やまや「Made in KYUSHU」物語【第16話】

箸が止まらん夏の新作。旨辛ヤミツキのもっちゃん焼きとは!?

公開日

ライター森絵里花

カメラマン森絵里花

博多もつ鍋やまや もっちゃん焼き

博多駅

博多もつ鍋やまや 博多店

  • LINE

「今なら“もっちゃん焼き”のご注文で、やまやのハイボールを2杯サービス!」
博多駅・筑紫口のすぐ側、ヨドバシカメラの向かいにある「博多もつ鍋やまや 博多店」。うだるような暑さの中、私はその入口に掲げられた看板にくぎ付けになりました。
――うわぁ、キンッキンッに冷えたハイボール飲みたい。今すぐ、ゴクッと飲み干したい。それに、もっちゃん焼きって何よ?

博多もつ鍋やまや

――行け。とにかく店に入るんだ!
暑さと空腹、カラカラの喉に堪えかねた私の心がそう叫ぶので、早速、飛び込んで注文してみました。夏の新メニューとして、7月11日(月)より新たに登場した「もっちゃん焼き」なる夜メニューを!

モツと野菜がドーンッ! 高々と積み上げられた夏の新作

博多もつ鍋やまや もっちゃん焼き

目の前に運ばれてきたそれは想像以上のド迫力! 「もっちゃん焼き」(2,880円・2~3人前)は、モツ王国ともいわれる福岡県田川市の名物「田川ホルモン」にインスパイアされたオリジナルのモツ料理だそう。

浅めの鉄鍋には、特製のタレを絡めた大ぶりな国産牛小腸と、たっぷりのキャベツ、タマネギ、豆モヤシ、ニラがこれでもかと盛り込まれています。スープは入っておらず、タレと野菜から出る水分で焼き上げるように火を通していくのですが……。
まずは、ダイジェストで“美味しい音”をお届けしましょう。

いやぁ、この音と香り、たまりませんね。火にかけているとあっという間にご覧のとおり、野菜はしんなり、モツはプリップリに仕上がりました。

博多もつ鍋やまや もっちゃん焼き

甘い味付けを想像していたのですが、食べてみるとびっくり。特製のタレは醤油ベースなので濃厚ながらもキレがよく、隠し味の柚子胡椒がなんともいい仕事をしています。
ぷるんっと大きなモツから甘味がジュワ~ッ! 程よくしんなりとした野菜も小気味良い歯ざわり。香ばしいフライドガーリックが香り、後に広がる柚子の風味もスキッと爽快です。モヤシでなく、豆モヤシを選んでいるあたりも、“よくわかってる”なぁと感心しました。

1杯100円から!? やまやのハイボール4兄弟参上!

「うまい、これは飲まずにはおれん!」ということで、キンキンに冷えたハイボールも一緒にゴクリ。

博多もつ鍋やまや ハイボール

夏のイチオシは、宮崎県の老舗蔵元「正春酒造」の焼酎やクラフトジンを使ったオリジナルハイボール。ここでは「やまやのハイボール4兄弟」と銘打った4種類が揃います。価格は1杯100円からという衝撃コスパ!

左の「しっかり手堅い長男・あいそめハイボール」(100円)は、クセがなくて飲みやすい! それでいて、ほわっと優しいまろやかな芋の旨味も広がるので、物足りなさを感じさせません。
右の「爽やかクールな長女・あいそめゆずハイボール」(200円)は、フレッシュな柚子果汁がキリッと爽快。まったく甘くないところが、辛党の私にとっては嬉しい限りです。

博多もつ鍋やまや ハイボール

続いて左は「流行りものに目が無い次女・クラフトジンマサハルハイボール」(200円)。ジュニパーベリーに加え、宮崎県特産の柚子やへべすを浸漬して蒸留したクラフトジンを使用しているそうです。ジン特有のツンとした感じがなく、ふわ~っと心地よく広がるフルーティーさがたまりません。
最後は、芋焼酎に唐辛子を漬け込んだオリジナル酒で作る「ちょっとクセ者の次男・クレイジーオクトパスハイボール」(200円)です。これ、個人的な見解で言わせていただくと「もっちゃん焼き」との“シンクロ率は400%”を超えています。ピリッと広がる唐辛子の香りと刺激にハマる~!

博多もつ鍋やまや もっちゃん焼き

また、ディナータイムに2人以上で入店して「もっちゃん焼き」を注文すると「やまやのハイボール4兄弟」が、1鍋につき2杯無料となるサービスも! 2人で行った場合「もっちゃん焼き」1鍋+ドリンク2杯サービス=1人当たりのお会計は1,440円に……。やまやさん、ちょっとお得すぎやしませんか!? もちろん私は1杯で足りるわけないのでたっぷり飲みますが、それにしたって安いです。

今年9月30日(金)までの期間限定サービスなので、これは早く行くしかないですね。※1人で入店・注文の場合は1杯サービス

辛味噌、チーズのトッピングでうまさ倍増!

博多もつ鍋やまや もっちゃん焼き

そして「もっちゃん焼き」を食べ進めていく中で、オススメしたいのが「辛味噌」(+200円)と「チーズ」(+300円)のトッピング。特製の辛味噌はハバネロ入りで、お好みに合わせて加えれば、パァッと鮮烈な辛味とコクがぐんと増します。

博多もつ鍋やまや もっちゃん焼き

チーズを入れれば、まるでチーズタッカルビのように旨辛でまろやかな味わいに。柚子がほんのり香るタレとチーズの相性は抜群。何より、ここでチーズを投入しておくと、〆の麺の美味しさがさらに倍増するんです。

タレの旨味が絡む、〆のちゃんぽん麺

博多もつ鍋やまや もっちゃん焼き

〆は、野菜とモツの甘味・旨味が溶け込んだタレにちゃんぽん麺(+420円)を投入! 焼き炒めるように麺にタレを絡めながら、仕上げにネギとブラックペッパーを振って出来上がりです。タレを吸った麺の美味しさはもちろんのこと、タレに溶け込んだチーズの香ばしさがまた格別。

ランチ「もっちゃん焼き定食」も登場!

博多もつ鍋やまや 定食ランチ

ちなみに「夜は食べに行けないよ~!」という方に朗報が! ランチタイムには日替わり定食の一つとして「もっちゃん焼き定食」(1,600円)が新たに仲間入り。柚子香る特製タレで炒めた大ぶりな国産牛小腸と野菜が、アツアツ鉄板にのって登場します。辛味噌も最初から付いてくるのが嬉しいですね。日替わりで登場するメニューなので、提供日が気になる方は直接店舗へお問い合わせください。

博多もつ鍋やまや 辛子明太子

そして「博多もつ鍋やまや」のランチといえば、こちらも忘れてはいけません。定食メニューはすべて辛子明太子・からし高菜・ご飯のおかわりが自由! 粒感際立つ辛子明太子、国産だし素材の旨味が効いた自家製からし高菜、そして旨辛の「もっちゃん焼き」……、もうご飯が止まりません。

博多もつ鍋やまや もっちゃん焼き

ディナーの「もっちゃん焼き」とランチの「もっちゃん焼き定食」は、全国各地の「博多もつ鍋やまや」の店舗でも味わうことができます。「福岡に行きたいけど行けない」という方は、ぜひお近くにある店舗をチェックしてみてくださいね。

この記事は「明太子のやまや」の提供でお届けしました。

店舗名

博多もつ鍋やまや 博多店

ジャンル

  • もつ鍋

住所

〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1−1

電話番号

092-412-0888

営業時間

11:00〜OS14:00/17:00~OS21:30 ドリンクOS21:30(詳細は要問い合わせ)

定休日

なし

席数

  • カウンター8席
  • テーブル36席
  • 掘りごたつ32席

個室

半個室6×2名

メニュー

もつ鍋1人前1,580円(注文2人前〜)、できたてめんたい780円、夜のひとりもつ鍋セット(1,800円)、うまだしめんたい茶漬け540円、昼のみ:辛子明太子・からし高菜・ご飯おかわり自由ランチ1,200円〜

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)