カジュアルで美味な中華料理店【4】

“町中華”の醍醐味あふれる西新の人気店で、うまいもの三昧!

公開日

最終更新日

ライター葉山巧

カメラマン葉山巧

熊猫食堂野菜炒め

西新

熊猫食堂

  • LINE

一種の“魔法”が生まれる飲食店の厨房は、つねに興味の尽きない魅惑の空間です。とりわけ大衆中華店の楽しさは別格で、食材や鍋類の立てる音、スパイシーで温かい香りなど、胃の腑に響く臨場感が満載。そんな町中華特有の楽しみに満ちた「熊猫食堂」は、15年前のオープン時から、僕が“推し”を公言する一軒でもあります。

熊猫食堂路地
熊猫食堂看板

この日は、コロナ禍を経ての久々の再訪。地下鉄西新駅に直結した駅ビル「プラリバ」裏手の小路に入り、トレードマークであるパンダの看板を探します。この愛らしい絵は店主直筆だとか。

黒猫食堂カウンター
熊猫食堂掘りごたつ

ドアを開けると、これぞ町中華の手本のようなカウンター席が目の前に。壁を飾る中国のポスターの東洋的色彩や、随所に置かれたパンダグッズの数々から漂う、この店独特のキッチュな混沌は以前のままでした。ヘタに小綺麗になっておらず、まずはひと安心(笑)。
その奥には最大12名まで座れる掘りごたつ席があります。こちらはシンプルな装飾で、カウンター席よりも落ち着いた雰囲気。ここも間もなく、会社帰りの男女の笑い声で埋め尽くされるでしょう。

熊猫食堂グッズ1

そんな西新のオアシス=「熊猫食堂」は、店主の岡野啓さんが2008年に構えた店です。若い頃に中国へ渡り、現地の調理師免許を取得して帰国。故郷・高知県のホテルに勤めますが、その後出逢った台湾料理店で大衆路線の楽しさに開眼します。
やがて、縁あって独立開業した地がここ西新。僕も開店当初から「熊猫食堂」を知る一人ですが、岡野さんの料理を食べて以来、この店は<お気に入りリスト/大衆中華編>の上位5傑を占め続けています。

熊猫食堂突き出し

さて、最初の楽しみは、なんといってもこの突き出し(300円)。「良い店は突き出しがうまい」の持論を証明するような、チャーシュー・海老・落花生の3点盛りです。絶妙な味付けのチャーシューや、火を通した落花生の軽い歯触りはもちろん、とにかく甘辛く仕上げた海老のうまさが絶品すぎます。ビールの消費ペースも急加速!

熊猫食堂押し豆腐

しかし、お楽しみは始まったばかり。その幕を開けたのが、岡野さんもお気に入りの「中国押し豆腐の和え物」(750円)です。中国ではポピュラーな食材である押し豆腐を細切りにし、黒酢を加えたピリ辛ラー油を混ぜた定番品。高野豆腐のようで、強靭なフェトチーネのようでもある無類の歯応えが面白く、不思議な中毒性を持つ一品でした。

熊猫食堂トーチ蒸し

湯気を立てて現れた「スペアリブのトーチ蒸し」(900円)はビールとの相性も抜群。これは骨付きの豚肉を自家製タレにまぶし、揚げた後に20分間高温で蒸したものです。旨味の強い骨周りの肉にかぶりつくと、濃厚なタレの風味が一気に口中で膨らみました。レシピはシンプルですが、ガツンとくる味付けにひそむ上品さから、僕の惚れこんだ“熊猫料理”のセンスが直球で伝わってきます。

熊猫食堂野菜炒め

初めて頼んだ「季節野菜炒め」(900円)は、思わぬ素材の豊富さに驚きました。レンコン、エリンギ、ニンニクの芽、ズッキーニなど、サービス精神満載の野菜が盛りだくさん。それぞれの個性をまとめる鶏ガラベースの出汁も上々で、一口ごとに万華鏡のような楽しい食味が広がります。
さて、あとは水餃子にゴマ団子? シメは坦々麺か高菜炒飯か……。良い店って、悩ましい店でもあるんですよね。

熊猫食堂店主

熱気が包む厨房に目をやると、’70~’80年代の洋楽ロックをバックに、岡野さんが黙々と仕事に打ち込んでいます。あらゆる作業を簡潔かつ迅速にこなす手さばきは、やはり僕には“魔法”にしか見えませんでした。もちろんそれは、客に見せない裏方の努力──つまり閉店後に長時間行う仕込みあればこそです。
「台湾の屋台のような気取らない空間が好きなので、ここもそんな感じで使って欲しいですね。それが僕が“大衆”にこだわる理由かな」と、岡野さんが飄々とした、それでいてシャイさの覗く笑顔を見せました。「料理も全然先鋭的じゃありません。でも、高級食材を使わずに美味しいものを作るのって、なんかカッコいいなって。そのためにできることなら何だってやりますよ」

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

熊猫食堂

ジャンル

  • 中華料理

住所

福岡市早良区西新4-4-5

電話番号

092-822-5121

営業時間

18:00~23:00

定休日

不定

席数

  • カウンター7席
  • 掘りごたつ12席

個室

なし

メニュー

中国押し豆腐の和え物750円、スペアリブのトーチ蒸し900円、季節野菜炒め900円、棒棒鶏750円、麻婆豆腐850円、水餃子(4個)450円、坦々麺900円、高菜チャーハン850円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • ワンタップでUMAGAにアクセス!
  • メルマガ会員募集
  • UMAGAライター募集中!