カジュアルで美味な中華料理店【3】

現地の屋台の感動を再現!粒揃いの台湾料理で旅気分を味わう

公開日

最終更新日

ライター葉山巧

カメラマン葉山巧

亜洲界世料理1

亜洲界世(あしゅうかいせい)

  • LINE

人気の観光地であり、親日家が多いことでも知られる台湾。実際、住民の温かい人柄や素敵な景観、そしてうまい料理の虜になる日本人は数知れません。
亜洲界世」を営む濵﨑洋平さんも、そうした“台湾フリーク”の一人。現地で惚れこんだ屋台や大衆食堂の味を、中央区港から美味しく発信する料理人です。

亜洲界世店主

この店のルーツは、東区馬出にあった同名の飲食店。当初は和食主体の店でしたが、当時の店主が「台湾料理を出そう」と発案したことで、料理担当だった濵﨑さんは食べ歩きのため何度も台湾に赴きます。
そこで出逢った食文化に感動し、現地の味の再現に努力しますが、やがて馬出の店は閉店。そこで濵﨑さんは屋号を引き継ぎ、2007年に奥様と「亜洲界世」を再始動させたのです。
「派手ではないですが、地元の食材を上手に生かし、庶民の知恵も盛りこんで……そんな飾らない“普通のごはん”という感じが台湾料理の良さなんですよね」と、濵﨑さんが優しげな目を細めました。

さて、台湾の装飾品が彩る店内はまさに気さくな食堂そのもの。「料理を楽しみながら、台湾旅行の気分になってもらえたら」と濵﨑さん。オープン当初は「ここが台湾にまつわる情報交換や交流の場になれば」との思いもあったそうです。

亜洲界世カウンタ
亜洲界世掘りごたつ

手書きの料理名が並ぶカウンター周りは、ことさら“屋台色”が際だつ一画。僕も以前旅した台湾の景色を思い出し、ふと旅情に浸ってしまいました。入口近くには掘りごたつ席も設けられ、こちらは6名まで利用できます。

亜洲界世ソーセージ

黒板のオススメを含め、メニューはどれも美味しそうなものばかり。しかも不思議と「どれも絶対うまいヤツ」の予感がするから目移りして困ります(笑)。
ともあれまずは、定番の「台湾ソーセージ」(700円)からスタート。現地のスパイス“五香粉”を豚肉に加えた濵﨑さんのお手製で、熱帯の料理特有の甘みと、八角などの東洋的な香りが鼻腔をくすぐります。背脂を少量混ぜて生みだす、程よいしっとり感も僕好みでした。

亜洲界世滷味

牛ハチノス、砂肝、豚の耳を、日台両国の醤油で煮込んだ「滷味(ルーウェイ)」(850円)も実に印象的な珍味。それぞれ異なる食感と、甘辛く染みた醤油の風味がとにかく絶品で、モツ好きならマストの一品でしょう。「味の入り方が違うので」と素材は別々に煮込んでおり、そのため風味もかなり上品。炊き合わせを思わせる、和食出身の職人らしい丁寧な仕事ぶりです。

亜洲界世青野菜炒め

なぜか中華店に来ると毎回頼んでしまう「青野菜炒め」(850円)も当然追加。塩とニンニクで炒めたシンプルな料理ですが、リピーターの多さでは三指に入り、濵﨑さんも「僕の中ではこれが看板商品です」とニコリ。
春夏は空芯菜、秋冬はこのA菜を使っており、どちらも小郡のアジア野菜専門農家から仕入れているとか。日本では馴染みのないA菜ですが、台湾ではポピュラーな高栄養価の野菜で、独特の香りと苦味が面白いアクセントになっています。

亜洲界世ラー油ワンタン

ふとスパイシーなものが欲しくなり、目をつけたのが「ラー油ワンタン」(600円)。本場・台湾の調味料をベースにしたネギ醤油は手強い辛さですが、その中にも適度な甘みがあり、とてもバランスの良い一品でした。
屋台・大衆食堂のテイストを持つ「亜洲界世」ですが、「滷味」でも触れた濵﨑さんの“丁寧な仕事”がそんなバランスを生み、どの料理にもひとサジの品格が輝くようです。それがワイワイ楽しむも良し、大事な人との会食にも良し、という使い勝手の広さに繋がっているのでしょう。

亜洲界世饅頭

このように舌を喜ばす料理ばかりなのに、どれもほとんど1,000円以下の良心価格。上機嫌になった勢いで、持ち帰り限定の「胡椒餅」(1個300円/冷凍)まで買ってしまいました。翌日レンジでチンすると、香ばしい皮に美味な具が詰まった“窯焼き肉まん”が登場。こ、これはうまい! ちょっとしたお土産にも良さそうですよ。

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

亜洲界世(あしゅうかいせい)

ジャンル

  • 中華料理

住所

福岡市中央区港2-4-24 ILGraziaマリーナ1F

電話番号

092-732-5258

営業時間

17:30~OS22:00

定休日

不定

席数

  • カウンター5席
  • テーブル14席
  • 掘りごたつ6席

個室

なし

メニュー

滷味850円、青野菜炒め850円、ラー油ワンタン600円、ピータン500円、牛肉麺980円、イカ団子フライ750円、魯肉飯600円、胡椒餅300円(持ち帰りのみ)

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • ワンタップでUMAGAにアクセス!
  • メルマガ会員募集
  • UMAGAライター募集中!