福岡の絶品“冷やしラーメン”コレクション2023夏【2】

公開日

最終更新日

ライター上村 敏行

カメラマン上村敏行

らーめん はや川 冷やしラーメン塩

玉川町、東比恵

らーめん はや川、中華そば かなで

  • x
  • LINE
UMARABI 新規会員登録はこちらから

今夏、“絶対に!”食べておきたい、福岡の「冷やしラーメン」を紹介する第2弾。前回に続き、「しっかりとダシを取った冷製スープの“汁ありタイプ”であること」、「楽しめるのは夏のみ。定番のラーメンを差し置いてでも今頼みたい絶品の冷やしラーメンであること」のテーマで2店、玉川町「らーめん はや川」、東比恵「中華そば かなで」を選出しました。どちらも実力店だけに、冷やしラーメンにおいても、さすがと唸る完成度。早速いきましょう。

らーめん はや川(玉川町)

味噌ラーメンが有名な「はや川」で今夏デビューした冷やしラーメンは清湯系の“塩”。昆布をベースにした冷製スープと貝柱のうまみを詰めた塩ダレを合わせ、タレと共に丼に張る油にもカツオ、サバなどの節系の風味を効かせた一杯です。麺は京都の有名製麺所「麺屋 棣鄂」の中太麺。さらに具には豚肩ロースと鶏チャーシュー、穂先メンマ、五色あられ、生姜氷が入っています。

らーめん はや川冷やしラーメン塩

これらスペックを聞いただけでも“そそられる”でしょうが、さらに食欲を刺激する情報をお教えします。

実は「はや川」、例年冷やしラーメンにも“めちゃくちゃ”力を入れている店なんです。
というのも、先に言ったように看板メニューが味噌ラーメンにつき、どうしても暑い夏場は客足が落ちる(といっても行列店ですが)ということで、店主の谷口しんさんはこれまで、多数の冷やしラーメンを開発してきました。昨年は5〜9月の間でなんと7種類もの冷やしラーメンを用意。煮干しや梅風味など、さまざまな味わいの中で、一番人気だったのが「塩」でした。それをさらにブラッシュアップし、自信を持って1本に絞ったのが今夏の「冷やしらーめん塩」(950円)なんですね。

スープを飲むと、ひんやりした中でも幾重にも広がる魚介、貝類のうまみ、コクがしっかりと感じられます。塩味の入れ方が絶妙で、スープとのバランスを考えて余分な脂身を削ぎ落としたチャーシューもおいしいですね。生姜氷が少しずつ溶けていき、よりさっぱり味へと変化するのを確かめるように、レンゲで何回もすくい最後の一滴まで完食しました。

らーめん はや川味噌ラーメン

熱々の「濃厚味噌らーめん」(900円)ももちろんオススメですが、9月末までに限定“冷やし”もぜひ試していただきたいです。

中華そば かなで(東比恵)

島根県・奥出雲町「井上古式じょうゆ」を使った鶏ダシの中華そばが看板メニュー。毎週火曜日は鶏白湯専門店「まつ尾」と屋号を変え、3月から始めた土、日曜限定の朝ラー(6:00〜9:00)でも話題を集めている店です。

中華そば かなで冷製煮干しそば

そして、例年楽しみにしているファンも多い冷やしラーメン「冷製煮干しそば」(930円)が今夏も登場しました。

スープは、長崎県産のセグロ(カタクチイワシ)の煮干し、昆布、シイタケ。仕上げに煮干し油も加えた“ニボっぷり見事”な冷やしラーメンです。「冷たいスープのラーメンは、どうしても水っぽい印象になりがちなんですが、それを解消するのがしっかりとした“出汁感”だと思っています。たっぷりの煮干しをひと晩かけて水出しした後、くさみ、えぐみが出ないよう火入れは短く。1杯あたり50g以上の煮干しが入ってる計算になりますね」と話す、店主の松尾龍太郎さん。

中華そば かなで 素材(煮干し)

煮干しが全面に出ていても、しつこすぎず、体にスゥ〜と染み渡る印象を受けるのは、煮干し油のベースを植物性の油にしていることにも由来しています。

具は低温調理のレアチャーシューに、ミョウガ、オクラ、ヤングコーン、アオサなど。ネギは生ではなく一度茹でて斜め切りしたものを添えています。さりげないポイントですが、全体のバランス、食感を考慮した細かい手仕事が感じられていいですね。麺も流水ではなく、氷水にさらしているので、キンキンに冷えていてコシも強くおいしいです。

そのほか、多の津にある系列店「中華そば かなで〜煮干し編〜」では、また異なる冷たい麺「冷やし担々麺」(880円)も登場しています。こちらも食べてみたいですね。

“冷やしラーメン”コレクション2023夏【1】はこちら
“冷やしラーメン”コレクション2023夏【3】はこちら

中華そば かなで メニュー表

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

らーめん はや川(店舗写真

ジャンル

住所

〒815-0037 福岡県福岡市南区玉川町11−11 コア高宮 1F

電話番号

092-554-7474

営業時間

11:00〜OS14:30/17:30〜OS21:00(日曜〜OS20:30)

定休日

第2水

席数

  • カウンター4席
  • テーブル6席

個室

なし

メニュー

濃厚味噌らーめん900円、濃厚味噌つけ麺1,000円、海老味噌つけ麺1,200円、海老まぜそば1,000円、冷やしらーめん塩950円

喫煙について

禁煙

店舗名

中華そば かなで(店舗写真

住所

福岡市博多区東比恵2-8-23

電話番号

092-441-1886

営業時間

11:00〜OS15:40/17:00〜OS21:10(土・日曜のみ6:00〜9:00も営業)

定休日

なし

席数

  • カウンター5席
  • テーブル12席

個室

なし

メニュー

中華そば830円、塩そば850円、汁なし担々麺880円、冷製煮干しそば930円

喫煙について

禁煙
  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
UMARABI 新規会員登録

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • ワンタップでUMAGAにアクセス!
  • メルマガ会員募集