今夏、別府に移転した町寿司へ!天然魚介の創作寿司に大満足

公開日

最終更新日

ライター葉山 巧

カメラマン葉山巧

あき郎寿司top

別府

創作寿司 あき郎

  • x
  • LINE
UMARABI 新規会員登録はこちらから

「値段とは、上下を測る物差しではない」──そんな大事なことを教えてくれる大衆店が、世の中には幾つもあります。ありったけの知恵を絞り、「値段を超える幸せはある」と証明し続ける店たちが。

僕の知る限り、古賀章郎さんが営む「創作寿司 あき郎」もその一軒です。昨年からの休業を終え、この夏中央区別府で移転オープン。これはお祝いを述べねばと、地下鉄別府駅徒歩4分の新店舗へ向かいました。

あき郎店主

笑顔がトレードマークの古賀さんは、創作寿司の名店「たつみ寿司」出身。「寿楽」で花板を務めた後、2017年、早良区田隈に「あき郎」を構えます。

ほどなく人気店となりますが、やがて心境にある変化が。「皆さんの希望に応えたくて、当時は居酒屋のように色んな料理を出しました。でも徐々に“純粋に鮮魚で勝負したい”と思うようになって」。そこで昨年11月、仕切り直しのために古賀さんは一旦田隈の店を閉めます。

あき郎店内

そして今年の8月20日、「あき郎」は別府で復活を遂げました。きちんと客の機微をつかむため、テーブル席を減らしカウンター接客を重視。メニューもほとんどが寿司と魚介料理です。

毎朝5時半に通う長浜市場も近くなり、仕入れにもより力が入るとか。日々扱う常時15種前後の鮮魚はほぼ天然物。食材高騰が続くなか、創意工夫で良品を安く買い付ける努力が続きます。その鍵を握るのは情報。例えば気象アプリで「どの海域でどの魚種が不漁になるか」を予測し、事前に押さえるなど“攻めの仕入れ”が欠かせません。

あき郎卵焼き

こうして届いた鮮魚は、丹念な準備を経てうまい寿司に変わります。が、その前に、厳選された一品料理に寄り道しましょう。

まずは「たつみ寿司」でも定番の「卵焼き」(2切400円)。薄生地を何度も重ねて焼いた、実は想像以上の労作です。「たつみ寿司に入社当初、こればかり焼いて腱鞘炎になりました(笑)」。しかしこの料理には全ての基本があり、初心を忘れぬために出し続けるのだそう。ずっしり食べ応えがあり、深い甘さに癒される佳品でした。

あき郎しゅうまい

片や、「自家製いかしゅうまい」(2個・400円)は「寿楽」直伝。「ふつう具の比率は“魚のすり身7:イカ3”ほどですが、うちは逆です」という古賀さんの言葉に嘘はありません。頬張った途端、イカの甘みと香りが一気に膨張。ミキサーで滑らかにしたアオリイカと、角切りで歯応えを出したヤリイカの2種を混ぜる裏技もポイントです。これ、イカ好きには本当にたまりません!

あき郎寿司

そしていよいよ寿司の出番。醤油で食す王道にぎりもありますが、今宵は「創作寿司」(特選/3,960円。カウンターでは1貫ずつ提供)を頼みました。

本日は、ノドグロ、大トロ、白甘鯛、蒸しアワビ、ズワイガニ、マナガツオ、ウニ、筋子とかなりの豪華版。随所に“創作”が見られますが、派手さや過剰さはなく、むしろ抑制の効いた美が漂います。酢を立てないまろやかなシャリともよく馴染み、食すたびに温かな余韻に包まれました。

そう。ここの寿司の特徴は、巧みな“引き算”が生む絶妙なバランス。脂が乗ったノドグロには大根おろしとポン酢をぶつけたり、白甘鯛は金山寺もろみで後口をスッキリさせたり……と、いかに最小限の創意でネタを最高の状態へ導けるかが肝なのです。

その情熱を支えるのは、日本が誇る食材=魚への敬意。古賀さん曰く「田隈で開業した頃は食育がテーマでした。どうやればもっと魚を好きになってもらえるのかなって。そのための努力は少しも辛くないですね」。そんな言葉の端々に、魚・客・仕事への揺るがぬ“愛”が溢れていました。

あき郎寿司4

もう少しつまもうと、さらに「押し寿司/穴子」(990円)を追加。2度に分けて炊いた福岡産の穴子は、これまた柔らかな後味でした。お土産にも人気だそうですよ。

味よし、人よし、雰囲気よし。「あき郎」は、町寿司にこだわる大将が誠実にこしらえた幸せな大衆店です。すると古賀さんも「僕も今が一番幸せ。先日も“みんなに喜ばれる職業で羨ましいね”と医師のお客様に言われまして」とさらに破顔。その幸せを形にすべく、明日もまたフル回転の1日が待っています。その飽くなき原動力は?と問われたら、答えはやっぱり“愛”、ですよね。

あき郎メニュー2
あき郎メニュー3

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

創作寿司 あき郎(店舗写真

ジャンル

  • 寿司

住所

福岡市城南区鳥飼6-7-7 日宝サンセーヌ城西1F

電話番号

092-844-3155

営業時間

18:00~OS22:00

定休日

週1回不定

席数

  • カウンター8席
  • テーブル6席

個室

なし

メニュー

創作寿司/中1,980円・上3,300円・特選3,960円、握り寿司/中1,760円・上3,080円・3,740円、押し寿司/穴子990円、卵焼き400円、自家製いかしゅうまい400円、刺身盛合せ990円~、煮穴子1,080円

喫煙について

喫煙可能スペース有り/屋外
  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
UMARABI 新規会員登録

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • ワンタップでUMAGAにアクセス!
  • メルマガ会員募集