香椎の人気フレンチ「颯香亭」が宮若市へ! 移転にかけた想いを訊く ~前編~

公開日

ライター葉山巧

カメラマン弓削聞平・葉山巧

MIYAWAKA Soukatei

宮若市

MIYAWAKA Soukatei(ミヤワカ・ソウカテイ)

  • LINE

今年の7月5日、東区香椎の人気フレンチ店「颯香亭」が、宮若市で「Soukatei」として再出発しました。17年間も熱心なファンに慕われたミシュラン一つ星の名店が、なぜいま郊外へ移転を決めたのか?
オーナーシェフ・金丸建博さんへの取材で分かったのは、これが単なる移転ではないとうこと。ここで始まるのは、あるフレンチ職人の夢についての物語です。

MIYAWAKA Soukatei

天神から車で約1時間の、福岡近郊とは思えぬ緑豊かな場所に「Soukatei」はありました。涼やかな南仏風の建物は、石と木とガラスで構成したシックな造り。大自然に抱かれたリゾート施設といった趣きです。

MIYAWAKA Soukatei

高級山荘さながらの、バーカウンターを備えたロビーも重厚さと温かみを漂わせます。すると「遠くからよくおいで下さいました」と、金丸さんとマダムが柔和な笑顔で迎えて下さいました。
パリや南仏で腕を磨き、福岡フレンチの草分け「イル・ド・フランス」の料理長を務めた後、2004年に「颯香亭」を開業した金丸さん。秀でた味はもちろん、客の好みに合わせた“オートクチュール料理”で数々のグルマンを虜にする52歳のフレンチ職人です。

MIYAWAKA Soukatei

さっそく、今回のリニューアルの経緯や目的を金丸さんに伺いました。
「実は香椎の店は、20年を区切りに一度畳むつもりだったんです。その後はどこか片田舎で農業をしながら小さな店でもやろうかなって。でも世代を超えて、長くお客様にご来店いただくこともレストランの使命だと思い直しました。とくに昨今はコロナ禍による閉店が多く、お客様が安らげる場所や、そこで過ごされた思い出を守ることの大切さを噛み締めています」

そんなふうに金丸さんが育んできた縁は、全国でスーパーセンターを展開する「トライアル」というパートナーとの出合いを呼び込みます。「同社から“食のプロジェクトを一緒にやりませんか”との申し出をいただき、それを機に『颯香亭』のリニューアルを一緒に行ったのです。新生『Soukatei』では、これまで以上に生産者ファーストや縁結びを極めたいですね」

さらに「トライアル」と宮若市による各種共同プロジェクトへも参加を決め、金丸さんの取り組みは店舗の枠を超えることになりました。“いろんな問題を食で解決する”という新たな挑戦に「胸が躍ります」と微笑む金丸さん。「ここ宮若市を皮切りに、食の豊かさ、人の温かさ、そして人と人が繋がる素晴らしさを広く伝えていくつもりです」

MIYAWAKA Soukatei

葉山巧

かくして完成した素敵な店舗の玄関には、金丸夫妻の頭文字を刻んだ看板が掛かっています。「厨房では将来『トライアル』の飲食事業部門で活躍する人材の育成も行なっていますが」と金丸さんが続けます。「いずれここを卒業するスタッフの頭文字も看板に刻むつもりです。そのメンバーから『Soukatei』を託せる人材も現れるかもしれませんね。ここを100年続く店にするためにも、本気でそう願っています」

MIYAWKA Soukatei

ロビーから客席へ向かう途中、真新しい厨房を通り過ぎました。金丸さん曰く「ここで使う食材の大半はこの界隈のもの。農産物も畜産物も豊富にあって、知れば知るほど宮若市のポテンシャルには驚かされます」

移転後は生産者との距離がより緊密になり、学ぶことも増えたとか。「たとえばミカンの花など、私たちが普段食べないものを酢漬けやピクルス、発酵調味料などにして料理に個性を与えています。こうした発想も生産者や自然環境がヒントをくれるんですよ」。かねてより地産地消を深いレベルで掘り下げてきた金丸さんには理想的な土地のようです。

「それに本来食べずに捨てていたものを僕らが買えば、生産者にお金が回り農業を続けるモチベーションになるし、若いスタッフには“食材は簡単に捨てられない”という気づきを与えられます。そんなふうに周囲のことを含め、5年、10年先を考えて取り組むことが大切なんです」。言葉の端々からにじむ、隠しようのない生産者や食材への敬意。金丸さんが常にファンに慕われ、厚い信望を集めるのは、こうした優しい哲学の持ち主だからなのでしょう。

後編は9月8日(水)公開ですのでお楽しみに。

MIYAWAKA Soukatei

\ この記事をシェア /

店舗名

MIYAWAKA Soukatei(ミヤワカ・ソウカテイ)

ジャンル

  • フランス料理

住所

福岡県宮若市乙野666-2

電話番号

080-1743-9270完全予約制

営業時間

12:00~OS13:00/18:00か19:30の一斉スタート(火・水曜は夜のみ)

定休日

不定

座席

  • カウンター4席
  • テーブル16席

個室

4〜8名

メニュー

ランチコース13,200円、ディナーコース16,500円・22,000円・27,500円・35,000円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月