魅力発掘!私を八女に連れてって!Vol.1

築100年なのに新しい? 八女と晩酌を3倍も楽しくする酒屋さん

公開日

ライター森絵里花

カメラマン森絵里花

八女福島の坂口酒店

八女

坂口酒店

  • LINE

「森さん、日本酒好きよね?八女に今年オープンした築100年の酒屋さん、もう行った? そこの店主がまた面白い人でねぇ。“オンライン酒塾”も楽しいよ〜!」
八女なのに、お茶じゃなくて日本酒?新店なのに築100年?面白い店主?“酒塾”とは!?
“気になって仕方がない!”と思っていたら……。幸運にも、連れていってもらえることに。

八女福島・白壁通りにある、謎の酒屋

八女福島の坂口酒店

中心部・天神から車を走らせること約1時間。かつては城下町、商家町としても栄えた八女市の中心部・福島地区にやって来ました。

「八女福島の白壁の町並み」として「国選定重要伝統的建造物群保存地区」にも指定。お目当ての“謎の酒屋”さんは白壁通りの一角、「NIPPONIA HOTEL 八女福島 商家町」の向かいにあります。

八女福島の坂口酒店

昭和のまま、時が止まったような外観に見とれていると、ご店主が笑顔で迎えてくださいました。
「ようこそ八女福島へ! 店主の木下雄大です」
……あれ? 木下さん? 表の看板には「坂口酒店」と書かれていましたよね?

八女福島の坂口酒店

「皆さん、不思議がられます(笑)。閉店し空き店舗となっていた『坂口酒店』で何か面白いことをやろうと、2021年1月にこの店を開業したのですが……。ここは保存地区なので、『坂口酒店』の看板も含めて保存建造物なんですよ。だから看板の架け替えもできなくて。“それならもう、木下酒店ではなく『坂口酒店』のまま店をやろう”となったわけです」

八女の特産品、お宝も満載!

八女福島の坂口酒店

レトロな栓抜きや配達用の酒袋、飲料メーカーのレアなノベルティなどなど……。酒屋さんならではのお宝が至るところに飾られており、店内をぐるっと見て回るだけでもワクワクします。

八女福島の坂口酒店

酒屋さんなので看板商品はもちろんお酒。試飲や角打ちもできますよ。
中でも日本酒のラインナップはなかなかに個性的。創業200年を超える八女の銘蔵元「喜多屋」に加え、珍しい県外の日本酒もちらほらと。

日本酒を知らなくても、きっと好きになる

八女福島の坂口酒店

「ここは酒屋 兼、“八女の魅力発信基地”なんですよ」と、木下さん。
木下さんはシンガポールで5年、アメリカ・NYで6年に渡り日本酒ソムリエとして活躍するなど、ワールドワイドな経歴を持つ方。
帰国後は酒造メーカー「喜多屋」に入社し、蔵人から営業部までを経験。現在は、八女市の伝統工芸の発信・案内役、地酒コーディネーターとしても活躍されています。

八女福島の坂口酒店

「このまま喜多屋のお酒を造る・売るのもいいけど、もっと広く、日本酒や八女を面白くする仕事がしたい」そんな思いから喜多屋を辞め、「坂口酒店」を立ち上げられました。

「今扱っている日本酒は、福岡ではあまり見かけないものがほとんど。アメリカ時代に繋がった蔵元さんをはじめ、僕の“推し”を揃えています」と、にっこり。

八女福島の坂口酒店

そして何より面白いのが、海外で培われた木下さんのお酒選びの方法とトーク。木下さんは、お酒を勧めるときに精米歩合などの専門用語は使いません。行きたい県や今晩のおかず、好きなものからお酒を導いてくれるんです。

私がオススメの日本酒を伺うと……。
「今晩のアテは? 好きなアーティストは?……ふむふむ、藤井風がお好きなんですね。技術も個性もあって、彫りが深くて……とくれば、この日本酒ですね」

八女福島の坂口酒店

そういって渡されたのは、福島県「仁井田本家」の「おだやか 生酛 純米吟醸 雄町」(1,980円)。

「岡山県で生まれた雄町は、技術がないと上手く栽培・醸造できない難しい酒米です。ゆえに味わいに蔵の個性が光る。『仁井田本家』は、米作りから自分たちで行っている酒蔵です。“経験も実力も付いてきた、いよいよ挑戦してみよう”と有機栽培を始め、初めて雄町で造った酒がコレ。

ふくらみのある雄町らしい旨味。口当たりはおだやかだけど、芯があるのでずっと飲み続けてもアキがこない。むしろどんどん……」

八女福島の坂口酒店

――買います!それ買います!

こんな風に教えてもらえたら、日本酒に詳しくなくても興味が湧きますよね。あまりにも藤井風すぎるお酒のセレクトに嬉しくなって、食い気味で購入を決めお会計へ。
そしてふと、レジの奥を見ると「オンライン酒塾ミーティング」の張り紙を発見しました。
「あぁこれは、金八先生ならぬ、“キノ八先生”が、月に数回ZOOMで開催しているお酒の塾です」

晩酌を3倍楽しくしてくれる、酒塾とは?

八女福島の坂口酒店

「おい、もりぃ〜。誰が金八先生か、こんっバカチンがぁ! 私が酒塾塾長のキノ八先生でございます。地酒をさらに面白く楽しめるようになる酒塾、明後日もやるから見学しに来なさい」

八女福島の坂口酒店

酒塾は、木下さん扮する“キノ八先生”の講義を聞きながら、お酒を楽しむオンライン塾。講義といっても堅苦しさはなく、家呑みしながら参加できる気軽なものです。

参加無料のトークライブや、蔵元さん・飲食店の方をゲストに迎える会、塾のテーマに沿ってセレクトされた日本酒やアテが家に届き、それをお供にトークを楽しむ会など、形式はさまざま。

八女福島の坂口酒店

早速参加しましたが、これがまぁ〜面白いこと!
「◯◯さん、今行ってみたい県はどこですか?」など参加者と会話しながら、酒文化や歴史も交えた白熱の酒トーク。難しい話もなく知識が深まるし、家での晩酌がこんなに豊かになるなんて!

▼ちなみに、次回の開催予定は下記の通り

■11/27(土)19:00〜
<申込み締切り:11/24(水)>

【第6回オンライン酒塾~キノ八先生生誕祭~】

参加費:6,500円〜 ※送料別
(日本酒720ml×2本、
キノ八先生が好きな調味料や食材がもりもり)

*ほか、日本酒3本コース、4本コースも用意

詳細は▶コチラ

Gmail」、またはInstagramFacebookのメッセンジャーにてお申し込みを。

おまけ:3倍どころか、5倍楽しくなった

八女福島の坂口酒店
八女福島の坂口酒店

日本酒に加え、こんな調味料も「坂口酒店」でゲットした私。オンライン酒塾用に、ズラリとアテを用意してみました。

気になるお酒を選んで、それに合うアテを用意して、日本酒トークに花を咲かせる……。美味しくて、楽しくて、一人でほぼ1本飲み干したことはここだけの秘密です。

八女福島の坂口酒店

また、「坂口酒店」には日本酒だけでなく、「マルモ醤油店」の調味料や「八女ブルワリー」のクラフトビール、八女の特産品や加工品、伝統工芸品までズラリ。

八女の人気店「ウメノ商店」と「坂口酒店」のコラボで誕生した「KOFUNキャップ」なるものまでありました。(八女には約300基もの古墳が存在しているらしい……!)
ぜひ出かけてみてくださいね。

この記事は「坂口酒店」の提供でお届けしました。

店舗名

坂口酒店

ジャンル

  • 日本酒
  • 食物販店
  • 立ち飲み

住所

福岡県八女市本町209 

電話番号

0943-41-0161

営業時間

10:00〜17:00

定休日

水曜日

座席

  • カウンター6席

個室

なし

メニュー

喜多屋 「蒼田シリーズ」720ml・1,375円〜、北西酒造 純米大吟醸「AGEO」3,600円、マルモ醤油店「丸大豆醤油」550円、「しょうゆの実」500円、喜多屋「煎り酒」150ml・724円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月