路地裏の名店【37】

スタイリッシュな店内で気軽に味わう炭焼き×自然派ワイン

公開日

最終更新日

ライター戸田 千文

カメラマン戸田千文

「イルフェソワフ」の焼き鳥

警固

炭とワインと日本酒 イルフェソワフ

  • x
  • LINE
UMARABI 新規会員登録はこちらから

まだ自然派ワインが一般的ではなかった2000年代に、「ハードルが高いと思われがちなワインをもっと気軽に楽しんでほしい」という店主の思いで17年前に誕生したのが「炭とワインと日本酒 イルフェソワフ」です。店を構えるのは上人橋通りから少し入った細い路地。決して分かりやすい場所ではありませんが、訪れた日も厨房を囲むL字のカウンター席は予約プレートで埋まる人気店です。

「イルフェソワフ」の店内

店がオープンしたのは2007年。店主の大熊雅也さんが、酒屋の友人から教えてもらった自然派ワインに興味を持ったことがきっかけです。当時はまだワインのハードルが今より高く、特に自然派ワインも馴染みがなかった頃。そこで、お酒と合わせるのに身近な焼鳥と一緒に気軽にワインが飲める店をと開いたのが「イルフェソワフ」でした。店名は当時気に入ったワインの名前から、フランス語で「喉が渇いた」という意味です。

「イルフェソワフ」のワインメニュー

席に着いたら、まずはボードに書かれたグラスワインのリストをチェック。毎日、スパークリング、白、赤、オレンジワインが9ないし10種類並びます。「ワインに詳しくない人もかしこまらずに、好きな味を美味しく楽しんでほしいから」と、ボードに書かれる説明はあえてシンプルにまとめているそう。もちろんボトルワインもあって、5,000円台からオーダーできます。

お通しのサラダには、農薬や化学肥料を使わない自然農で育てた野菜がたっぷり。契約農家から仕入れるだけでなく大熊さん自身も糸島の畑で野菜を栽培し、それらはサラダ以外の料理にも登場します。

「イルフェソワフ」の焼き鳥

しっかり野菜を味わったところで、1品目は「焼き鳥 5種」(1,925円)をオーダー。レバーとモモのほか、その日のおすすめ3種が味わえます。この日は砂ずり、テール(ぼんじり)、手羽先のスモーク。白炭で日持ちが良い土佐産の備長炭を中心に、熱することで遠赤外線を発する石川・能登産の珪藻土を切り出して作った七輪を使って焼かれたものです。肉厚なモモはジューシーで食べ応えがあります。また、ふっくら焼かれたレバーは、とろっとした食感と甘辛いタレが絶妙。そしてお店でスモークしさらに炭焼きした手羽先は、香ばしい香りでワインとの相性も抜群です。さらに、同じく炭焼きで提供される焼き野菜は季節ごとにラインアップが変わるので、訪問時のお楽しみに。

「イルフェソワフ」の「コンテチーズをのせた鶏モモとペンネのグラタン」

続いては、「コンテチーズをのせた鶏モモとペンネのグラタン」(1,760円)をオーダーしました。コンテチーズとはフランスで作られる熟成ハードチーズのことで、クセが少なくしっかりした旨味が特徴です。たっぷり乗ったチーズごと熱々のうちにいただきましょう。クリーミーでコクがあるベシャメルソースと具材がしっかり絡み、贅沢な味が口いっぱいに広がります。鼻に抜ける香ばしい香りの正体は鶏モモ肉。ベシャメルソースに合わせる前に一度焼くことで旨味を引き出しています。

「イルフェソワフ」の「骨抜き豚足のカリカリ」

イルフェソワフ」はワインだけでなく日本酒にもこだわりがあり、日本酒に合う和のテイストが感じられるメニューも準備しています。それが、大熊さんがおすすめしてくれた「骨抜き豚足のカリカリ」(990円)です。骨を抜いて食べやすくカットされた豚足は醤油ベースのソースで仕上げ、濃厚なのにあと味はさっぱり。カリッとした食感のあとに訪れる、豚足ならではのトロンとした舌触りがなんだか不思議な一品です。

「イルフェソワフ」の店主・大熊雅也さん

「実はオープン当初に仕入れたものの、まだ栓を開けずに持っているワインがあるんです。ワインそのものは以前に比べて楽しむ方が増えたけれど、熟成されたワインは好きな方でも飲む機会ってなかなかありません。今後は偶然お店に居合わせたお客さんたちに声をかけて、みんなで開けて熟成ワインを味わう機会が作れたらいいなって思っているんです」。そんな大熊さんの話を聞いていると、ハードルが高い熟成ワインも気負わずトライできそう。ワインは詳しくないけれど、上質で美味しい料理と合わせてハッピーに過ごしたい。そんな方はぜひ、「イルフェソワフ」の扉を開いてみてください。

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

炭とワインと日本酒 イルフェソワフ(店舗写真

ジャンル

  • 焼鳥
  • ワインダイニング・ワインバー

住所

福岡市中央区警固1-4-7クイーンズサンティ天神ウエスト1F

電話番号

092-713-4550

営業時間

17:00〜OS22:00(最終入店21:30)

定休日

日・水曜、ほか不定休あり

席数

  • カウンター14席
  • テーブル6席

個室

なし

メニュー

炭火 焼き鳥 5種1925円、炭火 焼き野菜各種550円〜、コンテチーズをのせた鶏モモとペンネのグラタン1760円、骨抜き豚足のカリカリ990円、パテ・ド・カンパーニュ990円、ポテトサラダ660円、かしわの炊き込みご飯1430円

喫煙について

喫煙可能スペース有り/屋外
  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
UMARABI 新規会員登録

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • ワンタップでUMAGAにアクセス!
  • メルマガ会員募集