5種1,500円、ドライトマトとビーツのマリネサラダ900円、魚介のパエジャ3,000円、自家製ポークレバーパテ850円、いわしの酢漬け800円、ミートボールのトマト煮1,200円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)