5500円アンダーの極うま和食コース【1】

ご夫婦の心地よいもてなしで和食コースが楽しめる路地裏の居酒屋

公開日

最終更新日

ライター江月義憲

カメラマン江月義憲

高砂

無垢

  • LINE
無垢
無垢
無垢

杉玉が示すように日本酒が推しで、「利酒師」の資格を持つ女将の泰子さんが全国の蔵元からセレクトした銘酒、季節酒が揃っています。カウンターに並べられた徳利やぐい飲み、お猪口など好みの酒器が選べるのも、日本酒党にとっては嬉しいですね。(季節酒・限定酒の品書きはその都度変わります)

無垢

コースのスタートは前菜から。この日の献立は、あん肝、生湯葉、和風ポテトサラダ、芝エビの卵焼きが木製の箱に美しく盛りつけられています。一品一品が丁寧に作られた料理は心が和んでいくような味わいで、もう少し食べたい!と思いながらも、次の料理への期待が高まります。

無垢

大将の篤史さんは長く海鮮居酒屋で修業し、魚の目利きと包丁さばきを学んだ経験の持ち主。毎日数カ所の市場や鮮魚店をまわって、新鮮な魚介を買い付けています。この日は季節の旬魚から、寒ブリ、ヒラメ、五島のサバ、本マグロの中トロを引いてくれました。

無垢

新鮮な海老のすり身を湯葉で巻いて軽く素揚げにした「海老の湯葉巻き揚げ」は、サクッとした食感が信条。トロリとしたやさしい風味の出汁餡とのコントラストが、口福をもたらしてくれます。

無垢

この後、季節の食材を使った一品料理が料理が続きます。写真は「米ナスと生麩の田楽」で、濃厚な味噌を塗って焼いた米ナスの上にレンコン、マイタケ、ロマネスコ、生麩、白ゴマが鎮座。料理を盛りつける器のセレクトと食材の彩りも素晴らしく、随所に和食の粋を凝らしたコース料理に、すっかり魅せられてしまいました。

無垢

おまかせコースは4,400円・5,500円・7,700円の3種類で、前菜盛り合わせ・刺身・揚げ物・季節の料理2品・肉料理・ご飯物・デザートの8品。価格によって食材の内容が変わります。

無垢

一品料理も豊富に揃っているので、一人でふらりと訪れて女将オススメの日本酒で軽く晩酌を楽しむのも一興です。「無垢」という店名のとおり、自然体で接してくれる店主夫婦のもてなしなしが心地よい、路地裏の名店です。

店舗名

無垢

ジャンル

  • 日本料理
  • 居酒屋
  • 日本酒

住所

福岡市中央区高砂1-5-2

電話番号

092-401-4578

営業時間

18:00〜23:00

定休日

日曜

席数

  • カウンター8席
  • 掘りごたつ10席

個室

なし

メニュー

おまかせコース4,400円・5,500円・7,700円(前日までに要予約)、刺身盛り合わせ(1人前)880円、アラのかぶと煮2,200円、平戸牛の石焼き(100g)2,200円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)